プレゼンテーションがビデオとしてPowerPoint後に見つからないサウンド

注意

Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 このブログの投稿を参照してください。

現象

プレゼンテーションをビデオMicrosoft PowerPoint 2010すると、プレゼンテーションで使用されたスライドの切り替え音が表示されません。 ビデオを表示すると、スライドの切り替え音はありません。

回避策

この不足しているスライド切り替えサウンドの問題を回避するには、切り替え音を削除してから、スライドに直接サウンドを追加します。 次に、スライド間で再生し、スライドが次のスライドに切り替わる直前にトリガーされるサウンドを設定できます。

注意

この回避策は、プレゼンテーションでスライドのタイミングを使用して次のスライドに進む場合にのみ機能します。

  1. 2010 年 3 月にプレゼンテーションを開PowerPointします。

  2. 切り替え音のスライドを見つける。 [切り 替え] タブ で、[切 り替え音] を [サウンドなし] に設定します

  3. [ 事前スライド] の 下の [自動後] ボックスにスライドの 継続時間をメモ します。

  4. [挿入 ] タブの [メディア クリップ] グループの [サウンド] で、[ファイルからのサウンド] または [クリップ オーガナイザーからの サウンド] をクリックします

  5. スライドの切り替え間で再生するサウンドを挿入します。

  6. プロンプト が表示されたら 、[自動] をクリックします。

  7. [サウンド ツール] で、[オプション] タブ クリックします。

  8. [サウンド オプション ] グループで 、[表示中に 非表示にする] チェック ボックスをオンにします。

  9. [アニメーション ] タブの [アニメーション] グループ 、[カスタム アニメーション] をクリックします

  10. [カスタム アニメーション] ウィンドウ で、アニメーションリストに表示されているサウンド ファイルを右クリックし、[タイミング] を クリックします

  11. [スタート] ドロップダウン リスト を [After Previous] に設定します

  12. [遅延 ] フィールド に、スライドの継続時間から 1 秒を引いた値を入力します。 手順 3 でスライドの継続時間を確認しました。 たとえば、スライドが 40 秒後に進む場合は 、Delay 値を 39 秒に設定します。

  13. [OK] をクリックします。

  14. 切り替え音を持つスライド切り替えごとに手順 2 ~ 13 を繰り返します。

状態

Microsoft は、「適用先」セクションに記載されている Microsoft 製品の問題を確認しました。