Office 2016 for Mac 64 ビット アップグレード

注意

Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 このブログの投稿を参照してください。

要約

Mac Office 2016 の既存のバージョンは、8 月の製品リリース (バージョン 15.25) の一環として、64 ビット バージョンの Word、Excel、PowerPoint、Outlook、および OneNote にシームレスにアップグレードされます。 これは、Retail、Office 365 コンシューマー、Office 365 商用ライセンス、ボリューム ライセンス のインストールなど、すべてのライセンスの種類のお客様に影響します。

64 ビット更新プログラムの展開オプション

AutoUpdate (MAU)

Microsoft AutoUpdate (MAU) を使用して Office アプリケーションを最新の状態に保つ場合、選択したチャネルを 64 ビット ビルドにアップグレードすると、"定期的な" 月次更新通知が表示されます。 ローカル コンピューターにインストールされているバージョンに応じて、MAU はデルタまたは完全な更新プログラムを提供します。 更新プログラム パッケージのサイズは、32 ビットバージョンと 64 ビット バージョンの間で変更されません。 また、MAU は、32 ビットから 64 ビットのアプリケーションにユーザーを更新するために適用可能な場合にデルタ更新プログラムを提供できます。 したがって、お客様はダウンロード アクティビティの急激な増加は発生し得ない。 Production チャネルへのリリースでは、更新タイトルに "(64 ビット)" と表示され、これが 64 ビット更新プログラムであるのを認識します。

MAU の使い方については、「更新プログラムを自動的にOffice for Mac する」を参照してください

更新プログラムの確認

手動更新

8 月のリリースの Office for Macは、手動でダウンロードできます。 次のファイルは、インストール時に既存の 32 ビット アプリケーションを 64 ビットバリアントに置き換える 64 ビット パッケージを提供します。

ダウンロード2016 Microsoft Office Mac 8 月の更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします

ウイルス スキャンの要求

Microsoft は、ファイルが投稿された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用して、このファイルをスキャンしてウイルスを検出しました。 ファイルはセキュリティが強化されたサーバーに保存され、未承認の変更を防ぐのに役立ちます。

ボリューム ライセンス サービス センター

ボリューム ライセンスのお客様は、通常Office 2016 ソフトウェアをボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) から入手します。 これらのビルドは頻繁に更新され、通常は新しい言語エディションに合わせて配置されます。 VLSC は、2016 年 11 月まで 32 ビット インストーラー (15.23) を提供し続ける予定です。 ただし、8 月以降にリリースされるすべてのアップデータ パッケージは、64 ビット ビルドに基づいて作成されます。 したがって、手動または自動更新を介して更新する VLSC のお客様は、64 ビット ビルドに移行されます。

詳細情報

64 ビットのみ

Mac オペレーティング システムは数年前から 64 ビットです。 Windows の場合とは異なり、32 ビット版または 64 ビット版の Mac オペレーティング システムを実行する方法はありません。 同様に、2016 for Mac の 32 ビット バージョンと 64 ビット バージョンOffice提供する予定です。 ロールアウト スケジュールごとに各 "チャネル" が移行された後、使用できるビルドは 64 ビットのみです。

サード パーティ製のアプリケーションとアドインへの影響

2016 年 4 月に 64 ビット Office for Macへの移行が発表されました。 IT プロは、アップグレードの影響を評価するために、管理するユーザーに展開されるコンパイル済みアドインを理解する必要があります。 次のMicrosoft Office Web サイトは、Mac 用の 2016 年 2016 年と共に使用される、より一般的なアドインに影響する問題Office示しています。

Office for Mac のインストールやライセンス認証ができない場合の対応策

製品アーキテクチャを検査するためのツール

Office アプリケーションのアーキテクチャ (つまり、32 ビットまたは 64 ビットビルドのかどうかを理解するには) を確認するには、アプリケーションを起動し、アクティビティ モニターを開き、[種類] 列を 有効 にします。

アクティビティ モニター

ターミナル セッションで file コマンドを使用してバイナリを検査することもできます。 この使用のために、「file -N」と入力<バイナリ ファイルのパス>。 このメソッドは、サード パーティ製アドインを含む任意のバイナリ ファイルで使用できます。

file Command

file コマンドは、3 つの値のいずれかを返します。

戻り値 意味
Mach-O 64 ビットの実行可能ファイルx86_64 64 ビット バイナリ
Mach-O 実行可能ファイル i386 32 ビット バイナリ
Mach-O 64 ビットの実行可能ファイルx86_64 FAT バイナリ (32 ビットプロセスと 64 ビット プロセスの両方と互換性があります)
Mach-O 実行可能ファイル i386 FAT バイナリ (32 ビットプロセスと 64 ビット プロセスの両方と互換性があります)

32 ビット インストールに戻すオプション

64 ビット対応ではないコードを変更する必要がある場合があります。 お客様がすぐに 64 ビット ビルドに移行できない場合は、既定の 64 ビット更新プログラムに加えて、15.25 リリースの 1 回 32 ビット更新プログラムを提供します。 32 ビットの更新プログラムは、CDN から手動でダウンロードOfficeされます。

Mac 用 Office 2016 (15.25.160818) の最新の 32 ビット リリースは、 からダウンロードできます https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=823192

32 ビット リリースを手動でインストールしたお客様には、64 ビット バージョンの 15.25 ~ MAU は提供されません。 ただし、MAU は 2016 年 9 月に 64 ビット バージョンの 15.26 を提供します。 したがって、お客様は 32 ビット ビルドに残る時間が限られています。

お客様が既に Office for Mac 15.25 の 64 ビット更新プログラムにアップグレードし、32 ビット バージョンに戻す場合は、次の手順を実行します。

  1. 2016 年Office開いているすべてのアプリケーションを終了します。
  2. Safari を起動し、参照して 32 ビット インストーラーのダウンロード https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=823192 を開始します。
  3. ダウンロードしたパッケージをダブルクリックし、指示に従います。

64 ビット インストールのビルド日は 160817 です。 32 ビット バージョンのビルド日は 160818 です。