"32 ビット版 Office 製品がインストールされているため、64ビットバージョンの Office 2010 をインストールできません" というエラーメッセージが表示される

症状

64ビット版の Microsoft Office 2010 スイートまたは64ビットバージョンの Microsoft Office 2010 製品をインストールしようとすると、インストールプロセスの開始時に次のエラーメッセージが表示されます。

You cannot install the 64-bit version of Office 2010 because you have 32-bit Office products installed. These 32-bit products are not supported with 64-bit installations:

<products>

If you want to install 64-bit Office 2010, you must uninstall all 32-bit Office products first, and then run setup.exe in the x64 folder. If you want to install 32-bit Office 2010, close this Setup program, and then either go to the x86 folder at the root of your CD or DVD and run setup.exe, or get the 32-bit Office 2010 from the same place you purchased 64-bit Office 2010.

[>製品の <] プレースホルダーには、microsoft office の任意のバージョンと、microsoft office に適用される Microsoft ダウンロードセンターとは別にダウンロードしたすべてのコンポーネントが表示されます。 これらの製品の一覧については、「詳細情報」セクションを参照してください。

原因

64ビット版の Office 2010 は、Office 2010 製品の32ビットバージョン、または「詳細」セクションに記載されている Office の32コンポーネントの2010ビットバージョンと互換性がありません。

また、64ビットバージョンの Office 2010 製品と32ビットバージョンの Office 2010 製品を同じコンピューターにインストールすることはできません。 たとえば、32ビット版の Microsoft Office Professional 2010 をインストールしてから、64ビットバージョンの Microsoft Project Professional 2010 をインストールしようとすると、「Symptoms」セクションに記載されているエラーメッセージが表示されます。

解像度

64ビット版の Office 2010 をインストールするには、エラーメッセージに記載されている製品をアンインストールする必要があります。 エラーメッセージに表示されている製品を確認し、Windows のバージョンに応じて次の手順を実行します。 (エラーメッセージに表示される製品名は、それらをアンインストールするために使用する [プログラム] コントロールパネルに表示されるものと同じ製品名です。)

Office を削除するには、「 PC から office をアンインストールする」を参照してください。

また、次の手順を使用して、1つのコンポーネントを削除することもできます。

Windows Vista または Windows 7

  1. エラーメッセージが画面に表示されている間に、一覧表示されている製品の名前をメモします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  3. [プログラム] で、[プログラムのアンインストール] をクリックします。
  4. 手順1でメモした製品の1つを見つけて、製品名を右クリックし、[アンインストール] を選択します。
  5. 手順1でメモしたすべての製品がアンインストールされるまで、手順3を繰り返します。

以前の32ビット版をすべて削除した後、64ビット版の Office 2010 をインストールすることができます。

この解決に関する既知の問題

アンインストール中にコンピューターの再起動が要求される

アンインストールする製品によっては、コンピューターを再起動するようにメッセージが表示されることがあります。 このメッセージが表示されたら、アンインストールプロセスを完了するためにコンピューターを再起動する必要があります。 コンピューターを再起動しないと、後で Office をインストールしようとした場合に、異なるエラーメッセージが表示されることがあります。

アプリケーションの互換性と64ビットバージョンの Office

アプリケーションの互換性のため、64ビットバージョンの Windows でも Office 2010 の32ビットバージョンを使用することを強くお勧めします。 コンピューター上にアドインがある場合は特に、携帯電話を Microsoft Outlook と同期する場合は、アドインの製造元に確認して、64ビットバージョンのアドインがインストールされているかどうかを確認してから、64ビットバージョンの Office 2010 をインストールします。

32ビットと64ビットの両方のバージョンの Office の相違点の詳細については、次の web サイトを参照してください。

Office の64ビット版または32ビット版のどちらかを選択する

Office 2013 の 64 ビット版

Office 2010 の 32 ビット バージョンと 64 ビット バージョンとの互換性

Microsoft では、Office 2010 の次のコンポーネントの32ビットバージョンと64ビットバージョンを提供しています。 これらのコンポーネントの64ビットバージョンをインストールして、Office 2010 の64ビットバージョンと連携させることができます。

  • Microsoft Access データベースエンジン2010
  • Microsoft Access ランタイム2010

詳細

次の一覧には、エラーメッセージに表示される製品と、64ビット版の Office 2010 をインストールするために削除する必要がある製品が含まれています。

Microsoft Office 2010 製品とコンポーネント

32ビット版の Microsoft Office 2010 スイート

  • Microsoft Office Home and Business 2010
  • Microsoft Office Home and Student 2010
  • Microsoft Office Standard 2010
  • Microsoft Office Small Business の基礎2010
  • Microsoft Office Professional 2010
  • Microsoft Office Professional Plus 2010

32ビット版の Microsoft Office 2010 個別製品

  • Microsoft Access 2010
  • Microsoft Excel 2010
  • Microsoft Office Groove 2010
  • Microsoft InfoPath 2010
  • Microsoft OneNote 2010
  • Microsoft Outlook 2010
  • Microsoft PowerPoint 2010
  • Microsoft Project Standard 2010
  • Microsoft Project Professional 2010
  • Microsoft Publisher 2010
  • Microsoft SharePoint Designer 2010
  • Microsoft Visio Standard 2010
  • Microsoft Visio Professional 2010
  • Microsoft Visio Premium 2010

注: Microsoft Office Groove 2010 は、エラーメッセージに表示されることがありますが、コントロールパネルのプログラムの一覧には表示されません。 エラーメッセージから Microsoft Office Groove 2010 を削除するには、コントロールパネルの Microsoft SharePoint Workspace 2010 をアンインストールする必要があります。

32ビット版の Microsoft Office 2010 コンポーネント

  • Microsoft Access ランタイム2010
  • Microsoft Access データベースエンジン2010