テスト用に Office Online で Office アドインをサイドロードする

まずアドイン カタログに置かなくても、サイドロードを使用すると、テスト用に Office アドインをインストールすることができます。サイドロードは、Office 365 または Office Online 上のいずれかで実行できます。2 つのプラットフォームで手順が少し異なります。

アドインをサイドロードするとき、アドイン マニフェストはブラウザーのローカル ストレージに格納されます。そのため、ブラウザーのキャッシュを消去したり、別のブラウザーに切り替えたりする場合、アドインを再びサイドロードする必要があります。

注意

この記事で説明したようにサイドロードは、Word、Excel、および PowerPoint でサポートされています。Outlook アドインをサイドロードするには、「テストのために Outlook アドインをサイドロードする」をご参照ください。

次のビデオでは、Office デスクトップまたは Office Online のアドインをサイドロードする手順について説明します。

Office アドインを Office 365 にサイドロードする

  1. Office 365 サイトにサインインします。

  2. ツールバーの左端にあるアプリ起動ツールを開き、ExcelWord、または PowerPoint を選択して、新しいドキュメントを作成します。

  3. リボンの [挿入] タブを開き、 [アドイン] セクションで、 Office [アドイン] を選択します。

  4. [Office アドイン] ダイアログ ボックスで、[自分の所属組織] タブ、[個人用アドインのアップロード] の順に選択します。

    左上隅近くの、リンクが付いている Office アドインのダイアログ。タイトルは、[マイ アドインのアップロード]

  5. アドイン マニフェスト ファイルを参照して、[アップロード] を選択します。

    [参照]、[アップロード]、[キャンセル] のボタンがある [アドインのアップロード] ダイアログ

  6. アドイン がインストールされていることを確認します。たとえば、アドイン コマンドである場合は、リボンまたはコンテキスト メニューのいずれかに表示されます。作業ウィンドウ アドインである場合は、ウィンドウが表示されます。

Office アドイン を Office Online にサイドロードする

  1. Microsoft Office Online を開きます。

  2. [オンライン アプリを今すぐ開始する] で、 ExcelWord、または PowerPoint を選択して、新しいドキュメントを開きます。

  3. リボンの [挿入] タブを開き、 [アドイン] セクションで、 Office [アドイン] を選択します。

  4. [Office アドイン] ダイアログ ボックスで、[個人用アドイン] タブ、[個人用アドインの管理][個人用アドインのアップロード] の順に選択します。

    右上に [個人用アドインの管理] というドロップダウンがあり、その下に [マイ アドインのアップロード] オプションのドロップダウンがある [Office アドイン] ダイアログ

  5. アドイン マニフェスト ファイルを参照して、[アップロード] を選択します。

    [参照]、[アップロード]、[キャンセル] のボタンがある [アドインのアップロード] ダイアログ。

  6. アドインがインストールされていることを確認します。たとえば、アドイン コマンドである場合は、リボンまたはコンテキスト メニューのいずれかに表示されます。作業ウィンドウ アドインである場合は、ウィンドウが表示されます。

注意

Office アドインを Edge でテストするには、Edge の検索バーに "abou:flags" を入力し、[開発者設定] オプションを表示します。 "ローカルホスト ループバックを許可する" オプションにチェックを入れ、Edgeを再起動します。

Edge の [ローカルホスト ループバックを許可する] オプションにチェックを入れます。

Visual Studio の使用時にアドインをサイドロードする

アドインの開発に Visual Studio を使用している場合、サイドロードするプロセスは似ています。唯一の違いは、マニフェストの SourceURL 要素の値を更新して、アドインが展開されている完全な URL を含める必要がある点です。

現在アドインを開発している場合、アドイン manifest.xml ファイルを見つけて、SourceLocation 要素の値を更新することにより、絶対 URI を含めます。Visual Studio は、localhost を展開するためのトークンを配置します。

例:

<SourceLocation DefaultValue="https://localhost:44300/App/Home/Home.html" />