効果的な AppSource と Office 内の登録リストを作成するCreate effective listings in AppSource and within Office

販売者ダッシュボードに提出する情報と画像は、ソリューションの AppSource と製品内ストアの登録リストになります。The information and images that you submit to the Seller Dashboard become the AppSource and in-product Store listing for your solution. この情報は、見込みユーザーが最初に見るもので、第一印象を与えるものです。This information is the first thing prospective users see, and creates their first impression. タイトル、説明、ロゴ、画像を含む提出情報が、ソリューションが提供する利点と機能を明確に伝えていることを確認します。Make sure that the information you submit—including your title, description, logos, and images—clearly communicates the benefits and functionality that your solution provides.

タイトル、説明、画像を作成するときは、次を適用します。Apply the following when you create your title, description, and images:

  • 顧客にとってソリューションで可能になることを説明します。Describe what your solution can do for customers. 次の質問に対する回答を用意してください。このソリューションで、何が解決されますか?Answer the question: What problem does this solution solve?
  • 提出物ごとに独自のロゴを使用します。Use unique logos for each submission.
  • UI を引き立たせるような画像を含めます。画像から個人情報が削除されていることを確認します。Include images that show off your UI. Be sure to remove any personal information from your images.
  • 機能を更新した場合は、説明も更新します。If you update your functionality, update your description too.
  • お客様に対して親しみやすい表現と自然な言葉で簡潔に説明します。Use a customer-friendly voice. Be concise and use natural language.
  • マーケティング用語や流行の専門用語の使用を避けます。Avoid marketing speak and buzz words.
  • タイトルと説明に対してスペル チェックと文法チェックを実行します。Check the spelling and grammar in your titles and descriptions.

簡潔でわかりやすいタイトルにするUse a succinct and descriptive title

簡単でわかりやすいタイトルを付けます。タイトルは短くするほど良くなります。表示されるタイトルの長さは、ユーザーのウィンドウのサイズによって異なる点に注意してください。ユーザーがソリューションの検索に使用する可能性の高い自分のブランド名または会社名を含めます。Create a simple and direct title. The shorter the title the better. Remember, the length of the title that is displayed can depend on how the user sizes the window. Include your brand or company name if users are likely to use it to search for your solution.

タイトルでは次の点に留意します。In your title:

  • ソリューションの目的やメリットを明確にします。ソリューションの機能を伝えるためにブランドに依存しないようにします。Make the purpose or benefits of your solution clear. Don't rely on your brand to communicate what your solution does.
  • 次に示す名前付けパターンを使用します。機能 + for + ブランド名または会社名 (オプション)。たとえば、Small Business Invoicing for Contoso などとします。Use the following naming pattern: Function + for + brand or company name (optional). For example, Small Business Invoicing for Contoso.
  • 先頭文字に大文字を使用します。各単語の最初の文字を大文字にします (冠詞や前置詞を除きます)。たとえば、Apartment Search for Contoso などとします。Use title case. Capitalize the first letter of each word, except articles and prepositions. For example, Apartment Search for Contoso.
  • Microsoft 製品の名前を含めてはいけません。Don't include the Microsoft product name. これは、ランディング ページと、AppSource および製品内ストアの検索結果に表示されます。This appears on your landing page, and in AppSource and in-product Store search results.
  • 見込みユーザーになじみの薄い省略語を使わないようにします。Avoid acronyms that might be unfamiliar to potential users.
  • 単語の文字をすべて大文字にしないでください (ブランド名がすべて大文字の場合を除く)。Don't use all uppercase letters, unless your brand name is all uppercase.
  • "free" または "sale" という単語や感嘆符を使用しないでください。Don't use the words "free" or "sale" or include exclamation points.

アドインの名前に一貫性を持たせるUse a consistent add-in name

アドインの名前は次の 2 つの場所で指定します。2 つの場所で必ず同じ名前を指定してください。You specify your add-in name in two places, so be sure to use the same name in both:

  • アドイン マニフェスト。具体的には、DisplayName 要素 (Office アドイン)、または Title 要素 (SharePoint アドイン)。Your add-in manifest; specifically, the DisplayName element element (Office Add-in), or the Title element element (SharePoint Add-in). これにより、ユーザーがアドインをインストールした後に表示される名前を指定します。This specifies the name that is displayed after the user installs the add-in.
  • 販売者ダッシュボードのアドイン提出フォーム。これにより、AppSource と製品内ストアに表示される名前を指定します。The Seller Dashboard add-in submission form. This specifies the name that is displayed in AppSource and the in-product Store.

魅力的な説明を書くWrite compelling descriptions

適切な説明の方が、ソリューションが際立ちます。簡潔な説明は、潜在的なユーザーをさらに詳しく知りたいという気持ちにさせます。AppSource のランディング ページに表示される詳しい説明には、ソリューションの詳細とソリューションの価値を示す必要があります。A good description makes your solution stand out. Your short description should entice potential users to learn more. Your long description, which appears on the AppSource landing page, should provide more detail about your solution and its value.

注目を集める簡潔な説明Effective short descriptions

提出物と共に提供する簡潔な説明は、AppSource と製品内の検索結果でユーザーに示されるテキストです。The short description that you supply with your submission is the text that is shown to users in AppSource and in-product search results. これは、対象ユーザーに直接伝わる独創性に満ちた魅力的なものにします。You want it to be original, engaging, and directed at your target audience. 次に示すように、ソリューションとソリューションの価値について、2 文程度で対象顧客に説明します。Describe your solution and its value to your target customer, in one or two sentences:

  • 最も重要な情報を最初に説明します。Put the most important information first.
  • タイトルを繰り返すことはしないでください。Do not repeat the title.
  • 必ずしもユーザーが検索している情報を理解しているとは限らないため、専門用語は使用しません。Avoid using jargon or specialized terminology; don't assume that users know what they're looking for.
  • 顧客が検索する可能性のあるキーワードを含めます。Include keywords that customers might search for.

次の図は、短くて分かりやすい説明と、その隣は、ブランド名* に依存する図を示していますAn image that shows a good short description next to one that relies on the brand name

短くて分かりやすい説明と、その隣は、ブランド名に依存している画像

注目を集める詳細な説明Effective long descriptions

詳細な説明は、AppSource と Office 内のランディング ページに表示されます。できるだけマニフェストの説明と一致するようにします。ソリューションの詳細な説明 (主な機能、ソリューションにより解決できる問題、対象ユーザーなど) のためのスペースが用意されています。一般的な検索キーワードが含まれるようにしてください。それらは、Office.com の検索エンジンにより、検索クエリで返される結果セットで取り上げられます。The long description is displayed on your landing page in AppSource and within Office. It should match the description in your manifest as closely as possible. You have room for a more detailed description, including the main features, the problems it solves, and the target audience for your solution. Be sure to include popular search keywords. The Office.com search engine will pick these up in search query return sets.

詳細な説明には、次の質問に対する回答を含めます。In your long description, answer the following questions:

  • そのソリューションを使用したユーザーのメリットは?How does your solution benefit its user?
  • 特別な点は?What is special about it?
  • 別の用途に使用できますか?What are different ways someone could use your it?
  • どのような業界または専門職が使用するものですか?What industries or specialists would use it?

ほとんどのユーザーは、300 語から 500 語までの説明を読みます。Most users read between 300 and 500 words. 詳細な説明の最大長は、4,000 文字です。The maximum length for long descriptions is 4,000 characters.

説明を読みやすくするために、機能を箇条書きにすることもできます。販売者ダッシュボードで箇条書きリストを作成するには、次のように書式設定します。You might want to list features to aid readers scanning your description. To create a bulleted list in the Seller Dashboard, use the following formatting:

機能: Features:

[#LI] 最初の機能 [/#LI][#LI] First feature[/#LI]

[#LI] 2 番目の機能 [/#LI][#LI] Second feature[/#LI]

タイトルと説明の長さに関するガイドラインを適用するApply guidelines for title and description length

アイテムItem 最大の長さMaximum length 推奨される長さRecommended length 重要なメッセージを含める範囲Include key message in the...
TitleTitle 50 文字50 characters 30 文字30 characters 最初の 30 文字First 30 characters
簡潔な説明Short description 100 文字100 characters 70 文字70 characters 最初の 30 文字First 30 characters
詳しい説明Long description 4,000 文字4,000 characters 300 ~ 500 文字300-500 characters 最初の 300 文字First 300 characters

一貫性のあるビジュアル ID を作成するCreate a consistent visual identity

名前と説明は、潜在顧客を引きつけるための強力なツールになります。統一されたソリューションのビジュアル ID を提示することもできます。ロゴの使用は重要です。2 つのファイルでロゴを表します。一貫性のあるロゴを示すには、両方の画像を同じロゴまたはアイコンにする必要があります。こうすることで、ユーザーは、Office または SharePoint にソリューションが表示されたときと同じロゴを AppSource で見ることになります。2 つの画像には、異なるファイル形式の要件があります。Your name and description can be powerful tools to draw in potential customers. You also want to present a unified visual identity for your solution. The logo you use is important. Two files represent your logo. To present a consistent logo, both images should be of the same logo or icon. This way, the user sees the same logo in AppSource and when the solution is displayed in Office or SharePoint. The two images have different formatting requirements.

ロゴは、次の要件を満たしている必要があります。Your logo should:

  • 顧客の業務遂行に、ソリューションがどのように役立つかを伝えます。Convey how your solution helps the customer get work done.
  • 単純なイメージを使用します。画像が乱雑または複雑にならないようにします。Use simple imagery. Don't clutter or complicate your image.
  • ソリューションによって解決される問題を伝えます。画像が会社のロゴに頼ったものにならないようにします。Communicate the problem that the solution solves. Don't rely on your company logo for your image.

次の図は、Excel グラフの明瞭なロゴと、その隣は、不明瞭な Fabrikam ロゴを示しています。An image that shows a clear logo with an Excel chart next to an unclear Fabrikam logo

Excel グラフの明瞭なロゴと、その隣は、不明瞭な Fabrikam ロゴを示す画像

Office アドインを提出する場合は、マニフェスト ファイルで画像を指定し、販売者ダッシュボードでの提出時に画像をアップロードします。When you submit Office Add-ins, you specify an image in your manifest file, and upload an image with your Seller Dashboard submission.

SharePoint アドインの場合は、アドイン パッケージに画像を組み込み、販売者ダッシュボードでの提出時に画像をアップロードします。アドインの検証で、これらの 2 つの画像が一致することが必要です。For SharePoint Add-ins, you include an image in your add-in package, and upload an image with your Seller Dashboard submission. These two images have to match for your add-in to validate.

アドイン用のアイコンの作成Create an icon for your add-in

AppSource に提出する Office アドインには、マニフェスト内の IconUrl 要素を使用して、画像へのリンクを含める必要があります。For Office Add-ins that you are submitting to AppSource, you have to link to an image by using the IconUrl element in the manifest. このイメージは、Office アプリケーション内でアドインを表します。This image represents your add-in within an Office application.

この画像の形式に関する要件は、アドインの種類によって異なります。アドインの種類別のアイコン画像の要件を次の表に示します。The formatting requirements for this image differ depending on the add-in type. The following table lists the requirements for the icon image, by add-in type.

Outlook アドインOutlook add-ins 作業ウィンドウ アドインとコンテンツ アドインTask pane and content add-ins
使用できる書式Accepted formats .bmp、.gif、.exif、.jpg、.png、および .tiff.bmp, .gif, .exif, .jpg, .png, and .tiff .bmp、.gif、.exif、.jpg、.png、および .tiff.bmp, .gif, .exif, .jpg, .png, and .tiff
ソースの場所Source location 指定するイメージは、HTTPS でセキュリティ保護する必要があります。The image specified must be secured with HTTPS. 指定する画像は、HTTPS でセキュリティ保護する必要はありません。The image specified does not have to be secured with HTTPS.
サイズSize 外観を最適にするには、アイコンのサイズを 64 x 64 ピクセルにします。サイズに関して具体的な制限はありませんが、Outlook は必要に応じてアイコンのサイズを 64 x 64 ピクセルに変更します。このため、アイコンの表示が最適でなくなってしまう場合があります。For best appearance, make your icon 64 x 64 pixels. There is no specific size limit, but Outlook will resize the icon to 64 x 64 if necessary. This might result in a less-than-optimal icon display. 32 x 32 ピクセルにする必要があります。Must be 32 x 32 pixels.
表示される場所Display location Exchange 管理センターExchange Administration Center Office クライアント インターフェイスたとえば、挿入ダイアログ、MRU リスト、またはコンテキスト ボックス。Office client interface. The Insertion dialog, MRU list, or context box.
ローカリゼーションLocalization IconUrl 要素は、マニフェストのカルチャ固有のイメージをサポートします。IconUrl element supports culture-specific images in the manifest. IconUrl 要素は、マニフェストのカルチャ固有のイメージをサポートします。IconUrl element supports culture-specific images in the manifest.

SharePoint アドインの場合、アイコンをアドインのパッケージに含める必要があります。その画像は 96 x 96 ピクセルで、販売者ダッシュボードを介してアドインを提出するときにも、この同じ画像を指定する必要があります。For SharePoint Add-ins, you have to include an icon in the add-in's package. The image must be 96x 96 pixels. You must also specify this image when you submit your add-in through the Seller Dashboard.

画像を効果的に使用しますUse images effectively

ストアの画像は多くの情報を伝えるようにします。Make your store images rich and informative. ソリューションが問題をどのように解決するか、お客様が理解しやすいようにします。Help customers understand how your solution solves problems. 一目でわかるようにします。Make it clear at a glance. 効果的な AppSource ストア イメージの作成のベスト プラクティスに従うようにします。Follow our best practices for crafting effective AppSource store images. 画像では不可欠な情報のみを伝えるようにし、次のベスト プラクティスを適用してください。Remember to communicate only the essential information in your images, and apply the following best practices:

  • 判読しやすい画像にします。Keep images legible.
  • 空の文書ではなく、実際のコンテンツを表示します。Show real content rather than an empty document.
  • ソリューションに焦点を合わせます。Focus on your solution.
  • 特徴や価値については、キャプションを使用して説明します。Use captions to describe features and value.
  • ブランドを明確にします。Reinforce your brand.

注意

顧客に表示したくない個人情報をスクリーンショットから削除していることを確認してください。Be sure to remove any personal information from your images that you do not want customers to see.

評価やレビューを使用するUse ratings and reviews

良い評価やレビューにより、ストアの配置や製品に対する顧客の認識を向上させることができます。顧客はレビューをフィードバックや提案を伝えるフォーラムとしても利用します。アプリやアドインにフィードバック オプションやサポート オプションがない場合には特にそうです。次の点に注意してください。Good ratings and reviews lead to better store placement and improved customer perception of your product. Customers also use reviews as a forum to offer feedback and suggestions, particularly if feedback and support options are not available within the app or add-in. Be sure to:

  • アドイン内で評価やレビューを行うよう顧客に伝えます。まずアドインの機能を試すことができるようにし、フィードバックを頻繁に求め過ぎないようにします。Ask customers to rate and review from within your add-in. Make sure that they've had a chance to explore the add-in first, and don't ask for feedback too often.
  • アドイン内でサポートを提供することにより、顧客が AppSource のレビューにフィードバックを入力する必要をなくします。Offer help and support from within your add-in, so customers don't have to leave feedback in AppSource reviews.

次の図は、アドイン内で評価の要求と、その隣は、チュートリアルの後に評価の要求をする図を示しています。An image that shows a request to rate within an add-in next to a request to rate following a tutorial

アドイン内で評価の要求と、その隣は、チュートリアルの後に評価の要求をする画像

AppSource でカスタマー レビューに直接返信するRespond to customer reviews in AppSource

AppSource のコメント機能を使用して、ソリューションについての顧客のレビュー (インストール時に発生した問題、機能や特徴に関する疑問、互換性の問題など) に応答できます。You can use the comment feature in AppSource to respond to customer reviews of your solution; for example, customer reviews that indicate that a user had trouble with installation, was confused about features or functionality, or had compatibility issues. 販売者ダッシュボードでアプリまたはアドインを提出したときと同じアカウントを使用して AppSource にサインインしている場合は、顧客レビューへの対応に「アプリケーション プロバイダー」ラベルのタグが付けられます。If you're signed in to AppSource with the same account that you used to submit your app or add-in via the Seller Dashboard, your response to the customer review will be tagged with an "App provider" label.

次の図は、名前の下にアプリ プロバイダーのラベルが付いた、コメントに対する開発者の応答を示しています。Image that shows a developer response to a comment with the App provider label under the name

名前の下にアプリ プロバイダーのラベルが付いた、コメントに対する開発者の応答を示す画像

ユーザー レビューに返信して、ユーザーがコメントに返信した場合、返信したユーザーは、アプリまたはアドインの問題が解決したかどうかに応じて評価を変更することができます。If you've responded to a user review and the user responds to your comment, the user has the option to change their rating of the app or add-in if their issue has been resolved.

お客様に直接応答すると、お客様との契約が増加し、次のことができるようになります。Responding directly to your customers increases your customer engagement and enables you to:

  • 消極的なレビューに繋がりかねないインストールまたはその他の問題についてユーザーを支援します。Help users with installation or other issues that can prompt negative reviews.
  • 問題の トラブルシューティングを行い、ユーザーにテクニカル サポートを提供します。Troubleshoot issues and provide technical support to your users.
  • 問題が解決されたとき、評価を編集するようユーザーにお勧めし、グローバルな評価を徐々に向上させます。Encourage users to edit their rating when their issue is resolved, improving your global ratings over time.
  • お客様と繋がり、どんな機能を構築すべきか、またその理由を発見します。Connect with your customers and discover what features to build, and why.
  • お客様のフィードバックが重要であり、モニタリングされていることをユーザーに示します。Indicate to users that their feedback is important and is monitored.
  • 将来の消極的なレビューとコメントを削減します。Reduce future negative reviews and comments.

広告で収益を得るアプリやアドインを最適化するCreate effective ad-supported apps and add-ins

広告で収益を得るアプリまたはアドインを作成する場合は、次のガイドラインに従ってください。If you're creating ad-supported apps or add-ins, apply the following guidelines:

  • ユーザー エクスペリエンスと収益を検討してください。多くの企業は広告を受け付けず、使用するアプリの代金を支払うことを選びます。小規模の企業や個人は、広告で収益を得るアプリまたはアドインをインストールすることを選ぶ可能性があります。Consider user experience versus revenue. Many businesses do not accept ads and pay for the apps they use. Smaller businesses and individuals might be willing to install ad-supported apps or add-ins.
  • 広告は、コンテンツまたは機能を妨げてはなりません。コンテンツを覆い隠す広告、新しいウィンドウをポップアップする広告、または 1024 x 768 ピクセルのブラウザー ウィンドウ サイズの場合に機能が画面に表示されなくなるような広告を使用してはなりません。Ads should not obstruct content or functionality. Do not use ads that overlay content, pop up new windows, or push functionality off-screen on a 1024 x 768 pixel browser window size.
  • サウンドやビデオをベースにした広告は避けます。Avoid sound- and video-based ads.
  • 広告をコンテンツや機能と区別します。たとえば、次のとおりです。Differentiate ads from content and functionality. For example:
    • 広告を表示する画面の領域に小さい字の注意書きを表示します。Display small print in the region of the screen that shows the ad.
    • 広告コンテンツには別の背景色またはフォント スタイルを使用します。Use a different background color or font style for the ad content.
    • 広告の周りには特別な境界処理を使用します。Use special border treatments around the ad.
    • 通常のコンテンツから離れた場所にレイアウトします。Use a layout placement away from regular content.
  • 不適切な内容の広告を含めないでください。広告は、アプリおよびアドインのコンテンツが従うのと同じポリシーに従う必要があります。Do not include ads with inappropriate content. Ads are subject to the same policies that the content in apps and add-ins is.
  • 広告のサイズと位置を標準に合わせます。Use a standard size and location for ads.

関連項目See also