Office アドインの作業ウィンドウ

作業ウィンドウは、通常 Word、PowerPoint、Excel、Outlook 内のウィンドウの右側に表示されるインターフェイスのサーフェスです。作業ウィンドウにより、ユーザーはコードを実行してドキュメントや電子メールを修正したり、データ ソースからデータを表示したりするインターフェイス コントロールにアクセスできます。機能を直接ドキュメントに埋め込む必要がない場合は、作業ウィンドウを使用します。

例:作業ウィンドウ

一般的な作業ウィンドウのレイアウトを表示するイメージ

ベスト プラクティス

するべきこと してはいけないこと
  • タイトルにアドインの名前を含めます。
  • タイトルには会社名を追加しません。
  • タイトルには短い説明的な名前を使用します。
  • アドインのタイトルに “Add-in”、“For Word”、“for Office” などの文字列を追加しません。
  • アドインの上部に CommandBar や Pivot などのナビゲーション要素やコマンド要素を含めます。
  • アドインを Outlook 内で使用する場合を除き、アドインの下部に BrandBar などのブランド化の要素を含めます。

バリエーション

以下の図は、Office リボンの解像度が 1366x768 のさまざまな作業ウィンドウのサイズを示しています。Excel では、数式バーを収容するための縦のスペースが必要です。

Office 2016 デスクトップ作業ウィンドウのサイズ

1366x768 のデスクトップ作業ウィンドウのサイズを示す図

  • Excel - 320x455
  • PowerPoint - 320x531
  • Word - 320x531
  • Outlook - 348x535

Office 365 の作業ウィンドウのサイズ

1366x768 のデスクトップ作業ウィンドウのサイズを示す図

  • Excel - 350x378
  • PowerPoint - 348x391
  • Word - 329x445
  • Outlook Web App - 320x570

パーソナル メニュー

パーソナル メニューは、アドインの右上付近にあるナビゲーション要素やコマンド要素の妨げになる可能性があります。Windows と Mac でのパーソナル メニューの現在のサイズを次に示します。

Windows のパーソナル メニュー

Windows の場合、パーソナル メニューは 12x32 ピクセルを測定します (図を参照)。

Windows デスクトップのパーソナル メニューを示す図

Windows のパーソナル メニュー

Mac の場合、パーソナル メニューは 26x26 ピクセルを測定しますが、右から 8 ピクセル内側、上から 6 ピクセルの位置にフロートします。これにより、スペースは 34x32 ピクセルに増加します (図を参照)。

Mac デスクトップのパーソナル メニューを示す図

実装

作業ウィンドウを実装するサンプルについては、GitHub の「Excel アドインの JS WoodGrove Expense Trends」を参照してください。

その他の技術情報