iPad 用の Office アドインを開発するDevelop Office Add-ins for the iPad

次の表に、Office for iPad で実行する Office アドインを開発するときに実行するタスクの一覧を示します。The following table lists the tasks to perform to develop an Office Add-in to run in Office for iPad.

タスクTask 説明Description リソースResources
アドインを更新して、Office.js バージョン 1.1 をサポートします。Update your add-in to support Office.js version 1.1. Office アドイン プロジェクトで使用する JavaScript ファイル (Office.js ファイルとアプリに固有の .js ファイル) とアドイン マニフェスト検証ファイルをバージョン 1.1 に更新します。Update the JavaScript files (Office.js and app-specific .js files) and the add-in manifest validation file used in your Office Add-in project to version 1.1. JavaScript API for Office の変更点What's changed in the JavaScript API for Office
UI デザインのベスト プラクティスを適用します。Apply UI design best practices. アドイン UI を iOS エクスペリエンスとシームレスに統合します。Integrate your add-in UI seamlessly with the iOS experience. iOS の設計Designing for iOS
アドイン デザインのベスト プラクティスを適用します。Apply add-in design best practices. アドインが明確な価値を提供し、魅力的であり、一貫して機能することを確認します。Ensure that your add-in provides clear value, is engaging, and performs consistently. Office アドイン開発のベスト プラクティスBest practices for developing Office Add-ins
タッチ用にアドインを最適化します。Optimize your add-in for touch. マウスとキーボードに加え、タッチ入力に対して、UI が素早く応答するようにします。Make your UI responsive to touch inputs in addition to mouse and keyboard. UX 設計原則を適用するApply UX design principles
アドインを無料にします。Make your add-in free. iPad 上の Office は、ユーザー数を拡大して、サービスを促進できるチャネルです。これらの新しいユーザーは、お客様になる可能性があります。Office on iPad is a channel through which you can reach more users and promote your services. These new users have the potential to become your customers.
検証ポリシー 10.8Validation policy 10.8
アドインを商目的で使用しないようにします。Make your add-in commerce free. アドインは、アプリ内購入、試用版の提供、有料版へのアップセルを目的とする UI、またはユーザーが他のコンテンツやアプリやアドインを購入または取得できるすべてのオンライン ストアへのリンクと無縁である必要があります。またプライバシー ポリシーと使用条件のページにも、商用の UI または AppSource へのリンクがないことが必要です。Your add-in must be free of in-app purchases, trial offers, UI that aims to upsell to paid or links to any online stores where users can purchase or acquire other content, apps, or add-ins. Your Privacy Policy and Terms of Use pages must also be free of any commerce UI or AppSource links.
検証ポリシー 3.4Validation policy 3.4
アドインを AppSource に再送信します。Resubmit your add-in to AppSource. 販売者ダッシュボードで、[このアドインを iPad の Office アドイン カタログで利用できる状態にする] チェック ボックスをオンにして、[Apple ID] ボックスに Apple 開発者 ID を入力します。アプリケーション プロバイダー契約を確認して、契約を十分に理解します。In the Seller Dashboard, select the Make this add-in available in the Office Add-in Catalog on iPad check box, and provide your Apple developer ID in the Apple ID box. Review the Application Provider Agreement to make sure you understand agreement.
AppSource と Office 内でソリューションを使用できるようにするMake your solutions available in AppSource and within Office

他のプラットフォームで実行されている Office アプリケーション用にアドインをそのまま保持することができます。また、アドインが実行されているブラウザーとデバイスに基づく別の UI も提供できます。iPad 上でアドインが実行されているかどうかを検出するためには、次の API を使用できます。Your add-in can remain as-is for Office applications that are running on other platforms. You can also serve a different UI based on the browser/device that your add-in is running on. To detect whether your add-in is running on an iPad, you can use the following APIs:

iOS および Mac 用 Office アドイン開発のベスト プラクティスBest practices for developing Office Add-ins for iOS and Mac

iOS 上で実行するアドインを開発するための次のベスト プラクティスを適用します。Apply the following best practices for developing add-ins that run on iOS:

  • アドインの開発に Visual Studio を使用する。Use Visual Studio to develop your add-in.

    アドインを Visual Studio で開発する場合、アドインを iPad または Mac にサイドロードする前に、Windows で動作する Office ホスト アプリケーションで、そのコードのブレークポイントを設定してコードをデバッグできます。Office for iOS または Office for Mac で動作するアドインは Office for Windows で動作するアドインと同じ API をサポートするので、アドインのコードはどちらのプラットフォームでも同じように実行されるはずです。If you develop your add-in with Visual Studio, you can set breakpoints and debug its code in an Office host application running on Windows, before sideloading your add-in on the iPad or Mac. Because an add-in that runs in Office for iOS or Office for Mac supports the same APIs as an add-in running in Office for Windows, your add-in's code should run the same way on both platforms.

  • アドインのマニフェストまたはランタイム チェックを使用して API の要件を指定する。Specify API requirements in your add-in's manifest or with runtime checks.

    アドインのマニフェストで API の要件を指定すると、Office はホスト アプリケーションがそれらの API メンバーをサポートするかどうかを調べます。API メンバーをホストで使用できる場合は、そのホスト アプリケーションでアドインを使用できます。または、ランタイム チェックを実行して、アドインで使用する前に、メソッドをホストで使用できるかどうかを確認することもできます。ランタイム チェックでは、ホストでアドインを常に使用できることが確認され、メソッドが使用可能な場合は追加機能が提供されます。詳細については、「Office ホストと API 要件を指定する」を参照してください。When you specify API requirements in your add-in's manifest, Office will determine if the host application supports those API members. If the API members are available in the host, then your add-in will be available in that host application. Alternatively, you can perform a runtime check to determine if a method is available in the host before using it in your add-in. Runtime checks ensure that your add-in is always available in the host, and provides additional functionality if the methods are available. For more information, see Specify Office hosts and API requirements.

一般的なアドイン開発のベスト プラクティスについては、「Office アドイン開発のベスト プラクティス」を参照してください。For general add-in development best practices, see Best practices for developing Office Add-ins.

関連項目See also