Runtimes 要素

アドインのランタイムを指定します。 要素の <Host> 子。

注意

Windows で Office で実行する場合、マニフェスト内に要素を持つアドインは、それ以外の場合と同じ Webview コントロールで必ずしも <Runtimes> 実行されるとは限りません。 Windows および Office のバージョンでどの webview コントロールが通常使用されるのかを決定する方法の詳細については、「Office アドインで使用されるブラウザー」を参照してください。webView2 (Chromium ベース) で Microsoft Edge を使用する場合に説明されている条件が満たされている場合、アドインは要素を持っているかどうかに応じ、そのブラウザーを使用します <Runtimes> 。 ただし、これらの条件が満たされない場合、要素を持つアドインは、Windows またはバージョンに関係なく、常に Internet Explorer 11 Windows を <Runtimes> Microsoft 365します。

アドインの種類: 作業ウィンドウ, メール

重要

共有 JavaScript ランタイムの場合、この要素を使用すると、リボン、作業ウィンドウ、その他のサポートされているコンポーネントが同じランタイムを使用できます。 ただし、SharedRuntime 要件セットは、一部のアプリケーションでのみOfficeできます。 詳細については、「共有ランタイム要件セット」を参照してください。

Outlook: イベント ベースのアクティブ化の場合、この要素を使用すると、たとえば、新しいアイテムの作成時にアドインを実行できます。 サポートされているクライアントおよび他の情報については、「イベント ベースのライセンス認証Outlookアドインを構成する」を参照してください

構文

<Runtimes>
    <Runtime resid="ContosoAddin.Url" lifetime="long" />
</Runtimes>

含まれる場所

Host

子要素

要素 必須 説明
ランタイム はい アドインのランタイム。 重要: 現時点では、1 つの要素のみを定義 <Runtime> できます。

関連項目