プロジェクトの概念と操作方法に関する記事Project conceptual and how-to articles

CSOM 開発入門 JavaScript と.NET Framework、作業ウィンドウ内のアドイン プロジェクトの評価のため、プロジェクトのサーバーのインターフェイスを使用して、Project 2013 のプラットフォームの主要な部分については、このセクションの情報へのリンクを検索し、OData のレポート作成サービスです。Find links to information in this section about the major parts of the Project 2013 platform, getting started with CSOM development by using JavaScript and the .NET Framework, task pane add-ins in Project Professional 2013, the Project Server Interface, and the OData reporting service.

Project Server 2013 は、Office Project Server 2007 で導入されたプロジェクト Server インターフェイス (PSI) の web サービス フレームワークに基づいています。Project Server 2013 is based on the Project Server Interface (PSI) web service framework introduced in Office Project Server 2007. .NET Framework 4 では、Project Server 2013 のプラットフォームが構築されます。The Project Server 2013 platform is built with the .NET Framework 4. Project Web App には、バージョン 4 の Windows Workflow Foundation (WF4)、および、OData サービスをクラウドで Project Server にアクセスするためのクライアント側オブジェクト モデル (CSOM) などの新機能の機能をベースとして、SharePoint Server 2013 が必要です、データベース テーブルをレポートします。Project Web App requires SharePoint Server 2013 as a base for the functionality of new features, such as the client-side object model (CSOM) for access to Project Server in the cloud, version 4 of the Windows Workflow Foundation (WF4), and the OData service for the reporting database tables. プロジェクト 2013 のプロフェッショナルは、Office アドインの場合、新しい作業ウィンドウを使用できます。Project Professional 2013 can use the new task pane Office Add-ins.

このセクションの内容In this section

関連項目See also