AppSource に提出されたアプリとアドインの検証ポリシー (バージョン 2.2)Validation policies for apps and add-ins submitted to AppSource (version 2.2)

このドキュメントでは、Office アドイン、SharePoint アドイン、Microsoft Teams アプリ、および Power BI カスタム ビジュアルが AppSource に登録される資格があるかどうかを検証するために使用する基準について説明します。This document describes the criteria that are used to validate that Office Add-ins, SharePoint Add-ins, Microsoft Teams apps, and Power BI custom visuals are eligible to be listed in AppSource. AppSource に登録されているソリューションは、製品内ストアの Office にも表示されます。Solutions listed in AppSource also appear in Office in the in-product Store.

1. アプリとアドインは顧客に価値を提供する1. Apps and add-ins provide value to the customer

ポリシー番号Policy number 説明Description
1.11.1 アプリまたはアドインは、Office や SharePoint の機能を AppSource の顧客向けに拡張する、独自の価値や利便性をアプリまたはアドインのエクスペリエンスの中で提供するものでなければなりません。Your app or add-in must offer unique value or utility within the app or add-in experience that extends Office or SharePoint functionality for AppSource customers.
1.21.2 アプリまたはアドインは説明に従った動作をし、未完成の状態であってはなりません。Your app or add-in must work according to your description, and must not be in an unfinished state.
1.31.3 アプリまたはアドインの試用版の機能は、有料バージョンの機能とある程度類似している必要があります。Your app or add-in's trial functionality must reasonably resemble its paid version.

2. アプリまたはアドインは特定の広告を表示できる2. Apps or add-ins can display certain ads

ポリシー番号Policy number 説明Description
2.12.1 アプリまたはアドインに広告を含めることができます。アプリまたはアドインの主な目的は、広告の表示以外である必要があります。Apps or add-ins can contain ads. The primary purpose of the app or add-in must be more than the display of the advertisement.
2.22.2 アプリまたはアドイン内の広告は、ポリシー 6 で説明しているコンテンツ ポリシーに準拠している必要があります。Ads in your app or add-in must comply with our content policies, described in policy 6.
2.32.3 広告はアプリまたはアドインの機能を損なわず、広告デザイン ガイドラインに適合する必要があります。Ads should not interfere with app or add-in functionality and should match our ad design guidelines.
2.42.4 スクリーンショット、テキスト、販売促進イメージなど、アプリまたはアドインの説明の要素はアプリまたはアドインを説明するものでなければならず、付加的な広告を含んでいてはなりません。The elements of your app or add-in's description, such as screenshots, text, and promotional images, must describe your app or add-in and not contain additional advertising.

3. アプリとアドインはアプリまたはアドイン内購入を通じて追加機能または追加コンテンツを販売できる3. Apps and add-ins can sell additional features or content through purchases within the app or add-in

ポリシー番号Policy number 説明Description
3.13.1 Microsoft は現在、アプリおよびアドイン内購入をサポートするためのネイティブ アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) を提供していません。そのような購入のためには、サードパーティの支払いシステムを使用できます。Currently, Microsoft does not provide native application programming interfaces (APIs) to support purchases in apps and add-ins. You may use any third-party payment system for those purchases.
3.23.2 アプリまたはアドインが公示どおりに操作するために追加機能が必要で、その機能に追加の課金が適用される場合には、説明の中で、これらの機能へのアクセスは有料であることをユーザーに明確に通知する必要があります。アプリまたはアドイン内購入やその他の手段を通じて販売している追加機能またはコンテンツをアプリまたはアドインが提供する場合も、通知の必要があります。Where an app or add-in requires additional features to operate as advertised, to which an extra charge applies, you must clearly notify users in your description that those payments are required to access those features. Notification is also necessary if your app or add-in offers additional features or content for sale, either through purchases within the app or add-in or other means.
3.33.3 アプリまたはアドインでクレジット カード情報を収集する場合、またはクレジット カード情報を収集するサードパーティの支払処理を利用する場合、その支払処理は、現在の PCI データ セキュリティ スタンダード (PCI DSS) を満たしている必要があります。If your app or add-in collects credit card information or uses a third-party payment processor that collects credit card information, the payment processing must meet the current PCI Data Security Standard (PCI DSS).
3.43.4 iOS で実行されているアプリまたはアドインに販売目的の追加機能やコンテンツが含まれてはなりません。Apps or add-ins running on iOS must not offer any additional features or content for sale.

4. アプリとアドインは予想どおりに機能する4. Apps and add-ins behave predictably

ポリシー番号Policy number 説明Description
4.14.1 アプリまたはアドインは、応答を停止したり、予想外に終了したり、プログラミング エラーを含んだりしてはなりません。Your app or add-in must not stop responding, end unexpectedly, or contain programming errors.
4.24.2 更新したアプリまたはアドインは、一般的な顧客が予測できない方法でその機能を低下させてはなりません。Your updated app or add-in must not decrease the app or add-in's functionality in a way that would be unexpected to a reasonable customer.
4.34.3 アプリまたはアドインの説明、イメージ、ドキュメント、およびその他の関連するメタデータは、アプリまたはアドインの機能と合致している必要があります。Your app or add-in description, imagery, documentation and any other associated metadata must be consistent with the functionality of the app or add-in.
4.44.4 提出フォームのテスト ノートにあるリソースへのリンクと手順を提供する必要があります。これらのリンクと手順は、Microsoft がアプリまたはアドインを検証するときに必要になります。たとえば、アプリまたはアドインにログイン/パスワードが必要な場合は、テストのために、Microsoft に既存の作業用ログインを提供する必要があります。You must provide instructions and links to resources in the submission form's testing notes that will be needed for Microsoft validation of your app or add-in. If, for example, your app or add-in requires a login/password, you must give Microsoft a pre-existing working login for testing purposes.
4.54.5 アプリまたはアドインは、顧客のドキュメントに予測できない変更を加えてはなりません。Your app or add-in must not make unexpected changes to a customer's document.
4.64.6 アプリまたはアドインは、Microsoft 製品またはサードパーティ製品のセキュリティまたは機能を脅かしたり、損なったりしてはなりません。Your app or add-in must not jeopardize or compromise the security or functionality of Microsoft or third-party products.
4.74.7 アプリまたはアドインは、ウイルス、マルウェア、および悪意のあるソフトウェアと無縁である必要があります。The app or add-in must be free of viruses, malware, and any malicious software.
4.84.8 アプリまたはアドインは、ユーザーの明示的な許可なく、アプリまたはアドイン エクスペリエンスの外部で機能を起動してはなりません。Your app or add-in must not launch functionality outside of the app or add-in experience without the explicit permission of the user.
4.94.9 ある種の UX の読み込みや警告を除いて、すべてのアクションは、3 秒以内に応答する必要があります。No action should take more than three seconds to respond without some type of loading UX or warning.
4.104.10 アプリまたはアドインは、不当に大量のメモリを消費してはなりません。大量のメモリ消費は、平均的な顧客の環境のパフォーマンスを低下させます。Your app or add-in should not consume an unreasonable amount of memory that negatively impacts the performance of an average customer's environment.
4.114.11 アプリまたはアドインの UI は、未完成に見えてはなりません。Your app or add-in UI should not look unfinished.
4.124.12 アプリまたはアドインは、Office 2013、Office 2016、SharePoint 2013、および Office 365 のサポート対象オペレーティング システム、ブラウザー、およびデバイスで完全に動作する必要があります。Your app or add-in must be fully functional with the supported operating systems, browsers, and devices for Office 2013, Office 2016, SharePoint 2013, and Office 365. Office 2013 試用版をダウンロードするには、「Office 2013 - Microsoft Office 365」または「Office 2013 - Microsoft Office 365 Business」を参照してください。To download an Office 2013 trial, see Office 2013 - Microsoft Office 365 or Office 2013 - Microsoft Office 365 Business.

記述されたアプリまたはアドインの機能は、物理的なキーボードやマウスがないタッチのみのデバイスで動作する必要があります。Your app or add-in's described features must work on a touch-only device without a physical keyboard or mouse.
4.12.14.12.1
Office アドインOffice Add-ins
一般的な要件: General requirements:
  • アドインは、Internet Explorer 11 以降の全バージョン、および Microsoft Edge、Chrome、Firefox、Safari (Mac OS) の最新バージョンとの互換性を持つ必要があります。Add-ins must be compatible with all versions of Internet Explorer 11 and later, and the latest versions of Microsoft Edge, Chrome, Firefox, and Safari (Mac OS).
  • アドインは、アドイン マニフェストの Hosts 要素で指定されているすべての Office アプリケーションで機能する必要があります。詳細については、「Office のホストと API の要件を指定する」を参照してください。Your add-in must work in all Office applications specified in the Hosts element in your add-in manifest. For details, see Specify Office hosts and API requirements.
  • アドインは、アドイン マニフェストの Requirements 要素で定義したメソッドをサポートするすべてのプラットフォームで機能する必要があります。どのプラットフォームがどのメソッドをサポートするかの詳細については、「Office アドインを使用できるホストおよびプラットフォーム」を参照してください。Your add-in must work across all platforms that support the methods that you define in the Requirements element in your add-in manifest. For details about which platforms support which methods, see Office Add-in host and platform availability.
プラットフォーム固有の要件:Platform-specific requirements:
  • アドインは、Requirements 要素に一覧表示されている API と互換性のある Office Online アプリケーションをサポートしている必要があります。Office Online でアドインをテストする場合は、「Debug add-ins in Office Online」を参照してください。Your add-in must support Office Online applications that are compatible with the APIs listed in the Requirements element. To test your add-in in Office Online, see Debug add-ins in Office Online.
  • iOS をサポートしているアドインは、最新の iOS オペレーティング システムを使用して最新の iPad デバイスで完全に作動する必要があります。Add-ins that support iOS must be fully functional on the latest iPad device using the latest iOS operating system.
Outlook 固有の要件:Outlook-specific requirements:
  • 目的のシナリオで、(閲覧または新規作成にかかわらず) アドインをすべてのメッセージまたは予定に表示する必要がある場合は、アドイン コマンドをサポートする必要があります。If your scenario requires showing an add-in on every message or appointment (whether in read or compose), it must support add-in commands.
  • Outlook アドインでは、VersionOverrides ノードに CustomPane 拡張点を含めないでください。Outlook add-ins must not include the CustomPane extension point in the VersionOverrides node.
  • アドイン マニフェストにメッセージと予定の読み取りモードの SupportsPinning 要素が含まれている場合、アドインの内容はピン留めされた場合、静的で、メールボックスで開かれているまたは選択されているメッセージに関連したデータを明確に表示する必要があります。If your add-in manifest includes the SupportsPinning element for read mode of a message and/or appointment, the content of the add-in, when pinned, must not be static and must clearly display data related to the message that is open or selected in the mailbox.
  • モバイルをサポートする Outlook アドインは、Outlook アプリでユーザーが所有する電子メール アカウントごとに個別にログインできるようにする必要があります。Outlook add-ins that support mobile must allow users to log on separately for each email account they have in the Outlook app.
Word、Excel、PowerPoint の要件: Word, Excel, and PowerPoint requirements:
  • 作業ウィンドウのマニフェストを使用するアドインは、アドイン コマンドをサポートする必要があります。Add-ins that use the taskpane manifest must support add-in commands.
4.12.24.12.2
SharePoint アドインSharePoint Add-ins
アドインは Windows 7、Windows 10、Internet Explorer 11 とそれ以降の全バージョン、Microsoft Edge、Chrome、Firefox の最新バージョンと互換性を持つ必要があります。Add-ins must be fully functional with Windows 7, Windows 10, all versions of Internet Explorer 11 and later, and the latest versions of Microsoft Edge, Chrome, and Firefox.
4.12.34.12.3
Azure AD を使用する Web アプリWeb apps using Azure AD
アプリが、OAuth プロトコルと OpenID Connect プロトコル、または SAML プロトコルのいずれかを適切に使用している必要があります。詳細については、「Office 365 アドインの起動ツールにアドインを表示させる」を参照してください。Your app must correctly use either OAuth and OpenID Connect protocols, or SAML protocols. For more information, see Have your add-in appear in the Office 365 add-in launcher.

2 種類のアプリがサポートされています。Two types of apps are supported:
  • ユーザーの同意が可能。ユーザーの同意可能なアプリへの認証と同意をブロックすることはできません。ユーザー承認チェックを実行する場合は、認証と同意の後で実行する必要があります。User consentable. A user cannot be blocked from authenticating and consenting to a user consentable app. If you want to do a user authorization check, you must do so after authentication and consent.
  • 管理者の同意が可能。管理者のみが、管理者の同意が可能なアプリに同意できるものとします。これらのアプリケーションでは、テナント データへの広範なアクセス権を与えることができるアクセス許可が必要です。管理者の同意が可能なアプリケーションを提出する場合、そのことをテスト ノートで示します。ユーザーによるアプリへの認証と同意をブロックすることはできません。ユーザー承認のチェックを実行する場合は、認証と同意の後で実行する必要があります。Admin consentable. Only an admin can consent to an admin consentable app. These apps require permissions that can give broad access to the tenant data. If you are submitting an admin consentable app, indicate that in the Testing notes. A user cannot be blocked from authenticating and consenting to an app. If you want to do a user authorization check, you must do so after authentication and consent.
アプリは Windows 7、Windows 10、Internet Explorer 11 以降の全バージョン、および Microsoft Edge、Chrome、Firefox の最新バージョンとの互換性を持つ必要があります。Apps must be fully functional with Windows 7, Windows 10, all versions of Internet Explorer 11 and later, and the latest versions of Microsoft Edge, Chrome, and Firefox.
4.134.13 SharePoint アドインのリモート デバッグ設定は有効にしないでください。Your SharePoint Add-in must not have remote debugging settings enabled.
4.144.14 SharePoint アドイン用のマニフェストに、DebugInfo 要素を含めないでください。The manifest for your SharePoint Add-in must not include the DebugInfo element.
4.154.15 SharePoint アドイン には、エラー ページを除いて非認証のページや API を含めないでください。Your SharePoint Add-in must not have any unauthenticated pages or APIs, with the exception of the error page.
4.164.16 (非認証の) エラーページには、アドイン の別のページや保護された別のリソースへのリンクを含めないでください。The (unauthenticated) error page should not have links to other pages or other protected resources of the add-in.
4.174.17 削除されました。Deleted.
4.184.18 アドイン は、Office アドインと SharePoint アドイン のモデルを介する場合を除き、SharePoint や Office を変更したり、変更を促したりしてはなりません。Your add-in may not alter, or promote the alteration of, SharePoint or Office except via the Office and SharePoint Add-ins model.
4.194.19 アプリ エクスペリエンスで、Microsoft が承認した OAuth フローを通じてユーザーの代わりにアプリが機能することが許可されている場合を除き、ユーザーに対して Microsoft ID (Office 365 または Microsoft Azure の組織アカウント、Microsoft アカウント、Windows ドメイン アカウントなど) の資格情報を開示するように促してはなりません。Your app experience must not prompt a user to disclose the credentials of a Microsoft identity (for example, Office 365 or Microsoft Azure Organizational Account, Microsoft Account, or Windows Domain Account) except through Microsoft approved OAuth flow, where your app is authorized to act on behalf of the user.

詳しくは、「SharePoint アドインのコンテキスト トークン OAUTH フロー」と「SharePoint アドインの認証コード OAUTH フロー」を参照してください。For more information, see Context Token OAuth flow for SharePoint Add-ins and Authorization Code OAuth flow for SharePoint Add-ins.
4.204.20 アプリまたはアドインがその他のサービスやアカウントに依存している場合は、販売者ダッシュボードで提出する説明にこの依存関係を明確に付記する必要があります。If your app or add-in depends on additional services or accounts, this dependency must be clearly called out in the description you submit in the Seller Dashboard.
4.214.21 アプリまたはアドインは、ユーザーの環境に他の実行可能コードをインストールしたり、起動したりしてはなりません。Your app or add-in must not install or launch other executable code on the user's environment.

5. アプリとアドインの制御を顧客に委ねる5. Apps and add-ins put the customer in control

ポリシー番号Policy number 説明Description
5.15.1 プライバシー リンクを提出する必要があります。You must submit a privacy link. リンクされたプライバシー文書には、この旨が明確にタイトルとして記述され、アプリ、アドイン、サービス全体との関連が明確にされていなければなりません。The linked privacy documentation must be clearly titled as such and must clearly relate to your app, add-in, or overall service. ユーザーの Web サイトのみを参照するリンクされた文書は許容されません。Linked documentation that refers solely to your website is not acceptable. プライバシーに関する声明の内容は、アプリまたはアドイン プロバイダーが直接管理する必要があります。また、最低限、どんなユーザー データを収集し保存するか、どのプライバシー管理でユーザー データを保護するか、データをどのように使うかを含める必要があります。The content of the privacy statement must be under the direct control of the app or add-in provider and must contain, at a minimum, what user data is collected and stored, what privacy controls are protecting the users data, and how the data is used. アプリまたはアドインでユーザー情報の収集や転送を行わない場合は、この事実を示した声明へのリンクを作成する必要があります。If your app or add-in does not collect or transmit user information, you must link to a statement that states this fact.
5.25.2 アプリまたはアドインは、同意を得てから、個人情報を公開する必要があります。Your app or add-in must obtain consent to publish personal information.
5.35.3 アプリまたはアドインは、ユーザーに通知せずに、顧客情報やコンテンツを取得または保存してはなりません。Your app or add-in must not obtain or store customer information or content without notifying the user.
5.45.4 アプリまたはアドインは、ユーザーに通知せずに、顧客データを渡したり、送信したりしてはなりません。Your app or add-in must not pass or transmit customer data without notifying the user.
5.55.5 アプリまたはアドインは、意図せずに従量制ネットワークを介して大量のデータを転送してしまうことから顧客を保護する必要があります。Your app or add-in must protect customers from unintentional large data transfers over metered networks.
5.65.6 アプリまたはアドインは、説明で明示的に記述せずに、顧客のジオブロックを実装してはなりません。Your app or add-in must not implement geo-blocking of customers without explicitly stating this in the description.
5.75.7 アプリとアドインは、信頼できる有効な SSL 証明書 (HTTPS) で保護する必要があります。Apps and add-ins must be secured with a valid and trusted SSL certificate (HTTPS). 詳細については、「AppSource への提出についてのよく寄せられる質問」の「アプリおよびアドインを SSL でセキュリティ保護する理由」を参照してください。For more information, see Why do my apps and add-ins have to be SSL-secured? in AppSource submission FAQ.
5.85.8 ユーザーの明示的な操作がない限り、アプリとアドインからポップアップ ウィンドウを開かないようにしてください。ポップアップ ブロックが既定値に設定されている場合、ユーザーの操作によってトリガーされるポップアップ ウィンドウが、ブラウザーのポップアップ ブロックでブロックされることがあってはなりません。Apps and add-ins may not open pop-up windows unless they are triggered by explicit user interaction. Any pop-up windows that are triggered by user interaction must not be blocked by the browser's pop-up blocker when the pop-up blocker is set to the default value.
5.95.9 アプリやアドインで、不当に高いレベルのアクセス許可またはフルコントロール アクセス許可を要求することはできません。Your app or add-in cannot request unreasonably high permissions or full-control permission.

フル コントロール アクセス許可を要求する SharePoint アドインは、AppSource では許可されていません。SharePoint Add-ins that request full-control permissions are not accepted in AppSource.

アプリまたはアドインがフル コントロール アクセス許可を必要とする場合は、ストアのアドインが AppSource プロセス外部の顧客のテナントに展開されているアドインに依存することがあります。If your app or add-in requires full-control permission, your Store add-ins might be dependent on add-ins that are deployed to a customer's tenant outside the AppSource process. 詳細については、「信頼性の高いアクセス許可を持つ AppSource アドインの組み合わせが利用できるようになりました」を参照してください。For more information, see Combining AppSource add-ins with high trust permissions now supported.
5.9.15.9.1 SharePoint アドインは管理者にプロンプトを表示して、アドインがフル コントロール アプリをインストールする必要があることを説明しなければなりません。管理者は、SharePoint アドイン プロバイダーとやり取り (たとえばメールや Web フォーム経由) せずに、このフル コントロール アプリをインストールできなければなりません。SharePoint Add-ins must prompt the administrator to explain that the add-in must install a full-control app. The administrator must be able to install this full-control app without interacting with the SharePoint Add-in provider, for example via email or web forms.
5.9.25.9.2 SharePoint アドインによってインストールされるフル コントロール アプリは、ストアのすべてのポリシーに準拠する必要があります。The full-control app that is installed via the SharePoint Add-in must comply with all Store policies.
5.9.35.9.3 フル コントロール アプリが AppSource の検証ポリシーを満たした場合、AppSource に送信された SharePoint アドインはフル コントロール アプリをインストールするためにのみ機能します。If the full-control app meets the AppSource validation policies, the SharePoint Add-in submitted to AppSource can function only to install the full-control app.
5.105.10 アドイン パッケージまたはマニフェストでアプリまたはアドインのアイコンを指定し、サイズと形式が正しいアイコンを使用する必要があります。You must specify an icon for your app or add-in in your add-in package or manifest, and that the icon must be correctly sized and formatted. 詳細については、「AppSource への提出についてのよく寄せられる質問」の「アプリまたはアドインを AppSource に提出するときの間違いを回避するには?」を参照してください。For more information, see How can I avoid errors when submitting my app or add-in to AppSource? in AppSource submission FAQ.
5.115.11 プライバシー ポリシーと使用条件の情報へのリンクを アドイン の最初の画面に明示するためには、アクセス制限を使用する PowerPoint 用のコンテンツ アドイン が必要です。アドイン でユーザー情報を収集したり転送したりしない場合には、その事実を述べる声明にリンクする必要があります。Content add-ins for PowerPoint which use restricted permissions are required to clearly display links to their Privacy Policy and Terms of Use information on the first screen of the add-in. If your add-in does not collect or transmit user information, you must link to a statement that states this fact.
5.125.12 PowerPoint のコンテンツ アドインは、Office.initialize イベント (JavaScript API for Office) が呼び出されるまではコンテンツ (音声や映像の再生など) をアクティブにしない場合があります。Content add-ins for PowerPoint may not activate their content (e.g. play audio or video) until after Office.initialize event (JavaScript API for Office) has been called. これにより、コンテンツの表示がプレゼンテーションと正しく同期することになります。This ensures that content display will synchronize with presentations correctly.

6. アプリとアドインはグローバルな対象ユーザーに適している6. Apps and add-ins are appropriate for a global audience

ポリシー番号Policy number 説明Description
6.16.1 アプリまたはアドインに成人向けコンテンツを含めることはできません。Your app or add-in must not contain adult content.
6.26.2 アプリまたはアドインに特定の人種、民族、国、言語、宗教、またはその他の社会集団を根拠とする、または個人の性別、年齢、または性的嗜好を根拠とする差別、嫌悪、または暴力を助長するコンテンツを含めることはできません。Your app or add-in must not contain content that advocates discrimination, hatred, or violence based on membership in a particular racial, ethnic, national, linguistic, religious, or other social group, or based on a person's gender, age, or sexual orientation.
6.36.3 アプリまたはアドインに違法な活動を奨励、助長、または美化するコンテンツや機能を含めることはできません。Your app or add-in must not contain content or functionality that encourages, facilitates or glamorizes illegal activity.
6.46.4 アプリまたはアドインに一般の人が猥褻だと見なすコンテンツを含めたり、表示したりすることはできません。Your app or add-in must not contain or display content that a reasonable person would consider to be obscene.
6.56.5 アプリまたはアドインに中傷、名誉棄損、誹毀、または威嚇を引き起こすコンテンツを含めることはできません。Your app or add-in must not contain content that is defamatory, libelous or slanderous, or threatening.
6.66.6 アプリまたはアドインにアルコール飲料、タバコ製品、ドラッグ、武器の過剰または無責任な使用を奨励、助長、または美化するコンテンツを含めることはできません。Your app or add-in must not contain content that encourages, facilitates or glamorizes excessive or irresponsible use of alcohol or tobacco products, drugs or weapons.
6.76.7 アプリまたはアドインに極端または不当な暴力、人権侵害、武器の作成や人または動物に対する使用を奨励、助長、または美化するコンテンツを含めることはできません。Your app or add-in must not contain content that encourages, facilitates or glamorizes extreme or gratuitous violence, human rights violations, or the creation or use of weapons against a person or animal.
6.86.8 アプリまたはアドインに過剰または不当な冒涜を含めることはできません。Your app or add-in must not contain excessive or gratuitous profanity.
6.96.9 アプリ作成者は、選択した名前、コンテンツ、ロゴ、著作権、商標、コード、オンライン サービス、および API を使用する権利があるかどうかを決定することに対して責任を負います。It is your responsibility to determine if you have the right to use the chosen name, content, logos, copyright, trademarks, code, online services and APIs.
6.106.10 アプリまたはアドインは、著作権保護されたコンテンツの不正コピーを助長、推進、または有効化してはなりません。Your app or add-in must not encourage, promote, or enable piracy of copyrighted content.
6.116.11 アプリまたはアドインが暗号化を呼び出す、サポートする、含む、または使用する場合は、提出フォームに詳細を提供する必要があります。You must provide details on the submission form if your app or add-in calls, supports, contains, or uses cryptography.
6.126.12 アプリまたはアドインは、顧客またはその他の個人に身体的または精神的に危害を及ぼす可能性のあるタスクを実行、指示、または奨励するように設計またはマーケティングしてはなりません。Your app or add-in must not be designed or marketed to perform, instruct, or encourage tasks that could cause physical or psychological harm to a customer or any other person.
6.136.13 アプリまたはアドインがゲームのレーティングが必須のマーケットで配布されるゲームの場合は、説明でレーティングを使用できるようにしてください。以下のレーティング機構がサポートされています。 CERO CRB DJCTZ ESRB FPB GRB OFLC - ニュージーランド PEGI USKIf your app or add-in is a game distributed in markets which require a game rating, you must make the rating available in your description. Supported ratings boards include: CERO CRB DJCTZ ESRB FPB GRB OFLC - New Zealand PEGI USK
6.146.14 アプリやアドインは、利用できる地域の該当する法律すべてに準拠している必要があります。Your app or add-in must comply with all applicable laws in the regions in which it is available.

7. アプリとアドインの特定と理解は容易である7. Apps and add-ins are easily identified and understood

ポリシー番号Policy number 説明Description
7.17.1 アプリまたはアドインと共に提出するメタデータは正確である必要があります。The metadata that you submit with your app or add-in must be accurate. 避けるべき一般的な間違いについては、「AppSource への提出についてのよく寄せられる質問」の「アプリまたはアドインを AppSource に提出するときの間違いを回避するには?」を参照してください。For information about common mistakes to avoid, see How can I avoid errors when submitting my app or add-in to AppSource? in AppSource submission FAQ.
7.27.2 アプリまたはアドインは一意の名前を持つ必要があります。Your app or add-in must have a unique name.
7.37.3 アプリまたはアドインのタイトル、説明、画像はその機能を反映する必要があり、ユーザーに誤解を生じさせないようにしなければなりません。機能が説明と一致しないような変更をアプリまたはアドインに加える場合は、アプリまたはアドインを再提出する必要があります。Your app or add-in's title, description, and images must reflect its functionality, and may not mislead the user. If you make changes to your app or add-in such that the functionality does not match the description, you must resubmit your app or add-in.
7.3.17.3.1 アプリまたはアドインと共に提出する画像は、その機能を反映し、ユーザーに誤解を与えないようにする必要があります。The images submitted with your app or add-in must reflect its functionality, and must not mislead the user. 画像は見やすいものであり、アプリやアドインの価値を明確に表している必要があります。They should be legible and clearly show the value proposition of the app or add-in. 画像のベスト プラクティスの詳細については、「効果的な AppSource 画像を作成する」を参照してください。For more information about best practices for images, see Craft effective AppSource images.
7.47.4 アプリまたはアドインのタイトルおよび簡単な説明では、その目的を伝える必要があります。アプリまたはアドインの目的を伝えるのに、ブランドやサービスについて一般的に知られていることだけに頼らないでください。Your app or add-in title and short description must convey its purpose. Do not rely exclusively on familiarity with a brand or service to convey the purpose of your app or add-in.
7.4.17.4.1 提出した言語で簡単に理解できるように、アプリまたはアドインのメタデータ (説明、スクリーンショット、タイトル) をローカライズしてください。You must localize your app or add-in metadata (descriptions, screenshots, title) to be easily understood for each submitted languages.
7.4.27.4.2 アドインを提出するときに選択する第一言語は、アドインのマニフェストで宣言したアドインの機能でサポートされている言語の 1 つにする必要があります。The primary language selected when you submit your add-in must be one of the supported languages within your add-in's functionality as declared in your add-in's manifest.
7.4.37.4.3 このポリシーは、辞書 アドイン の提出には適用されません。This policy does not apply to dictionary add-in submissions.
7.4.47.4.4 アドイン の言語サポートを アドイン のマニフェストに指定してください。You must specify language support for your add-in in your add-in's manifest.
7.4.57.4.5 アプリやアドインの対象が大規模な組織や企業の場合は、タイトルにブランドやサービスを使うことができます。If your app or add-in targets a larger organization or enterprise, the title can use your brand or service. 詳細については、「AppSource の検証ポリシーにより大規模な組織や企業を対象とするアプリとアドインをサポートする」を参照してください。For more information, see AppSource validation policy changes to support apps and add-ins that target larger organizations and enterprises.
7.57.5 複数の言語で表示されるアプリまたはアドインは、見分けやすく、わかりやすくしてください。Apps or add-ins listed in multiple languages must be easily identified and understood. AppSource では、以下の言語でのアプリとアドインの販売をサポートしています。AppSource supports merchandising of apps and add-ins in the following languages:

アラビア語Arabic
ブルガリア語Bulgarian
簡体字中国語Chinese (Simplified)
繁体字中国語Chinese (Traditional)
クロアチア語Croatian
チェコ語Czech
デンマーク語Danish
オランダ語Dutch
英語English
エストニア語Estonian
フィンランド語Finnish
フランス語French
ドイツ語German
ギリシャ語Greek
ヘブライ語Hebrew
ヒンディー語Hindi
ハンガリー語Hungarian
インドネシア語Indonesian
イタリア語Italian
日本語Japanese
カザフ語Kazakh
韓国語Korean
ラトビア語Latvian
リトアニア語Lithuanian
マレー語 (ラテン)Malay (Latin)
ノルウェー語 (ブークモール)Norwegian (Bokmål)
ポーランド語Polish
ポルトガル語 (ブラジル)Portuguese (Brazil)
ポルトガル語 (ポルトガル)Portuguese (Portugal)
ルーマニア語Romanian
ロシア語Russian
セルビア語 (ラテン)Serbian (Latin)
スロバキア語Slovak
スロベニア語Slovenian
スペイン語Spanish
スウェーデン語Swedish
タイ語Thai
トルコ語Turkish
ウクライナ語Ukrainian
ベトナム語Vietnamese

注: 既定では、英語版のアプリとアドインは、ストアがサポートしているすべてのマーケットに配布されます。Note: English apps and add-ins are distributed to all Store-supported markets by default. 販売者は、販売者ダッシュボードで英語版のアプリとアドインの配布をブロックできます。Providers can block English apps and add-ins from distribution via Seller Dashboard. 詳細については、「AppSource への提出についてのよく寄せられる質問」の「アドインの言語サポートを宣言する方法」を参照してください。For more information, see How do I declare language support for my add-in? in AppSource submission FAQ.
7.67.6 アプリまたはアドインは、言語のサポートを偽って宣言してはなりません。Your app or add-in must not falsely declare language support.
7.77.7 宣言する機能は、アプリまたはアドインのコア機能と説明に関連している必要があります。The capabilities you declare must relate to the core functions and description of your app or add-in.
7.87.8 アプリまたはアドインのスクリーンショットを少なくとも 1 つ提供する必要があります。You must provide at least one screenshot of your app or add-in.
7.97.9 アドインのパッケージは、正しい形式で、現行のマニフェスト スキーマに準拠している必要があります。Office アドインの場合、マニフェスト スキーマ バージョン 1.1 が該当します。Your add-in's packages must be correctly formatted and conform to the current manifest schema. For Office Add-ins, this is manifest schema version 1.1.

マニフェスト スキーマ情報の詳細については、「Office アドインのマニフェスト向けのスキーマ リファレンス (v1.1)」と「SharePoint アドインのマニフェストのスキーマ リファレンス」を参照してください。また、「AppSource への提出についてのよく寄せられる質問」の「アドインを AppSource に提出するときに回避すべき一般的なエラーは?」を参照してください。For detailed manifest schema information, see Schema reference for Office Add-ins manifests (v1.1) and Schema reference for manifests of SharePoint Add-ins. See also What are some common errors to avoid when submitting my add-in to AppSource? in AppSource submission FAQ.
7.107.10 アプリまたはアドインに割り当てるカテゴリは、アプリまたはアドインの特性または目的に対応している必要があります。The categories you assign your app or add-in must correspond to the character or purpose of the app or add-in.

: 非生産性アプリまたはアドインはライフスタイルのカテゴリに分類し、これ以外のカテゴリに入れてはなりません。Note: Non-productivity apps or add-ins must be categorized in the Lifestyle category and only in that category.
7.117.11 アプリまたはアドインは、既に提出したアプリまたはアドインと重複してはなりません。Your app or add-in must not be a duplicate of an app or add-in you've already submitted.
7.127.12 アプリまたはアドインに、アプリまたはアドイン名、バージョン情報、および容易に発見できるテクニカル サポート連絡先情報を含める必要があります。Your app or add-in must include the app or add-in name, version information, and technical support contact information that is easily discoverable.
7.137.13 アプリまたはアドインを使用したときのエクスペリエンスは、アドインのマニフェストで宣言した各言語でおおむね同様になるようにしてください。The experience provided by an app or add-in must be reasonably similar in each language as declared in your add-in's manifest.

詳細については、「AppSource への提出についてのよく寄せられる質問」の「アドインの言語サポートを宣言する方法」を参照してください。For more information, see How do I declare language support for my add-in? in AppSource submission FAQ.
7.147.14 アドイン名に "app"、"plug-in"、またはその派生物を含めることはできません。Your add-in name may not include "app" or "plug-in" or derivatives.
7.157.15 Office アドインはすべて、Microsoft がホストする Office.js ファイルを使用する必要があります。All Office Add-ins must use the Microsoft-hosted Office.js file. 詳細については、「AppSource への提出についてのよく寄せられる質問」の「アドインで JavaScript API for Office を参照する方法」を参照してください。For more information, see How do I reference the JavaScript APIs for Office in my add-ins? in AppSource submission FAQ.
7.167.16 Office アドインのマニフェストの SupportURL 要素には、有効なサポート URL を指定する必要があります。You must specify a valid Support URL in the SupportURL element of your Office Add-in manifest.
7.177.17 複数の種類のアプリまたはアドイン (たとえば、価格の違いに応じて使用可能な機能が違う) を送信する場合、製品 ID を変えて別々に送信する必要があります。If you wish to submit multiple variations of an app or add-in (for example, where different functionalities are unlocked at different price points), you must submit these separately, with separate product IDs.
7.17.17.17.1 各アプリまたはアドインの名前は一意である必要があります (Test Add-in、Test Add-in: Premium など)。Each app or add-in must have a unique name (for example, Test Add-in, Test Add-in: Premium).
7.17.27.17.2 複数のアプリまたはアドイン リスト間でバイナリが同じままでも構いません。The binary can remain the same across the multiple app or add-in listings.
7.17.37.17.3 ベスト プラクティスとして、それぞれの説明に複数のアプリまたはアドイン リストが記載されていることをユーザーに通知することをお勧めします。We recommend, as a best practice, that you notify users that multiple app or add-in listings exist in the description for each. これにより、ユーザーはさまざまなコスト/機能の層を利用できることがわかります。This ensures that users are aware that different cost/functionality tiers are available.
7.187.18
教育アプリまたはアドインEducation apps or add-ins
教育アプリまたはアドインは教師や学生によってクラスや研究のコンテキストで使用されます。An education app or add-in is used in a class or study context, by teachers and/or students.

教育アプリまたはアドインは、「教育」カテゴリに提出されます。An education app or add-in is submitted under the "Education" category.

教育アプリまたはアドインは、最低 1 つ、最大 3 つの該当する科目をテスト ノートで指定する必要があります。An education app or add-in must provide in the testing notes at least one and up to three applicable subjects:

数学Math
文学Literacy (English Language Arts)
科学Science
社会学Social Studies
健康とフィットネスHealth and Fitness
エンジニア リングとテクノロジEngineering and Technology
ビジネス、金融、経済Business, Finance, and Economics
コンピューター サイエンスComputer Science
言語Languages
芸術と音楽Art and Music
教職員用のツールとリソースTeaching Tools and Resources

教育アプリまたはアドインは、最低 1 つ、何歳から適用できるのかをテスト ノートで指定する必要があります。An education app or add-in must provide in the testing notes a minimum of one applicable age range:

幼児と幼稚園Preschool and Kindergarten
小学校 (1 年生から 5 年生)Elementary School (1st-5th Grade)
中学校 (6 年生から 8 年生)Middle School (6-8th Grade)
高校 (9 年生から 12 年生)High School (9-12th Grade)
高等教育Higher Education
7.197.19 アプリまたはアドインのタイトルに Microsoft の製品名を使用することができません。You may not use Microsoft product names in your app or add-in title.

注: アドインが複数の Microsoft 製品 (Contoso for SharePoint、Contoso for Outlook、Contoso for Office 365 など) で実行される場合、いくつかの例外が存在することがあります。Note: We may make some exceptions in cases where an add-in runs in multiple Microsoft products; for example, Contoso for SharePoint, Contoso for Outlook, Contoso for Office 365.

8. 有料版のアプリまたはアドインへの更新により、アプリまたはアドインの機能が低下してはなりません8. Updates to paid apps or add-ins must not decrease the app or add-in's functionality

ポリシー番号Policy number 説明Description
8.18.1 アプリまたはアドインの価格/ライセンス条件を更新した場合は、既存の顧客ベースに元の機能を元の価格で提供し続ける必要があります。新しい価格/ライセンス条件は、新しいユーザーのみに適用されます。If you update your app or add-in's pricing/licensing terms, you must continue to offer the original functionality to the existing customer base at the original pricing. New prices and/or licensing terms may only apply to new users.
8.28.2 アプリまたはアドインの価格設定を無料版から有料版に更新した場合は、既存のユーザーに更新前と同じレベルの機能を提供する必要があります。If you update your app or add-in's pricing from free to paid, existing users must receive the same level of functionality as before the update.
8.38.3 アプリまたはアドインをサイト ライセンスの無料サポートからサポートなしに更新した場合は、既存のユーザーに無料サポートを提供し続ける必要があります。If you update your app or add-in from supporting site licenses for free to not supporting them, existing users must continue to be supported for free.
8.48.4 アプリまたはアドインを 1 か月に 10 回以上、また、1 年間に 30 回以上再提出することはできません。Your app or add-in cannot be resubmitted more than ten times per month, up to a total of 30 times per year.
8.58.5 アプリまたはアドインの販売を停止した場合は、アプリまたはアドインをサポートする外部 Web サービスまたは Web ページが 90 日間機能し続けるようにする必要があります。これを怠った場合は、顧客に対する返金義務を負います。If you withdraw your app or add-in from sale, you must ensure any external web services and/or web pages that support the app or add-in will continue to function for 90 days. Failure to do so will make you responsible for refund liability towards your customers.
8.68.6 アプリとアドインは、無料からサブスクリプションの価格設定に変更できます。アプリまたはアドインの価格設定を無料からサブスクリプションに更新する場合は、既存のユーザーに更新前と同じレベルの機能を提供する必要があります。Apps and add-ins may convert from free to subscription pricing. If you update your app or add-in's pricing from free to subscription, existing users must receive the same level of functionality as before the update.

アプリまたはアドインの、有料からサブスクリプションへの切り替えは現在サポートされていません。Converting from a paid to a subscription app or add-in is not currently supported.

9. 返金9. Refunds

ポリシー番号Policy number 説明Description
9.19.1 アプリまたはアドインがいずれかのストア ポリシーに違反する場合は、AppSource から削除される可能性があります。If your app or add-in is found to violate any of our store policies, it can be removed from AppSource. 顧客に払い戻す必要がある場合、その払い戻し分が自分のアカウントに対する保留中の支払いから差し引かれます。If a customer needs to be refunded, the refund will be deducted from any pending payouts to your account.

10. アプリとアドインはサポートされた機能を利用する10. Apps and add-ins utilize supported capabilities

ポリシー番号Policy number 説明Description
10.110.1 有料アプリまたはアドインは、AppSource の商取引要件に従う必要があります。Your paid app or add-in must follow the AppSource commerce requirements. 詳細については、「AppSource への提出についてのよく寄せられる質問」の「有料のアプリまたはアドインを AppSource に提出できますか?」を参照してください。For more information, see Can I submit a paid app or add-in to AppSource? in AppSource submission FAQ.
10.210.2 SharePoint アドインが自動ホスト機能を持つ場合は、AppSource で受け入れられません。If your SharePoint Add-in has autohosting capabilities, it will not be accepted in AppSource. 詳細については、「自動ホスト型アドインのプレビュー プログラムに対する更新」を参照してください。For more information, see Update on Autohosted Add-ins Preview program.
10.310.3 販売者ダッシュボードの提出フォームで指定したアドインのバージョン番号は、アドイン マニフェスト内のバージョン番号と完全に一致している必要があります。The version number you specify for your add-in on the Seller Dashboard submission form must exactly match the version number in the add-in manifest.

アドインのバージョンは、次の構文を使用して指定する必要があります。You must specify your add-in version using the following syntax:

a.b.c.da . b . c . d

a は 1 から 9999 の整数です。また、bcd はそれぞれ 0 から 9999 の整数です。たとえば、1.0.0.0 や 6.23.0.1 のようになります。Where a is an integer between 1-9999, and each of b , c , d are each integers between 0-9999. For example, 1.0.0.0 or 6.23.0.1.

重要: 新しいバージョン番号を含む更新されたマニフェストでアドインをもう一度提出する場合、新しいマニフェストのバージョン番号と一致するように、提出フォームのバージョン番号も更新する必要があります。Important When you resubmit add-ins with an updated manifest that includes a new version number, you must also make sure to update the version number in the submission form to match the version number of the new manifest.
10.410.4 非推奨の機能を利用したアドインは、AppSource では許可されません。Add-ins that utilize deprecated functionality will not be allowed in AppSource. 詳細については、「SharePoint 2013: 古い型およびメンバーのリスト」をご覧ください。For more information, see SharePoint 2013: List of obsolete types and members.
10.510.5 有料版の Outlook アドイン は、サイト ライセンスをサポートする必要があります。Paid Outlook add-ins must support a site license.
10.610.6 有料の アドイン として Access の中でホストされる Office アドインの提出は、現在サポートされていません。Submitting Office Add-ins that are hosted within Access as paid add-ins is not currently supported.
10.710.7 削除されました。Deleted.
10.810.8 iOS または Android で使用できるようになる Office アドインについては、無料にする必要があります。[アプリのタイトル] または [アプリの簡潔な説明] に、"app" を含めないでください。アドインは、アプリ内購入、試用版の提供、有料版へのアップセルを目的とする UI、またはユーザーが他のコンテンツやアプリやアドインを購入または取得できるすべてのオンライン ストアへのリンクと無縁である必要があります。またプライバシー ポリシーと使用条件のページにも、商用の UI またはストアへのリンクがないことが必要です。For your Office Add-in to be available on iOS or Android, it must be free. It must not include "app" in the App Title or App Short Description. Your add-in must be free of in-app purchases, trial offers, UI that aims to upsell to paid, or links to any online stores where users can purchase or acquire other content, apps, or add-ins. Your Privacy Policy and Terms of Use pages must also be free of any commerce UI or Store links.
iOS のアドインの場合は、販売者ダッシュボードの提出フォームで、次に示す操作を実行する必要があります。For add-ins for iOS, you must also do the following on the Seller Dashboard submission form:

該当するチェックボックスをオンにして、Apple の使用条件に同意します。Office アドインは関連する Apple App Store のポリシーすべてに準拠している必要があります。Accept Apple's Terms and Conditions by selecting the appropriate checkbox. Your Office Add-in must be compliant with all relevant Apple App Store policies.

有効な Apple ID を指定します。Provide a valid Apple ID.
10.8.110.8.1 Outlook アドインを iOS または Android で使用可能にするには、Outlook アドインの設計ガイドラインに準拠している必要があります。For your Outlook add-in to be available on iOS or Android, it must comply with the Outlook add-in design guidelines.
10.8.210.8.2 Office for iOS または Office for Android で実行されるアドインのバージョンは、UI や言語、またはユーザーに支払いを求める他のアプリ、へのリンク、アドイン、または Web サイトを表示してはいけません。「無料アカウント」など、「無料」という言葉の使用も許可されていません。アドインにアカウントが必要な場合は、モバイル版のアドインで無料のアカウントのみを作成できます。無料アカウントをアクティブのままにする時間の長さ (無期限または一定の期間) は指定できますが、ユーザーのアカウントが期限切れになった場合でも、ユーザーに支払う必要があることを示す UI やテキスト、リンクは表示できません。The version of your add-in that runs on Office for iOS or Office for Android must not show any UI or language, or link to any other apps, add-ins, or websites, that ask the user to pay. Use of the term “free”, as in “free account”, is also not allowed. If the add-in requires an account, only free accounts can be created in the mobile version of the add-in. You can determine the length of time that the free account remains active (indefinitely or for a limited amount of time); however, if the user’s account expires, you cannot show any UI, text, or links to the user to indicate that they need to pay.
10.910.9 Office アドインは、バージョン 1.1 のマニフェスト スキーマおよび Office.js ライブラリを使用する必要があります。Office Add-ins must use version 1.1 of the Office.js library and the manifest schema.

11. アドインは AppSource の顧客にシームレスで円滑なエクスペリエンスを提供する11. Add-ins provide a seamless and fluid experience for AppSource customers

ポリシー番号Policy number 説明Description
11.111.1 アドインでは、「 Office アドイン設計ガイドライン」と「 SharePoint アドイン設計ガイドライン」に関連する、Office および SharePoint でのカスタマー エクスペリエンスを阻害する問題がある場合は、検証が失敗することがあります。Add-ins can fail validation for issues related to Office Add-in design guidelines and SharePoint Add-in design guidelines and which impede the customer experience within Office and SharePoint.
11.211.2 外部アカウントまたはサービスに依存する アドインでは、シンプルでわかりやすいサインイン/サインアウトおよびサインアップ エクスペリエンスを提供する必要があります。Add-ins that depend on external accounts or services must provide a clear and simple sign in/sign out and signup experience.
11.2.111.2.1 アプリまたはアドインが大規模な組織や企業を対象とし、外部のアカウントまたはサービスに依存している場合、明確でシンプルなサインイン/サインアウト操作を提供する必要があります。個人のユーザーではなく、アプリまたはアドインの外部で企業によりサインアップが管理されているため、サインアップ操作は必要ありません。If your app or add-in targets a larger organization or enterprise and depends on external accounts or services, it must provide a clear and simple sign in/sign out experience. A signup experience is not required, as sign up will be managed by the enterprise outside of the app/add-in and not by the individual user.

詳細については、「AppSource の検証ポリシーにより大規模な組織や企業を対象とするアプリとアドインをサポートする」を参照してください。For more information, see AppSource validation policy changes to support apps and add-ins that target larger organizations and enterprises.
11.311.3 Office アドインは、最初の実行のエクスペリエンスがシームレスなものとなるようにし、価値提供が明確なものである必要があります。ユーザーがサインインまたはサインアップする必要がある場合は、事前にユーザーに対して価値提供を明確にする必要があります。Your Office Add-in must provide a seamless first run experience, with a clear value proposition. If users must sign in or sign up, the value proposition must be clear to the user before they do so.
11.3.111.3.1 アプリまたはアドインの対象が大規模な組織や企業の場合は、シームレスな最初の実行エクスペリエンスや価値提供は求められません。ただし、アドインの UI に、ユーザーがクリックしてサービスに関する詳細を知ることができるように電子メールの連絡先またはリンクのいずれかを含める必要があります。If your app or add-in targets a larger organization or enterprise, a seamless first run experience and value proposition is not required. However, your add-in must include either an email contact or a link in the UI that users can click to learn more about your services.

詳細については、「AppSource の検証ポリシーにより大規模な組織や企業を対象とするアプリとアドインをサポートする」を参照してください。For more information, see AppSource validation policy changes to support apps and add-ins that target larger organizations and enterprises.
11.411.4 アドインの UI (ボタン、リンク、テキスト フィールド) は、直感的かつ目的が明らかである必要があります。基本操作を行うために、ユーザーがサポート コンテンツを読む必要がないようにしなければなりません。詳細については、「 Office アドイン開発のベスト プラクティス」を参照してください。The UI (buttons, links, text fields) of your add-in must be intuitive and obvious in their purpose. Users must not be required to read support content to perform basic operations. For more information, see Best practices for developing Office Add-ins.

12. Office Mix アドイン12. Office Mix Add-ins

ポリシー番号Policy number 説明Description
12.112.1 Office Mix アドイン は、教育を目的としている必要があります。Office Mix Add-ins must be for an educational purpose.
12.212.2 Office Mix アドイン は、Office Mix プラットフォームを使用して作成する必要があります。Office Mix Add-ins must be created using the Office Mix platform.
12.312.3 Office Mix アドイン は無料でなければなりません。Office Mix Add-ins must be free.
12.412.4 Office Mix アドイン を Office Mix に公開する際には、プレイ ビューで始める必要があります。Office Mix Add-ins must start in the Play View when published to Office Mix.
12.512.5 PowerPoint 用のコンテンツ アドインに適用されるすべての制限は、Office Mix アドインにも適用されます。All restrictions that apply to content add-ins for PowerPoint also apply to Office Mix Add-ins.

13. Power BI カスタム ビジュアル13. Power BI custom visuals

ポリシー番号Policy number 説明Description
13.113.1 Power BI カスタム ビジュアルは無料であり、追加購入の対象にならない場合があります。Power BI custom visuals must be free and may not offer additional purchase.
13.213.2 AppSource に提出する Power BI カスタム ビジュアルには、pbviz ファイルと同じ場所に含められた .pbix 形式のサンプル ファイルを添付する必要があります。Power BI custom visuals submitted to AppSource must be accompanied by a sample file included in the same location as the pbviz file, with the .pbix format. 最適なユーザー エクスペリエンスを提供するため、ビジュアルの使用上のヒントをサンプル ファイルに追加することを検討してください。For the best user experience, consider adding Hints and Tips for using the Visual to the sample file.
13.313.3 カスタム ビジュアルは、Power BI Desktop、Power BI Online、Power BI モバイル アプリ、および Power BI Windows ユニバーサル アプリをサポートしなければなりません。Your custom visual must support Power BI Desktop, Power BI Online, Power BI mobile apps, and Power BI Windows universal apps. カスタム ビジュアルは、Windows 10、および Microsoft Edge、Chrome、Firefox、Safari (Mac OS) の最新バージョンと互換性を持つ必要があります。It must be compatible with Windows 10 and the latest versions of Microsoft Edge, Chrome, Firefox, and Safari (Mac OS).
13.413.4 カスタム ビジュアルは、次のものを含む (ただし、これらだけに限定されない) Power BI のコア機能を、そのビジュアル タイプに対してサポートしなければなりません。Your custom visual must support the core functions of Power BI including, but not limited to:

ダッシュボードへのピン留めPinning to dashboard
フィルターFiltering
フォーカス モードFocus mode
書式設定Formatting
種々のデータ型Various data types

14.Microsoft Teams アプリ14. Microsoft Teams apps

ポリシー番号Policy number 説明Description
14.114.1 Microsoft Teams アプリは無料にする必要があります。Your Microsoft Teams app must be free.
14.214.2 ボットに関しては、ユーザーを介してボットのインターフェイスへ金融商品の詳細情報を送信することはできません。ボットでは、ユーザーに対するセキュリティで保護された支払サービスへのリンクを送信できます。ただし、アプリの利用規約とプライバシー ポリシー (および、アプリのプロファイル ページまたは Web サイト) にその旨を明示し、ユーザーがボットの使用に同意しておく必要があります。For bots, your bot may not transmit financial instrument details through the user to bot interface. Your bot may transmit links to secure payment services to users; however, you must disclose this in your app’s terms of use and privacy policy (and any profile page or website for the app) before a user agrees to use your bot.
14.314.3 Microsoft Teams アプリでは、ユーザーの明示的な許可なく、Microsoft Teams アプリのエクスペリエンス以外の機能を起動してはなりません。Your Microsoft Teams app must not launch functionality outside of the Microsoft Teams app experience without the explicit permission of the user.
14.414.4 削除されました。Deleted.
14.514.5 Microsoft Teams アプリは妥当な時間内に応答する必要があります。Microsoft Teams apps must respond in a reasonable timeframe.
14.5.114.5.1 タブの場合、アクションに対する応答に 3 秒以上かかる場合は、読み込みメッセージまたは警告を提供する必要があります。For tabs, if a response to an action takes more than three seconds, you must provide a loading message or warning.
14.5.214.5.2 ボットの場合、ユーザー コマンドに対して 2 秒以内に応答する必要があります。それより処理時間が長くなる場合は、入力インジケーターを使用する必要があります。For bots, a response to a user command must occur within two seconds. If longer processing is required, you must use a typing indicator.
14.5.314.5.3 作成の拡張機能の場合、ユーザー コマンドに対して 5 秒以内に応答する必要があります。For compose extensions, a response to a user command must occur within five seconds.
14.614.6 Microsoft Teams アプリは、以下のオペレーティング システムやブラウザーにおいて完全に機能しなければなりません。Your Microsoft Teams app must be fully functional on the following operating systems and browsers:

Windows 7 以降Window 7 and later
Mac 10.10 以降Mac 10.10 and later
Microsoft Edge 12 以降Microsoft Edge 12 and later
Firefox 47.0 以降Firefox 47.0 and later
Chrome 51.0 以降Chrome 51.0 and later

ボットのエクスペリエンスは、iOS (9.0 以降)、Android (4.4 以降)、Windows Phone (10.0.10586 以降) において完全に機能しなければなりません。Your bot experience must be fully function on iOS (9.0 and later), Android (4.4 and later), and Windows Phone (10.0.10586 and later).
14.714.7 サービス利用規約のリンクを提示する必要があります。You must submit a Terms of Service link.
14.814.8 ボットと作成の拡張機能については、「Microsoft Bot Framework における開発者の倫理規定」に示されているプライバシーに関する声明の要件に必ず従う必要があります。For bots and compose extensions, you will need to ensure that you follow the privacy notice requirements as communicated in the Developer Code of Conduct for the Microsoft Bot Framework.
14.914.9 ボットと作成の拡張機能については、「Microsoft Bot Framework のオンライン サービス契約」と「Microsoft Bot Framework における開発者の倫理規定」に記載されている要件に従って動作する必要があります。Your bot and compose extension must operate in accordance with the requirements set forth in the Microsoft Bot Framework Online Services Agreement and Developer Code of Conduct for the Microsoft Bot Framework.
14.1014.10 Microsoft Team アプリのパッケージは、正しくフォーマットされ、最新のマニフェスト スキーマに準拠する必要があります。Your Microsoft Team app’s package must be correctly formatted and conform to the latest manifest schema. これは、現状ではマニフェスト スキーマ バージョン 1.2 となります。This is currently manifest schema version 1.2.
14.1114.11 ボットについては、すべてのマニフェスト情報は、ボット名、ロゴ、プライバシー リンク、サービス利用規約リンクなどのボットの Bot Framework メタデータと整合性がなければなりません。For bots, all manifest information must be consistent with your bot’s Bot Framework metadata: bot name, logo, privacy link, and terms of service link.
14.1214.12 Microsoft Teams アプリの名前には、"app"、"plug-in"、またはそれらの派生物を含めることはできません。Your Microsoft Teams app name may not include "app", "plug-in", or derivatives.
14.1314.13 Microsoft Teams アプリの UI (ボタン、リンク、テキスト フィールド) は直感的で、その目的が明白である必要があります。ユーザーは、サポート コンテンツを読まなくても、基本的な操作を実行できる必要があります。The UI (buttons, links, text fields) of your Microsoft Teams app must be intuitive and obvious in their purpose. Users must not be required to read support content to perform basic operations.
14.1414.14 Microsoft Teams アプリについて、Microsoft のレビュー、および Microsoft Teams ギャラリーへの発行は、Microsoft Teams アプリを保証していることを意味するものではありません。Microsoft's review and publication of your Microsoft Teams app to the Microsoft Teams gallery is not an endorsement of your Microsoft Teams app.
14.1514.15 Microsoft Teams アプリは、Microsoft Teams アプリの設計ガイドラインに関連する問題、または Microsoft Teams 内のカスタマー エクスペリエンスを阻害する問題の検証に失敗する可能性があります。検証に合格するには、Microsoft Teams アプリが次の要件を満たしている必要があります。Microsoft Teams apps can fail validation for issues related to Microsoft Teams app design guidelines or issues that impede the customer experience within Microsoft Teams. To pass validation, Microsoft Teams apps must meet the following requirements:
  • タブの操作性は、単に既存の Web サイトをホストするだけに留まらず、価値も提供する必要があります。A tab experience must provide value beyond simply hosting an existing website.
  • チャネル タブのコンテンツは、チャネルのすべてのメンバーに対して同じコンテキストであり、個別の使用は範囲外にする必要があります。Content in a channel tab must be contextually the same for all members of the channel and not scoped for individual use.
  • タブ内のコンテンツには、過剰なクロムや階層化されたナビゲーションが存在しないようにする必要があります。Content in a tab should not have excessive chrome or layered navigation.
  • 構成可能なタブでは、ユーザーが同じタブ内のコア エクスペリエンス以外にナビゲートできないようにする必要があります。A configurable tab should not allow users to navigate outside the core experience within the same tab.
  • 構成可能なタブの構成画面では、エクスペリエンスの価値と構成方法を明確に説明する必要があります。The configuration screen of a configurable tab must clearly explain the value of the experience and how to configure it.
  • タブの構成は、構成画面内で行われる必要があります。Tab configuration must happen in the configuration screen.
  • ボットは反応が速く、正常に機能する必要があります。Bots must be responsive and fail gracefully.
14.1614.16 Microsoft Teams アプリは Microsoft Teams のエクスペリエンスに重点を置く必要があります。アプリが特定の相互運用性を提供しない限り、名前、アイコン、または他の同様のチャットベースのコラボレーション プラットフォームやサービスのイメージは含めないでください。Microsoft Teams apps must focus on the Microsoft Teams experience and should not include names, icons, or imagery of other similar chat-based collaboration platforms or services unless the apps provide specific interoperability.
14.1714.17 外部アカウントまたはサービスに依存するアプリでは、シンプルでわかりやすいサインイン/サインアウトおよびサインアップ エクスペリエンスを提供する必要があります。Apps that depend on external accounts or services must provide a clear and simple sign-in/sign-out and sign-up experience. 外部サービスへの認証に依存する Microsoft Teams アプリがチャネルでのコンテンツ共有を許可する場合は、そのヘルプ ドキュメント (または同様の場所) で、ユーザーが共有コンテンツを切断または共有を解除できる方法 (外部サービスで同じ機能がサポートされている場合) を明記する必要があります。Microsoft Teams apps that depend on authentication to an external service to allow content sharing in channels must clearly state in their help documentation (or similar location) how a user can disconnect or unshare any shared content (if the same feature is supported on the external service). このようなコンテンツの共有を解除する機能は、Microsoft Teams アプリに付属している必要はありませんが、プロセスを明確に文書化し、そのドキュメントをアプリ内からアクセス可能にする必要があります。The ability to unshare this content does not have to be present in the Microsoft Teams app, but the process should be clearly documented, and the documentation should be accessible from within the app.
14.1814.18 アプリとユーザーのセキュリティを確保するため、組織の管理以外のドメイン (ワイルドカードを含む) やトンネリング サービスを、マニフェストの有効なドメインに含めることはできません。To help to ensure the security of your app and users, domains outside of your organization's control (including wildcards) and tunneling services cannot be included in the valid domains in your manifest.

終わりにConclusion

これらの要件の発展に伴い、継続的にドキュメントに更新が加えられます。As these requirements evolve, we will continue to update our documentation. 安定した要件は、最適なアドインの開発に不可欠です。したがって、Microsoft は加えられる変更が持続可能なものになるよう努めると共に、アドインの保護および強化を続けます。Stable requirements are critical to your doing your best work, so we aim to ensure that the changes we do make are sustainable and continue to protect and enhance your add-ins.

優れたエクスペリエンスを提供するための取り組みに参加していただき、ありがとうございます。Thank you again for joining us in this commitment to delivering fantastic experiences.

検証ポリシーの変更の一覧Validation policy change list

バージョンVersion 最終更新日時Last modified 説明Description
2.22.2 2018 年 5 月 16 日May 16, 2018 ポリシー 5.1 を更新しました。Updated policy 5.1.
2.22.2 2018 年 3 月 30 日March 30, 2018 ポリシー 5.9 を追加しました。Added policy 5.9.
2.22.2 2018 年 3 月 8 日March 8, 2018 ポリシー 14.18 を追加しました。Added policy 14.18.
2.22.2 2018 年 2 月 20 日February 20, 2018 ポリシー 13.3、14.6、14.10 を更新しました。Updated policies 13.3, 14.6, and 14.10.
2.22.2 2018 年 2 月 19 日February 19, 2018 ポリシー 7.3.1 を更新しました。Updated policy 7.3.1.
2.22.2 2018 年 1 月 22 日January 22, 2018 ポリシー 7.17.2 を更新しました。Updated policy 7.17.2.
2.22.2 2018 年 1 月 11 日January 11, 2018 ポリシー 14.17 を追加しました。Added policy 14.17.
2.22.2 2018 月 1 月 4 日January 4, 2018 ページ全体にわたって Office StoreAppSource に更新しました。Updated Office Store to AppSource throughout page.
2.22.2 2017 年 8 月 9 日August 9, 2017 Office for Android に適用するポリシー 10.8 を更新し、ポリシー 10.8.2 を追加しました。Updated policy 10.8 to apply to Office for Android, and added policy 10.8.2.
2.22.2 2017 年 8 月 4 日August 4, 2017 ポリシー 14.15 と 14.16 を追加しました。Added policies 14.15 and 14.16.
2.22.2 2017 年 7 月 21 日July 21, 2017 ポリシー 7.19 を追加しました。Added policy 7.19.
2.22.2 2017 年 7 月 7 日July 7, 2017 ポリシー 14.4 を削除しました。ポリシー 14.5、14.6、14.8、14.9 を更新しました。Removed policy 14.4. Updated policies 14.5, 14.6, 14.8, and 14.9.
2.22.2 2017 年 5 月 4 日May 4, 2017 Microsoft Teams アプリにセクション 14 を追加しました。Added section 14 for Microsoft Teams apps.
2.12.1 2017 年 2 月 15 日February 15, 2017 Outlook アドインのポリシー 4.12.1 を更新しました。Updated policy 4.12.1 for Outlook add-ins.
2.12.1 2017 年 2 月 8 日February 8, 2017 Power BI カスタム ビジュアルにセクション 13 を追加しました。Added section 13 for Power BI custom visuals.
2.02.0 2017 年 1 月 23 日January 23, 2017 ポリシー 4.12.2 と 4.12.3 を更新しました。Updated policies 4.12.2 and 4.12.3.
2.02.0 2017 年 1 月 17 日January 17, 2017 ポリシー 5.8 を明確にしました。Clarified policy 5.8.
2.02.0 2017 年 1 月 9 日January 9, 2017 ポリシー 4.12.1 を更新して、2017 年 2 月 1 日より、作業ウィンドウのマニフェストを使用する Word、Excel、PowerPoint のアドインにアドイン コマンドが必要であることを記載しました。Updated policy 4.12.1 to state that add-in commands are required for Word, Excel, and PowerPoint add-ins that use the taskpane manifest, effective Feb 1, 2017.
2.02.0 2016 年 11 月 30 日November 30, 2016 大規模な組織や企業を対象とするアプリとアドインに対する新しい検証ポリシーを追加しました。7.4.5、11.2.1、11.3.1Added new validation policies for apps and add-ins that target larger organizations or enterprises: 7.4.5, 11.2.1, 11.3.1
1.91.9 2016 年 4 月 19 日April 19, 2016 ポリシー 4.12、5.9、および 7.3 を更新しました。ポリシー 7.4、11.3、11.4 を追加しました。Updated policies 4.12, 5.9, and 7.3. Added policies 7.4, 11.3, 11.4.

関連項目See also