Microsoft Azure で Office アドインをホストする

最も簡単な Office アドインは XML マニフェスト ファイルと HTML ページからできています。 XML マニフェスト ファイルには、アドインの名前、実行できる Office デスクトップ クライアント、アドインの HTML ページの URL など、アドインの特性が記述されています。 HTML ページには、ユーザーが Office クライアント アプリケーションにアドインをインストールして実行したときに操作する、Web アプリが含まれています。 Office アドインの Web アプリは、Azure を含む、あらゆる Web ホスティング プラットフォームでホストできます。

この記事では、アドイン Web アプリを Azure に展開して、Office クライアント アプリケーションでテストのためにアドインをサイドロードする方法について説明します。

前提条件

  1. Visual Studio 2019 をインストールし、Azure 開発 ワークロードを含めるよう選択します。

    注意

    既に Visual Studio 2019 がインストールされている場合は、Visual Studio インストーラーを使用して、Azure 開発 ワークロードがインストールされていることを確認してください。

  2. Office をインストールする。

    注意

    まだ Office を所持していない場合は、1 か月間無料試用版の登録が可能です。

  3. Azure サブスクリプションを取得します。

    注意

    まだ Azure サブスクリプションを所持していない場合、このサブスクリプションは Visual Studio サブスクリプションの一部として取得できます。また、無料試用版の登録も可能です。

手順 1: アドインの XML マニフェスト ファイルをホストするための共有フォルダーを作成する

  1. 開発用のコンピューターでエクスプローラーを開きます。

  2. C:\ ドライブを右クリックして、[新規] > [フォルダー] をクリックします。

  3. 新規フォルダーに「AddinManifests」という名前を付けます。

  4. [AddinManifests] フォルダーを右クリックして、[共有相手] > [特定の人] をクリックします。

  5. [ファイル共有] で、ドロップダウンの矢印をクリックして、[すべてのユーザー] > [追加] > [共有] をクリックします。

注意

このチュートリアルでは、信頼できるカタログとしてローカルのファイル共有を使用します。アドインの XML マニフェスト ファイルは、この場所に保存することになります。現実のシナリオでは、SharePoint カタログに XML マニフェスト ファイルを展開するか、AppSource にアドインを発行することもできます。

手順 2: 信頼できるアドイン カタログにファイル共有を追加する

  1. Word を起動してドキュメントを作成します。

    注意

    この例では Word を使用していますが、Office アドインをサポートしている任意の Office アプリケーションを使用できます (Excel、Outlook、PowerPoint、Project など)。

  2. [ファイル] > [オプション] を選択します。

  3. [Word オプション] ダイアログ ボックスで、[セキュリティ センター] をクリックして、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  4. [セキュリティ センター] ダイアログ ボックスで、[信頼できるアドイン カタログ] をクリックします。[カタログの URL] として、前の手順で作成したファイル共有の汎用名前付け規則 (UNC) パス (たとえば、\\YourMachineName\AddinManifests) を入力して、[カタログの追加] をクリックします。

  5. [メニューに表示する] チェック ボックスをオンにします。

    注意

    信頼できるアドイン カタログとして指定されている共有にアドインの XML マニフェスト ファイルを保存すると、そのアドインは、ユーザーがリボンの [挿入] タブから [個人用アドイン] をクリックしたときに、[Office アドイン] ダイアログ ボックスの [共有フォルダー] に表示されるようになります。

  6. Word を終了します。

手順 3: Azure ポータルを使用して Azure で Web アプリを作成する

Azure ポータルを使用して Web アプリケーションを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Azure の資格情報を使用して、Azure ポータルにログオンします。

  2. [Azure サービス] で [Web アプリ] を選択します。

  3. [App Service] ページで、[追加] を選択します。 この情報を提供してください:

    • このサイトの作成に使用する [サブスクリプション] を選択します。

    • サイトの [リソース グループ] を選択します。新しいグループを作成する場合は、そのグループに名前を指定する必要もあります。

    • サイトの一意の [アプリ名] を入力します。Azure は、サイト名が azureweb apps.net ドメイン全体で一意であることを確認します。

    • コードを使用して発行するか、Docker コンテナを使用して発行するかを選択します。

    • ランタイム スタック を指定します。

    • サイトの OS を選択します。

    • 地域 を選択します。

    • このサイトの作成に使用する [App Service プラン] を選択します。

    • [作成] を選択します。

  4. 次のページでは、展開が進行中であること、完了したことが通知されます。 完了したら、[リソースに移動] を選択します。

  5. [概要] セクションで、[URL] の下に表示される URL を選択します。 ブラウザが開き、"App Service アプリが起動し、実行中です" というメッセージを含む Web ページが表示されます。

    重要

    すべてのアドインのシナリオで厳密に求められるわけではないものの、アドインに対して HTTPS エンドポイントを使用することを強くお勧めします。SSL で保護されている (HTTPS) のではないアドインは、使用中に、保護されていないコンテンツの警告やエラーを生成します。Office for the web でアドインを実行するか、AppSource にアドインを発行する場合は、アドインを SSL でセキュリティ保護する必要があります。アドインが外部データやサービスにアクセスする場合、アドインを SSL で保護して送信中のデータを保護する必要があります。自己署名証明書がローカル マシンで信頼されている限り、この証明書は開発とテストに使用できます。 Azure の Web サイトは自動的に HTTPS エンドポイントを提供します。

手順 4: Visual Studio で Office アドインを作成する

  1. 管理者として Visual Studio を起動します。

  2. [新規プロジェクトの作成] を選択します。

  3. 検索ボックスを使用して、アドイン と入力します。

  4. プロジェクト タイプとして Word Web アドイン を選択し、[次へ] を選択して規定の設定を使用します。

Visual Studio は、Web プロジェクトに変更を加えることなくそのまま発行できる、基本的な Word アドインを作成します。 Excel など、別の Office アプリケーション用のアドインを作成するには、手順を繰り返し、目的の Office アプリケーションでプロジェクトの種類を選択します。

手順 5: Azure に Office アドイン Web アプリを発行する

  1. アドイン プロジェクトを Visual Studio で開いた状態で、ソリューション エクスプローラー でソリューション ノードを展開し、App Service を選択します。

  2. Web プロジェクトを右クリックして、[発行] をクリックします。Web プロジェクトには Office アドイン Web アプリのファイルが含まれているため、このプロジェクトを Azure に発行することになります。

  3. [発行] タブで、次の操作を実行します。

    • [Microsoft Azure App Service] をクリックします。

    • [既存のものを選択] をクリックします。

    • [発行] をクリックします。

  4. Visual Studio により、Office アドインの Web プロジェクトが Azure Web アプリに発行されます。Visual Studio による Web プロジェクトの発行が完了すると、ブラウザーが開いて、「App Service アプリが作成されました」というテキストを示す Web ページが表示されます。これは、Web アプリの現在の既定のページです。

  5. ルート URL (例:) をコピーします。この記事の後半でアドイン マニフェスト ファイルを編集するときに必要 https://YourDomain.azurewebsites.net になります。

手順 6: アドインの XML マニフェスト ファイルを編集して展開する

  1. Visual Studio の [ソリューション エクスプローラー] でサンプルの Office アドインを開いて、ソリューションを展開し、両方のプロジェクトが表示されるようにします。

  2. Office アドイン プロジェクト (たとえば、WordWebAddIn) を展開し、マニフェスト フォルダーを右クリックして [開く] をクリックします。アドインの XML マニフェスト ファイルが開きます。

  3. XML マニフェスト ファイルで、"~remoteAppUrl" というインスタンスをすべて検索して、Azure のアドイン Web アプリのルート URL に置換します。 これは、アドイン Web アプリを Azure に発行した後に以前にコピーした URL です (例: https://YourDomain.azurewebsites.net )。

  4. [ファイル] をクリックして、[すべてを保存] をクリックします。 次に、アドイン XML マニフェスト ファイル (WordWebAddIn.xml など) をコピーします。

  5. ファイル エクスプローラー プログラムを使用して、「手順 1: 共有フォルダーを作成する」で作成したネットワーク ファイル共有を参照し、マニフェスト ファイルをそのフォルダー内に貼り付けます。

手順 7: Office クライアント アプリケーションにアプリを挿入し、実行する

  1. Word を起動してドキュメントを作成します。

  2. リボンで、[挿入] > [個人用アドイン] をクリックします。

  3. [Office アドイン] ダイアログ ボックスで、[共有フォルダー] をクリックします。Word により、信頼できるアドイン カタログとしてリストしたフォルダー (「手順 2: 信頼できるアドイン カタログにファイル共有を追加する」で指定したもの) がスキャンされ、アドインがダイアログ ボックスに表示されます。サンプル アドインのアイコンが表示されます。

  4. アドインを選択して、[追加] をクリックします。リボンに、そのアドインの [作業ウィンドウの表示] ボタンが追加されます。

  5. [ホーム] タブのリボンで、[作業ウィンドウの表示] ボタンをクリックします。現在のドキュメントの右側の作業ウィンドウ内でアドインが開きます。

  6. アドインが動作していることを確認するために、ドキュメント内のテキストを選択して、作業ウィンド内の [Highlight!] ボタンをクリックします。

関連項目