年がうるう年かどうかを判断する方法

注意

Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 このブログの投稿を参照してください。

概要

この記事では、Microsoft Excel 文書で使用される日付の年がうるう年かどうかを判断する方法について説明します。

詳細情報

Excel で使用される日付システムは、グレゴリオ暦に基づいており、1582 年に教皇グレゴリー 13 世によって最初に確立されました。 この暦は、精度の低いユリウス暦によって発生したエラーを修正するために設計されました。

グレゴリオ暦では、通常の年は 365 日で構成されます。 恒星暦の実際の長さ (地球が太陽の周りを一度回転するのに必要な時間) は実際には 365.25635 日であるため、366 日の「うるう年」を 4 年に 1 回使用し、通常の (ただし短い) 3 年間によって引き起こされる誤差を排除します。 4 で均等に割り切れる年はうるう年です。たとえば、1988 年、1992 年、1996 年はうるう年です。

ただし、まだ考慮しなければならない小さな誤差があります。 この誤差を排除するために、グレゴリオ暦では、100 で均等に割り切れる年 (たとえば、1900 年) は、400 で均等に割り切れる場合にのみうるう年であることを規定しています。

このため、次の年はうるう年ではありません。

1700 年、1800 年、1900 年、2100 年、2200 年、2300 年、2500 年、2600 年

これは、100 で割り切れるが、400 で割り切れないためです。

次の年はうるう年です。1600 年、2000 年、2400 年

これは、100 と 400 の両方で割り切れるためです。

Excel 97 より前のバージョンの Microsoft Excel では 1900 年から 2078 年までの間にしか処理しないため、1900 年だけが、Microsoft Excel のうるう年の 100/400 除外規則の対象となります。 ただし、他のプログラムとの互換性を保つために、Microsoft Excel では 1900 年をうるう年として扱います。  

年がうるう年かどうかを判断する方法

年がうるう年かどうかを判断するには、次の手順を実行します。

  1. 年が 4 で均等に割り切れる場合は、手順 2 に進みます。 そうでない場合は、手順 5 に進みます。
  2. 年が 100 で均等に割り切れる場合は、手順 3 に進みます。 そうでない場合は、手順 4 に進みます。
  3. 年が 400 で均等に割り切れる場合は、手順 4 に進みます。 そうでない場合は、手順 5 に進みます。
  4. 年はうるう年です (366 日)。
  5. 年はうるう年ではありません (365日)。

年がうるう年かどうかを判断する式

次の数式を使用して、セル (この例ではセル A1) に入力された年番号がうるう年かどうかを判断します。

=IF(OR(MOD(A1,400)=0,AND(MOD(A1,4)=0,MOD(A1,100)<>0)),"Leap Year", "NOT a Leap Year")  
セル A1 の値が以下である場合 数式が返す結果
1992 うるう年
2000 うるう年
1900 うるう年ではない