AppSource ソリューションの販売を促進するPromote your AppSource solution

販売者ダッシュボードにソリューションを提出して、AppSource への追加が承認されたら、そのソリューションを自分の Web ページで AppSource ソリューションとしてブランド化できます。After you submit your solution to the Seller Dashboard and it is approved for addition to AppSource, you might want to brand it as an AppSource solution on your webpage. AppSource のバッジを使用すると、ソリューションの販売を促進し、自分のサイトから AppSource へのアクセス数を増やすことができます。You can use the AppSource badges to promote your solution and drive traffic from your site to AppSource. これを実施するには:To do so:

  1. AppSource バッジの ZIP ファイルをダウンロードします。Download the AppSource Badge zip file.

  2. 必要に応じたバッジ サイズを選択します。Select the badge size that best suits your needs.

    バッジ サイズBadge size 外観How it looks
    小さなSmall 小型の AppSource バッジのスクリーンショット
    Medium 中型の AppSource バッジのスクリーンショット
    大規模なLarge 大型の AppSource バッジのスクリーンショット
  3. リンクを直接たどって、アプリまたはアドインの Web ページにバッジを追加します。Add the badge to your app or add-in webpage, directly following the link. このようにすると、対象アプリまたはアドインを AppSource からダウンロードできることがユーザーに明確になります。This makes it clear to your users that they can download your app or add-in from AppSource.

Azure AD を使用して Office 365 Web アプリを Office 365 アプリ起動ツールに追加することもできます。You can also add your Office 365 web app using Azure AD to the Office 365 app launcher. 詳細については、「Office 365 アドインの起動ツールにアドインを表示させる」を参照してください。For information, see Have your add-in appear in the Office 365 add-in launcher.

AppSource バッジを使用するためのガイドラインGuidelines for using the AppSource badge

以下のガイドラインが、Web ページで AppSource バッジを使用するときに適用されます。The following guidelines apply to using the AppSource badge on your webpage:

  • AppSource バッジを、視覚上、見分けがつくようにしてください。ページ上で他のアイコンやブランド イメージとバッジが重なってしまったり、取り込まれたりしないようにします。Make the AppSource badge visually distinct. Do not overlap it with or incorporate it within any other icon or brand image on your page.
  • バッジを変更しないでください。Do not modify the badge.
  • バッジを Web ページにおける主要な要素にしないてください。Do not make the badge the primary element on your webpage.
  • 法律や規制に違反するページ、または好ましくない内容が含まれるページでバッジを使用しないでください。成人向けコンテンツ、ギャンブルや暴力を助長する内容、ヘイトスピーチなどが含まれていたり表示されたりするページなどがそれに該当します。Do not use the badge on any pages that violate laws or regulations or that contain otherwise objectionable content. This includes pages that contain or display adult content, promote gambling, promote violence, or contain hate speech.
  • ユーザーがバッジを選択すると、リンクによって AppSource 内の対象ページが開くこと、対象のアプリまたはアドインが AppSource で利用可能なことを確認してください。Make sure that when users choose the badge, the link opens your page in AppSource, and that your app or add-in is available in AppSource.

ローカライズされたバージョンのバッジが必要な場合は、こちらにお問い合わせくださいIf you need a localized version of the badge, contact us.

自分のサイトに掲示した AppSource バッジから AppSource 登録リストへのリンクを作成するときには、次に示すクエリ パラメーターを URL の末尾に含めます。When you link from the AppSource badge on your site to your listing in AppSource, include the following query parameters at the end of the URL:

  • mktcmpid: 最大 16 文字のマーケティング キャンペーン ID (任意の文字、数字、_、-)。mktcmpid - Your marketing campaign ID, which can include up to 16 characters (any letter, number, _, and -). たとえば、blogpost_12。For example, blogpost_12.
  • mktvid: 自分のストア プロバイダーの URL に含まれているストア プロバイダー ID。mktvid - Your Store Provider ID, which is included in the URL of your Store Provider page. たとえば、PN102957641。For example, PN102957641.

次の例は、これら 2 つのクエリ パラメーターを含む URL を示しています。The following example shows a URL that includes the two query parameters:

https://appsource.microsoft.com/product/office/WA102957661?src=website&mktcmpid=blogpost_12

AppSource URL にこれらのパラメーターを追加すると、顧客がどこからアクセスしているかに関する情報を Microsoft が把握できるようになります。Adding these parameters to your AppSource URL enables us to provide more information about where your customers are coming from. 今後、ストア プロバイダー ID を含めると、ご利用の Web ページから AppSource に移動した顧客数のカウントが提供されます。In the future, when you include your Store Provider ID, we can provide you counts of the number of customers who go to AppSource from your webpage.

キャンペーンのパフォーマンスを追跡して対象ユーザーに合わせてアドインをカスタマイズするTrack your campaign performance and customize your add-in for targeted audiences

注意

現時点では、AppSource 内の無料の Word アドイン、Excel アドイン、PowerPoint アドインに適用されます。This currently applies to Word, Excel, and PowerPoint add-ins that are free in AppSource.

販売促進キャンペーンから AppSource 内の無料の Word アドイン、Excel アドイン、または PowerPoint アドイン ページにリンクさせる場合、URL の末尾に次のクエリ パラメーターを含めます。When you link from your promotional campaigns to your free Word, Excel, or PowerPoint add-in page in AppSource, include the following query parameters at the end of the URL:

  • mktcmpid: 最大 16 文字のマーケティング キャンペーン ID (任意の文字、数字、_、-)。mktcmpid - Your marketing campaign ID, which can include up to 16 characters (any letter, number, _, and -). たとえば、blogpost_12。For example, blogpost_12.
  • mktvid: 自分のストア プロバイダーの URL に含まれているストア プロバイダー ID。mktvid - Your Store Provider ID, which is included in the URL of your Store Provider page. たとえば、PN102957641。For example, PN102957641.

次の例は、これら 2 つのクエリ パラメーターを含む URL を示しています。The following example shows a URL that includes the two query parameters:

https://appsource.microsoft.com/product/office/WA102957661?src=website&mktcmpid=blogpost_12

これらのパラメーターをキャンペーン URL に追加すると、キャンペーンのユーザー フィルターに関する詳しい情報が得られます。Adding these parameters to your campaign URL enables us to provide more information about your campaign's user funnel.

mktcmpid パラメーターは起動ドキュメントにまで渡されます。The mktcmpid parameter is passed all the way to the launch document. これにより、無料の Word アドイン、Excel アドイン、または PowerPoint アドインの最初のユーザー エクスペリエンスをカスタマイズできます。たとえば、特定のスプラッシュ画面や対象ユーザーへのウェルカム メッセージを表示できます。This allows you to customize the first user experience of your free Word, Excel, or PowerPoint add-in to, for example, display a specific splash screen or welcome message to your targeted audience.

ドキュメントが対象のユーザーのために読み込みを行うとき、mktcmpid パラメーターは、Settings オブジェクトがサポートされている Office クライアントにおいて、アドインの Settings オブジェクト で Microsoft.Office.CampaignId として使用できます。When the document loads for the targeted user, the mktcmpid parameter is available in the Settings object of the add-in as a Microsoft.Office.CampaignId, in Office clients where the Settings object is supported. 次のコードを使用して、Settings オブジェクトから Microsoft.Office.CampaignId を読み取ります。Use the following code to read the Microsoft.Office.CampaignId from the Settings object.

if (Office.context.document.settings) { 
               return Office.context.document.settings.get("Microsoft.Office.CampaignId"); 
                } 

ドキュメントに送られる値は、mktcmpid パラメーターの値です。The value that is sent to the document is the value of the mktcmpid parameter.

関連項目See also