OneNote ページ コンテンツを使用する

OneNote アドインの JavaScript API では、ページ コンテンツは次のようなオブジェクト モデルで表されます。

OneNote ページのオブジェクト モデル図

  • ページ オブジェクトには、PageContent オブジェクトのコレクションが含まれています。
  • PageContent オブジェクトには、アウトライン、イメージ、その他のコンテンツ タイプが含まれています。
  • アウトライン オブジェクトには、Paragraph オブジェクトのコレクションが含まれています。
  • Paragraph オブジェクトには、RichText、Image、Table、Other のコンテンツ タイプが含まれています。

空の OneNote ページを作成するには、次の方法のいずれかを使用します。

その後、次のオブジェクトのメソッドを使用して、Page.addOutline や Outline.appendHtml などのページのコンテンツを操作します。

OneNote ページのコンテンツと構造は、HTML で表されます。次に説明するように、ページ コンテンツの作成や更新には、HTML のサブセットだけがサポートされています。

サポートされている HTML

ページ コンテンツを作成して更新するために、OneNote アドインの JavaScript API では次の HTML がサポートされています。

  • <html>, <body>, <div>, <span>, <br/>
  • <p>
  • <img>
  • <a>
  • <ul>, <ol>, <li>
  • <table>, <tr>, <td>
  • <h1> ... <h6>
  • <b>, <em>, <strong>, <i>, <u>, <del>, <sup>, <sub>, <cite>

ページ コンテンツへのアクセス

現在アクティブなページの Page#load によるページ コンテンツへのアクセスだけが可能です。アクティブなページを変更するには、navigateToPage($page) を呼び出します。

タイトルなどのメタデータは、どのページでも照会できます。

その他のリソース