検証して、メッセージ ストアを初期化しています。Validating and Initializing a Message Store

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

MDB_NO_MAIL フラグを設定せずには、 IMAPISession::OpenMsgStoreメソッドで、メッセージ ストアを開く、MAPI はいくつかのフォルダーを作成し、それらに既定の名前とロールを割り当てます。When you open a message store through the IMAPISession::OpenMsgStore method without setting the MDB_NO_MAIL flag, MAPI creates several folders and assigns them default names and roles. MAPI は、クライアントまたはメッセージ ストア プロバイダーの作成を担当する場合としない発生する必然的に非互換性を避けるためにこれらのフォルダーを作成する必要があります。MAPI is responsible for creating these folders to avoid the incompatibilities that would inevitably occur if either clients or message store providers were responsible for the creation.

適切なフォルダーが作成されていると、有効であることを確認する必要があります。Sometimes it is necessary to verify that the appropriate folders have been created and that they are valid. HrValidateIPMSubtree関数は、この目的のために使用できます。The HrValidateIPMSubtree function is available for this purpose. 既定のメッセージ ストアを検査する場合は、MAPI_FULL_IPM_TREE フラグを渡します。If you are validating the default message store, pass the MAPI_FULL_IPM_TREE flag. フォルダーのより広範なグループは、既定のメッセージ ストアに作成されます。A more extensive group of folders is created for the default message store. HrValidateIPMSubtreeは、MAPI_FULL_IPM_TREE フラグを受信すると、次のフォルダーをチェックします。When HrValidateIPMSubtree receives the MAPI_FULL_IPM_TREE flag, it checks for the following folders:

  • IPM サブツリーのルート フォルダーRoot folder for the IPM subtree

  • IPM のルート フォルダー内の削除済みアイテム フォルダーDeleted Items folder in the IPM root folder

  • IPM ルート フォルダー内の [受信トレイ] フォルダーInbox folder in the IPM root folder

  • IPM のルート フォルダー内のフォルダーを [送信トレイ] します。Outbox folder in the IPM root folder

  • IPM のルート フォルダー内のアイテム] フォルダーの送信Sent Items folder in the IPM root folder

  • メッセージ ストアのルート フォルダーにフォルダーの表示Folder views in the message store's root folder

  • メッセージ ストアのルート フォルダー内の共通のビューCommon views in the message store's root folder

  • メッセージ ストアのルート フォルダーにフォルダーを検索Search folder in the message store's root folder

メッセージ ・ ストアが既定値でない場合は、設定か、MAPI_FULL_IPM_TREE フラグが設定されていません。If the message store is not the default, you can either set or not set the MAPI_FULL_IPM_TREE flag. このフラグが設定されていない場合、 HrValidateIPMSubtreeが、サブツリーのルート フォルダーだけをチェック、削除済みアイテム フォルダー、およびメッセージのルート フォルダーは、検索結果を格納します。When this flag is not set, HrValidateIPMSubtree checks for only the root folder for the subtree, the Deleted Items folder, and the root folder for message store search results.

メッセージ ストアを初期化するためにすぐに利用できるように、次のプロパティをメモリに格納します。To initialize a message store, store the following properties in memory so that they are readily available:

これらのプロパティは、メッセージ ・ ストアの機能を記述するビットマスクです。These properties are bitmasks that describe features of the message store. PR_VALID_FOLDER_MASKでは、1 ビットがメッセージ ・ ストアに存在し、有効なエントリが割り当てられている識別子を持つすべての特別なフォルダーの設定があります。PR_VALID_FOLDER_MASK has one bit set for every special folder that exists in the message store and has an assigned entry identifier that is valid. これらのフォルダーおよびそれらのエントリの識別子へのアクセスの詳細については、メッセージ ストアのフォルダーを開くを参照してください。For more information about accessing these folders and their entry identifiers, see Opening a Message Store Folder.

PR_STORE_SUPPORT_MASKでは、1 ビットがメッセージ ・ ストアでサポートされているすべての機能の設定があります。PR_STORE_SUPPORT_MASK has one bit set for every feature supported in the message store. たとえば、メッセージ ・ ストアでは、通知、および書式設定されたテキストをサポートする場合、 PR_STORE_SUPPORT_MASKは、STORE_NOTIFY_OK と STORE_RTF_OK のビットを設定があります。For example, if a message store supports notification and formatted text, its PR_STORE_SUPPORT_MASK will have the STORE_NOTIFY_OK and STORE_RTF_OK bits set.

ローカルに格納する必要があるその他のプロパティには、 PR_VALID_FOLDER_MASKプロパティを有効なものとして説明するフォルダーのエントリ id が含まれます。Other properties that should be stored locally include the entry identifiers for the folders that the PR_VALID_FOLDER_MASK property describes as valid. 受信トレイ] フォルダー以外のこれらの特別なフォルダーには、それに関連するエントリの識別子プロパティがあります。Each of these special folders, except for the Inbox folder, has an entry identifier property associated with it. たとえば、[送信トレイ] フォルダーのエントリ id は、そのPR_IPM_OUTBOX_ENTRYID (PidTagIpmOutboxEntryId) のプロパティです。For example, the entry identifier for the Outbox folder is its PR_IPM_OUTBOX_ENTRYID (PidTagIpmOutboxEntryId) property. これらのフォルダーが頻繁に開かれるフォルダーであるためが、エントリ id をすぐに利用することをお勧めします。Because these folders are the folders that will be opened frequently, it is a good idea to have their entry identifiers readily available.