JavaScript API for OfficeJavaScript API for Office

JavaScript API for Office を使用すると、Office ホスト アプリケーションのオブジェクト モデルと対話する Web アプリケーションを作成できます。The JavaScript API for Office enables you to create web applications that interact with the object models in Office host applications. ユーザーのアプリケーションは、スクリプト ローダーである office.js ライブラリを参照します。Your application will reference the office.js library, which is a script loader. Office.js ライブラリは、アドインを実行している Office アプリケーションに適用可能なオブジェクト モデルを読み込みます。The office.js library loads the object models that are applicable to the Office application that is running the add-in. 次の JavaScript オブジェクト モデルを使用できます。You can use the following JavaScript object models:

  • 共通 API - Office 2013 で導入された API。Common APIs - APIs that were introduced with Office 2013. これは、すべての Office ホスト アプリケーションに読み込まれ、アドイン アプリケーションを Office クライアント アプリケーションに接続します。This is loaded for all Office host applications and connects your add-in application with the Office client application. オブジェクト モデルには、Office クライアントに固有の API と複数の Office クライアントのホスト アプリケーションに適用可能な API が含まれています。The object model contains APIs that are specific to Office clients, and APIs that are applicable to multiple Office client host applications. このコンテンツは、すべて共通 API の下にあります。All of this content is under Common API. このオブジェクト モデルは、コールバックを使用します。This object model uses callbacks.

    Outlook でも共通 API 構文が使用されます。Outlook also uses the Common API syntax. Office というエイリアスの下にあるすべてのものの中には、Office アドインから Office ドキュメント、ワークシート、プレゼンテーション、メール アイテム、プロジェクトのコンテンツを操作するスクリプトの記述に利用できるオブジェクトが含まれています。アドインが Office 2013 以降を対象としている場合には、これらの共通 API を使用する必要があります。Everything under the alias Office contains objects you can use to write scripts that interact with content in Office documents, worksheets, presentations, mail items, and projects from your Office Add-ins. You must use these Common APIs if your add-in will target Office 2013 and later. このオブジェクト モデルは、コールバックを使用します。This object model uses callbacks.

  • ホスト固有 API - Office 2016 で導入された API。Host-specific APIs - APIs that were introduced with Office 2016. このオブジェクト モデルは、Office クライアントの使用時に見られる使い慣れたオブジェクトに対応するホスト固有の厳密に型指定されたオブジェクトを提供し、Office JavaScript API の将来像を表すものです。This object model provides host-specific strongly-typed objects that correspond to familiar objects that you see when you use Office clients, and represents the future of Office JavaScript APIs. Excel、OneNote、PowerPoint、Word 用のホスト固有の JavaScript API が現在利用できます。Host-specific JavaScript APIs are currently available for Excel, OneNote, PowerPoint, and Word.

サポートされるホスト アプリケーションSupported host applications

注意

Projectでは、JavaScript API で作成されたアドインがサポートされていますが、現在、Project との対話専用に設計された JavaScript API はありません。Project supports add-ins made with the JavaScript API, but there's currently no JavaScript API designed specifically for interacting with Project. Project アドインの作成に共通 API を使用できます。You can use the Common API to create Project add-ins.

サポートされるホストとその他の要件の詳細について説明します。Learn more about supported hosts and other requirements.

Open API の仕様Open API specifications

新しい Office アドイン用の API の設計と開発にあたり、Open API の仕様 ページでこれらに対するフィードバックの提供が可能になります。パイプラインの新機能をご確認いただき、設計の仕様に関する情報をお寄せください。As we design and develop new APIs for Office Add-ins, we'll make them available for your feedback on our Open API specifications page. Find out what new features are in the pipeline, and provide your input on our design specifications.

関連項目See also