発行のための準備として Visual Studio を使用してアドインをパッケージ化する

Office アドイン パッケージには、アドインの発行に使用する XML マニフェスト ファイルが含まれています。 プロジェクトの Web アプリケーション ファイルは個別に発行する必要があります。 この記事では、Visual Studio 2015 を使用して、Web プロジェクトを展開し、アドインをパッケージ化する方法について説明します。

Visual Studio 2015 を使用して Web プロジェクトを展開するには

次に示す、Visual Studio 2015 を使用して Web プロジェクトを展開する手順を実行します。

  1. [ソリューション エクスプローラー] で、アドイン プロジェクトのショートカット メニューを開き、[発行] を選択します。

    [アドインの発行] ページが表示されます。

  2. [現在のプロファイル] ドロップダウン リストで、プロファイルを選択するか、[新規…] を選択して新しいプロファイルを作成します。

    注: 発行プロファイルでは、展開先のサーバー、サーバーへのログオンに必要な資格情報、展開するデータベース、およびその他の展開オプションを指定します。

    [新規...] を選択すると、[発行プロファイルの作成] ウィザードが表示されます。 このウィザードを使用して、Microsoft Azure などの Web サイトをホストするプロバイダーから発行プロファイルをインポートするか、新しいプロファイルを作成するかして、次の手順でサーバー、資格情報、その他の設定を追加することができます。

    発行プロファイルのインポートまたは新しい発行プロファイルの作成の詳細については、「発行プロファイルの作成」を参照してください。

  3. アドインを発行する」ページで、 [Web プロジェクトの配置] リンクを選択します。

    [Web の発行] ダイアログ ボックスが表示されます。 このウィザードの使用方法の詳細については、「方法: Visual Studio でオンクリック発行を使用して Web プロジェクトを配置する」を参照してください。

Visual Studio 2015 を使用してアドインをパッケージ化するには

次に示す、Visual Studio 2015 を使用してアドインをパッケージ化する手順を実行します。

  1. [アドインを発行する] ページで、[アドインのパッケージ化] リンクをクリックします。

    [Office/SharePoint アドインの発行] ウィザードが表示されます。

  2. [Web サイトがホストされている場所] ドロップダウン リストで、アドインのコンテンツ ファイルをホストする Web サイトの URL を選択するか入力して、[完了] を選択します。

    このウィザードを完了するには、HTTPS プレフィックスで始まるアドレスを指定する必要があります。 一般に、Web サイトの HTTPS を使用することが推奨されていますが、アドインを Office ストアに発行する予定がない場合、その必要はありません。 Web サイトの HTTP エンドポイントを使用する場合は、パッケージの作成の完了後に、テキスト エディターで XML マニフェスト ファイルを開いて、Web サイトの HTTPS プレフィックスを HTTP プレフィックスに置換します。 詳細については、「アプリおよびアドインを SSL でセキュリティ保護する理由」を参照してください。

    注: Azure の Web サイトは自動的に HTTPS エンドポイントを提供します。

    Visual Studio は、アドインの発行に必要なファイルを生成して、発行の出力フォルダーを開きます。

Office ストアにアドインを提出する予定がある場合は、[検証チェックを実行する] リンクをクリックして、アドインが受け入れられなくなる問題点を特定します。 アドインをストアに提出する前に、すべての問題に対処してください。

XML マニフェストを適切な場所にアップロードして、アドインを発行できるようになりました。 XML マニフェストは、app.publish フォルダーの OfficeAppManifests にあります。 次に例を示します。

%UserProfile%\Documents\Visual Studio 2015\Projects\MyApp\bin\Debug\app.publish\OfficeAppManifests

その他の技術資料