発行のための準備として Visual Studio を使用してアドインをパッケージ化するPackage your add-in using Visual Studio to prepare for publishing

Office アドイン パッケージには、アドインの発行に使用する XML マニフェスト ファイルが含まれています。Your Office Add-in package contains an XML manifest file that you'll use to publish the add-in. プロジェクトの Web アプリケーション ファイルは個別に発行する必要があります。You'll have to publish the web application files of your project separately. この記事では、Visual Studio 2015 を使用して、Web プロジェクトを展開し、アドインをパッケージ化する方法について説明します。This article describes how to deploy your web project and package your add-in by using Visual Studio 2015.

Visual Studio 2015 を使用して Web プロジェクトを展開するにはTo deploy your web project using Visual Studio 2015

次に示す、Visual Studio 2015 を使用して Web プロジェクトを展開する手順を実行します。Complete the following steps to deploy your web project using Visual Studio 2015.

  1. [ソリューション エクスプローラー] で、アドイン プロジェクトのショートカット メニューを開き、[発行] を選択します。In Solution Explorer, open the shortcut menu for the add-in project, and then choose Publish.

    [アドインの発行] ページが表示されます。The Publish your add-in page appears.

  2. [現在のプロファイル] ドロップダウン リストで、プロファイルを選択するか、[新規…] を選択して新しいプロファイルを作成します。In the Current profile drop-down list, select a profile or choose New ... to create a new profile.

    注意

    発行プロファイルでは、展開先のサーバー、サーバーへのログオンに必要な資格情報、展開するデータベース、およびその他の展開オプションを指定します。A publish profile specifies the server you are deploying to, the credentials needed to log on to the server, the databases to deploy, and other deployment options.

    ** [新規...] ** を選択すると、[発行プロファイルの作成] ウィザードが表示されます。If you choose New ..., the Create publishing profile wizard appears. このウィザードを使用して、Microsoft Azure などの Web サイトをホストするプロバイダーから発行プロファイルをインポートするか、新しいプロファイルを作成するかして、次の手順でサーバー、資格情報、その他の設定を追加することができます。You can use this wizard to import a publishing profile from a web site hosting provider such as Microsoft Azure or create a new profile and add your server, credentials, and other settings in the next procedure.

    発行プロファイルのインポートまたは新しい発行プロファイルの作成の詳細については、「発行プロファイルの作成」を参照してください。For more information about importing publishing profiles or creating new publishing profiles, see Creating a Publish Profile.

  3. [ アドインを発行する] ページで、 [ Web プロジェクトの配置] リンクを選択します。In the Publish your add-in page, choose the Deploy your web project link.

    [Web を発行する] ダイアログ ボックスが表示されます。このウィザードの使用方法については、「方法: Visual Studio でワンクリック発行を使用して Web アプリケーション プロジェクトを配置する」を参照してください。The Publish Web dialog box appears. For more information about using this wizard, see How to: Deploy a Web Project using On-Click Publishing in Visual Studio.

Visual Studio 2015 を使用してアドインをパッケージ化するにはTo package your add-in using Visual Studio 2015

次に示す、Visual Studio 2015 を使用してアドインをパッケージ化する手順を実行します。Complete the following steps to package your add-in using Visual Studio 2015.

  1. [アドインを発行する] ページで、[アドインのパッケージ化] リンクをクリックします。In the Publish your add-in page, choose the Package the add-in link.

    Office/SharePoint アドインの発行 ウィザードが表示されます。The Publish Office and SharePoint Add-ins wizard appears.

  2. [Web サイトがホストされている場所] ドロップダウン リストで、アドインのコンテンツ ファイルをホストする Web サイトの HTTPS URL を選択するか入力して、[完了] を選択します。In the Where is your website hosted? dropdown list, select or enter the HTTPS URL of the website that will host the content files of your add-in, and then choose Finish.

    このウィザードを完了するには、HTTPS プレフィックスで始まる URL を指定する必要があります。Web サイトの HTTP エンドポイントを使用する場合は、パッケージの作成の完了後に、テキスト エディターで XML マニフェスト ファイルを開いて、Web サイトの HTTPS プレフィックスを HTTP プレフィックスに置換します。You must specify a URL that begins with the HTTPS prefix to complete this wizard. If you want to use an HTTP endpoint for your website, you can open the XML manifest file in a text editor after the package has been created and replace the HTTPS prefix of your website with an HTTP prefix.

    重要

    すべてのアドインのシナリオで厳密に求められるわけではないものの、アドインに対して HTTPS エンドポイントを使用することを強くお勧めします。While not strictly required in all add-in scenarios, using an HTTPS endpoint for your add-in is strongly recommended. SSL で保護されている (HTTPS) のではないアドインは、使用中に、保護されていないコンテンツの警告やエラーを生成します。Add-ins that are not SSL-secured (HTTPS) generate unsecure content warnings and errors during use. Office Online でアドインを実行するか、AppSource にアドインを発行する場合は、アドインを SSL でセキュリティ保護する必要があります。If you plan to run your add-in in Office Online or publish your add-in to AppSource, it must be SSL-secured. アドインが外部データやサービスにアクセスする場合、アドインを SSL で保護して送信中のデータを保護する必要があります。If your add-in accesses external data and services, it should be SSL-secured to protect data in transit. 自己署名証明書がローカル マシンで信頼されている限り、この証明書は開発とテストに使用できます。Self-signed certificates can be used for development and testing, so long as the certificate is trusted on the local machine. Azure の Web サイトは自動的に HTTPS エンドポイントを提供します。Azure websites automatically provide an HTTPS endpoint.

    Visual Studio は、アドインの発行に必要なファイルを生成して、発行の出力フォルダーを開きます。Visual Studio generates the files that you need to publish your add-in and then opens the publish output folder.

AppSource へのアドインの提出を予定している場合は、[検証チェックの実行] リンクをクリックして、アドインの受け入れが阻害される問題点を識別します。アドインをストアに提出する前に、すべての問題に対処してください。If you plan to submit your add-in to AppSource, you can choose the Perform a validation check link to identify any issues that will prevent your add-in from being accepted. You should address all issues before you submit your add-in to the store.

XML マニフェストを適切な場所にアップロードしてアドインを発行できるようになりました。XML マニフェストは、app.publish フォルダーの OfficeAppManifests にあります。たとえば、次のようになります。You can now upload your XML manifest to the appropriate location to publish your add-in. You can find the XML manifest in OfficeAppManifests in the app.publish folder. For example:

%UserProfile%\Documents\Visual Studio 2015\Projects\MyApp\bin\Debug\app.publish\OfficeAppManifests

関連項目See also