Excel で「プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました」というエラーが発生する

注意

Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 このブログの投稿を参照してください。

現象

Microsoft Excel で次のエラーメッセージが表示されることがあります。 これは、Excel の内部で実行されているプロセスによって Excel を閉じられなくなっていることを示します。 プログラムにコマンドを送信中にエラーが発生しました。

解決方法

この問題を解決するには、以下の方法を記載されている順に試してください。

方法 1: DDE の無視の設定を変更する

この設定を修正するには、次の手順に従います。

  1. [ファイル] > [オプション] を選択します。
  2. [詳細設定] を選択し、[全般] まで下にスクロールし、[Dynamic Data Exchange (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する] チェック ボックスをオフにします。****
  3. [OK] を選択します。

この問題は、Excel オプションで [ Dynamic Data Exchange (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する ] チェック ボックスがオンになっている場合に発生することがあります。 

エクスプローラーで Excel ブックをダブルクリックすると、Dynamic Data Exchange (DDE) メッセージが Excel に送信されます。 このメッセージは、ダブルクリックされたブックを開くように Excel に指示します。

上述の "無視する" オプションを選択していると、Excel が別のプログラムから送信された DDE メッセージを無視します。 そのため、エクスプローラーが Excel に送信した DDE メッセージが無視され、Excel はダブルクリックされた Excel ブックを開きません。

注意

DDE を無効にする方法の詳細については、以下のマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。

211494 Excel で「プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました」というエラーが発生する

この手順を実行しても問題が解決されない場合は、方法 2 に進みます。

方法 2: User Experience Virtualization (UE-V) を修復する

実行している User Experience Virtualization (UE-V) を更新する場合は、Microsoft User Experience Virtualization 2.0 の修正プログラム パッケージ 1 (KB2927019) をインストールします。

UE-V を実行しているかどうかがわからない場合は、コントロール パネルの [プログラムと機能] の一覧にあるプログラムを確認してください。 "会社設定センター" という項目がある場合は、UE-V を実行しています。

この手順を実行しても問題が解決されない場合は、方法 3 に進みます。

方法 3: ファイルの関連付けをリセットする

システムのファイルの関連付けが正しく機能しているかどうかをチェックするために、Excel のファイルの関連付けを既定の設定にリセットします。 これを行うには、オペレーティング システムに応じて、次の手順を実行します。Windows 10

  1. Excel ブックを右クリックし、[プログラムから開く] をポイントして、[その他のアプリ] をクリックします。
  2. このファイルの種類を開くために使用する Excel のバージョン (Excel 2016 など) を選択します。
  3. [常にこのアプリを使って .xlsx ファイルを開く] をクリックして選択します。
  4. [OK] をクリックします。

Windows 8

  1. [スタート] 画面で、「コントロール パネル」と入力します。
  2. コントロール パネル] を選択します。
  3. 既定のプログラム] > [ 既定のプログラムの設定] を選択します。
  4. Excel] > [ 既定でこのプログラムで開く項目を選択する] を選択します。
  5. [プログラムの関連付けを設定する] 画面で [ すべて選択] > [ 保存] を選択します。

Windows 7

  1. スタート] > [ コントロール パネル] を選択します。
  2. 既定のプログラム] を選択します。
  3. ファイルの種類またはプロトコルを特定のプログラムへ関連付けます] を選択します。
  4. [Microsoft Excel ワークシート] を選択して、[プログラムの変更] を選択します。
  5. [推奨されたプログラム] で、[ Microsoft Excel] を選択します。
  6. この一覧に Excel が表示されていない場合は、[ 参照] を選択して Excel のインストール フォルダーを見つけ、[ Excel.exe] > [ Excel] を選択します。

この手順を実行しても問題が解決されない場合は、方法 4 に進みます。

方法 4: Office を修復する

Office のプログラムを修復します。 このためには、インストールの種類とオペレーティング システムに応じて、以下の手順に従います。

Office 365 のクイック実行インストールの場合

Windows 10

  1. 検索ボックスに「コントロール パネル」と入力し、検索結果の [コントロール パネル] をクリックします。
  2. [プログラム] で [プログラムのアンインストール] をリックします。
  3. [Microsoft Office 365] > [変更] をクリックします。
  4. [オンライン修復] > [修復] をクリックします。

注意

修復の完了後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。 Windows 8

  1. [スタート] 画面で、「コントロール パネル」と入力します。
  2. コントロール パネル] を選択します。
  3. [プログラム] の [ プログラムのアンインストール] を選択します。
  4. [ **Microsoft Office 365 **] > [ 変更] を選択します。
  5. オンライン修復] > [ 修復] を選択します。

注意

修復プロセスの完了後にコンピューターを再起動しなければならない場合があります。

Windows 7

  1. スタート] > [コントロール パネル] を選択します。
  2. [プログラムと機能] をダブルクリックします。
  3. [ **Microsoft Office 365 **] > [変更] を選択します。
  4. [オンライン修復] > [ 修復] を選択します。

注意

修復の完了後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

修復の完了後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

Office 2016、2013、2010、または 2007 をインストールしている場合

Office 2016、2013、2010 または 2007 のプログラムを修復するには、次の Office Web サイトで説明されている手順に従ってください。  Office プログラムを修復する

この手順を実行しても問題が解決されない場合は、方法 5 に進みます。

方法 5: アドインを無効にする

Excel アドイン プログラムと COM アドイン プログラムが原因でこの問題が発生することがあります。 この 2 種類のアドインは、それぞれ異なるフォルダーにあります。 アドインを一度に 1 つだけ無効にしてテストし、どのアドインが競合しているかを突き止めます。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. [ファイル] メニューで [ オプション] > [ アドイン] を選択します。
  2. 画面下端にある [管理] の一覧で [COM アドイン]  > [ 設定] をクリックします。
  3. 一覧にあるアドインのチェック ボックスの 1 つをオフにして [ OK] をクリックします。
  4. 開きたい Excel ブックのアイコンまたはファイル名をダブルクリックして、Excel を起動します。
  5. 問題が解決されない場合は、手順 1. ~ 4. を繰り返します。ただし、手順 3. で別のアドインのチェック ボックスをオフにしてください。
  6. すべての COM アドインのチェック ボックスをオフにしても問題が解決されない場合は、手順 1. ~ 4. を繰り返します。ただし、今回は手順 2. で [Excel アドイン] を選択し、手順 3. で一覧にある Excel アドインを 1 つずつオフにしてください。

Excel で正常にファイルが開いた場合は、直前にオフにしたアドインが原因です。 この場合は、アドインの製造元の Web サイトで、アドインの最新版を入手可能かどうかを確認してください。 アドインの最新版がない場合や、アドインを使用できなくても差し支えない場合は、アドインをオフのままにしておきます。

すべてのアドインをオフにしても、Excel でファイルが開かない場合は、アドイン以外が問題の原因です。

この手順を実行しても問題が解決されない場合は、方法 6 に進みます。

方法 6: ハードウェア アクセラレータを無効にする

この問題を解決するために、ビデオ カードの製造元から修正プログラムがリリースされるまで、ハードウェア アクセラレータを無効にしておきます。 ビデオ カード ドライバーの新バージョンがリリースされているかどうかを定期的にチェックしてください。

ハードウェア アクセラレータを無効にするには、次の手順に従います。

  1. 任意の Office 2013 プログラムを起動します。

  2. [ファイル] タブの [ オプション] を選択します。

  3. [オプション] ダイアログ ボックスの [ 詳細設定] を選択します。

  4. 使用可能なオプションの一覧にある [ハードウェアのグラフィック アクセラレータを無効にする] チェック ボックスをオンにします。

    次のスクリーンショットは、Excel のこのオプションを示しています。

    次のスクリーンショットは、Excel のこのオプションを示しています。

  5. OK] を選択します。

注意

ハードウェア アクセラレータの詳細については、「 Office 2013 クライアント アプリケーションでのパフォーマンスと表示の問題 (KB2768648)」を参照してください。

この手順を実行しても問題が解決されない場合は、方法 7 に進みます。

方法 7: 最新の更新プログラムを確認またはインストールする

推奨される更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールするように Windows Update を設定しなければならない可能性があります。 重要な更新プログラムや推奨される更新プログラム、オプションの更新プログラムをインストールすると、古くなったファイルが置き換わり、脆弱性が修正されて、問題が解決することがよくあります。

Office 製品の更新プログラムの詳細については、以下のマイクロソフト サポート技術情報と Web サイトを参照してください。  Office 更新プログラム

Microsoft サポート

詳細情報

このエラーの原因には、さまざまなことが考えられます。

  • Excel ブックが、アクティブなアプリケーションのデータにアクセスしようとしている。
  • Excel プログラムに追加されたアドインが多すぎるか、破損したアドインがある。
  • 次の操作を行おうとした可能性があります。
    • サードパーティ製のアドインまたはアプリケーションを使用する。
    • 埋め込まれたオブジェクトを開く。
    • ファイルを保存するか開く。
    • [添付ファイルとして送信] オプションを使用する。
    • Excel ブックから別のアプリケーションを呼び出す。

この問題の詳細と他のトラブルシューティング手順については、次のマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。

2616247 Excel 2010 ファイルを開くと「プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました」と表示されるのはなぜですか? (簡単な修正記事)

2994633 Excel: ファイル アイコンまたはファイル名をダブルクリックすると Excel の空白画面が表示される問題の解決方法