エラー処理のためのマクロを使用してください。Using Macros for Error Handling

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

HRESULT 値を操作するが容易にいくつかのマクロがあります。There are several macros for making it easier to work with HRESULT values.

失敗または成功をテストするマクロの 2 つのセットが生成されます: HR_SUCCEEDED と HR_FAILED と成功と失敗します。There are two sets of macros that test for failure or success: HR_SUCCEEDED and HR_FAILED and SUCCEEDED and FAILED. 成功しました、HR_SUCCEEDED と失敗と同じ HR_FAILED と同じです。SUCCEEDED is the same as HR_SUCCEEDED and FAILED is the same as HR_FAILED.

この場合は、S_OK の対応する HRESULT 値を HRESULT の変数を設定するのには、 ResultFromScodeマクロを使用します。In this case, use the ResultFromScode macro to set the HRESULT variable to the corresponding HRESULT value for S_OK.

一般的に使用されるマクロは次の表に簡単に説明します。Commonly used macros are briefly described in the following table.

マクロMacro 説明Description
MAKE_HRESULTMAKE_HRESULT
HRESULT のコンポーネントからを構築します。Constructs an HRESULT from its components.
HR_SUCCEEDEDHR_SUCCEEDED
成功または警告状態の HRESULT をテストします。Tests an HRESULT for a success or warning condition.
HR_FAILEDHR_FAILED
エラーの HRESULT をテストします。Tests an HRESULT for an error condition.
HRESULT_CODEHRESULT_CODE
HRESULT のエラー コードの一部を抽出します。Extracts the error code part of the HRESULT.
HRESULT_FACILITYHRESULT_FACILITY
HRESULT から施設を抽出します。Extracts the facility from the HRESULT.
HRESULT_SEVERITYHRESULT_SEVERITY
重大度の重大度のビットを抽出します。Extracts the severity bit from the SEVERITY.
成功しましたSUCCEEDED
成功または警告状態の HRESULT をテストします。Tests an HRESULT for a success or warning condition.
失敗しました。FAILED
エラーの HRESULT をテストします。Tests an HRESULT for an error condition.