Word の起動時や使用時に発生する問題のトラブルシューティング

注意

この資料では、Microsoft Word を起動または使用するときに発生する可能性のある問題を解決する方法を説明します。

迅速な解決

Word の問題の根本的な原因を特定するのに役立つ、次のオプションを試してください。 左側の画像またはオプションの見出しを選択すると、そのオプションに関する詳細な手順が表示されます。

重要

このセクションの手順の実行には注意が必要です。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 変更する前に、問題の発生に備えて復元用にレジストリのバックアップを作成してください。

文書を別のファイルに挿入する
  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックし、[白紙の文書] をクリックします。
  2. [タブの挿入] で、[テキスト] グループの [オブジェクト] を選択し、[テキストをファイルから挿入] を選択します。
  3. 開いて挿入したいファイルを選択して、[挿入] をクリックします。

/a スイッチを使用して Word を起動する
  1. [Windows を検索] ボックス (Windows 10、Windows 8.1、Windows 8 の場合)、または [スタート] メニューの [検索の開始] ボックス (Windows 8 より古いバージョンの場合) に「ファイル名を指定して実行」と入力して Enter キーを押します。
  2. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスに「winword /a」と入力して Enter キーを押します。

Word のデータ レジストリ サブキーを削除する
  1. すべての Office プログラムを終了します。
  2. [Windows を検索] ボックス (Windows 10、Windows 8.1、Windows 8 の場合)、または [スタート] メニューの [検索の開始] ボックス (Windows 8 より古いバージョンの場合) に「regedit」と入力して Enter キーを押します。
  3. 使用している Word のバージョンに応じて、以下のレジストリ サブキーを見つけます。
    Word のバージョン レジストリ
    Word 2016 以降 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Word\Data
    Word 2013 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Word\Data
    Word 2010 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Word\Data
    Word 2007 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Word\Data
    Word 2003 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Word\Data
  4. [データ] を選択し、[ファイル] メニューの [エクスポート] を選択します。
  5. ファイルに Wdoptn.reg という名前を付け、デスクトップに保存します。
  6. [編集] メニューで [削除] を選択し、[はい] を選択します。
  7. レジストリ エディターを終了します。
  8. Word を起動します。

Word の Options レジストリ キーを削除する
  1. すべての Office プログラムを終了します。
  2. [Windows を検索] ボックス (Windows 10、Windows 8.1、Windows 8 の場合)、または [スタート] メニューの [検索の開始] ボックス (Windows 8 より古いバージョンの場合) に「regedit」と入力して Enter キーを押します。
  3. 実行している Word のバージョンに応じて、以下のレジストリ サブキーを見つけます。
    Word のバージョン レジストリ
    Word 2016 以降 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Word\Options
    Word 2013 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Word\Options
    Word 2010 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Word\Options
    Word 2007 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Word\Options
    Word 2003 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Word\Options
  4. [オプション] を選択し、[ファイル] メニューの [エクスポート] を選択します。
  5. ファイルに Wdoptn.reg という名前を付け、デスクトップに保存します。
  6. [編集] メニューで [削除] を選択し、[はい] を選択します。
  7. レジストリ エディターを終了します。
  8. Word を起動します。

全文書対象のテンプレート ファイルの Normal.dot または Normal.dotm を置き換える
  1. すべての Office プログラムを終了します。
  2. [Windows を検索] ボックス (Windows 10、Windows 8.1、Windows 8 の場合)、または [スタート] メニューの [検索の開始] ボックス (Windows 8 より古いバージョンの場合) に「cmd」と入力して Enter キーを押します。
  3. 実行している Word のバージョンに応じて、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    Word 2007 以降

    ren %userprofile%\AppData\Roaming\Microsoft\Templates\Normal.dotm OldNormal.dotm  
    

    Word 2003

    ren %userprofile%\AppData\Roaming\Microsoft\Templates\Normal.dot OldNormal.dot    
    
  4. コマンド プロンプトで「Exit」と入力して Enter キーを押します。
  5. Word を起動します。

Startup フォルダー内のアドインを無効にする
  1. すべての Office プログラムを終了します。
  2. エクスプローラーを起動します。 これを実行するには、[検索] ボックス (Windows 10、Windows 8.1、Windows 8 の場合)、または [スタート] メニューの [検索の開始] ボックス (以前のバージョンの Windows の場合) に windows ex と入力して Enter キーを押します。
  3. 実行している Word のバージョンとインストールの種類に応じて、アドレス バーに次のコマンドを入力して Enter キーを押します。
    Word のバージョン インストールの種類 パス
    Word 2016 以降 64 ビット版、C2R によるインストール: %programfiles%\Microsoft Office\root\office16\Startup\
    32 ビット版、C2R によるインストール: %programfiles% (x86)\Microsoft Office\root\office16\Startup\
    64 ビット版、MSI によるインストール: %programfiles%\Microsoft Office\office16\Startup|
    32 ビット版、MSI によるインストール: %programfiles% (x86)\Microsoft Office\office16\Startup\
    Word 2013 64 ビット版、C2R によるインストール: %programfiles%\Microsoft Office\root\office15\Startup\
    32 ビット版、C2R によるインストール: %programfiles% (x86)\Microsoft Office\root\office15\Startup\
    64 ビット版、MSI によるインストール: %programfiles%\Microsoft Office\office15\Startup\
    32 ビット版、MSI によるインストール: %programfiles% (x86)\Microsoft Office\office15\Startup\
    Word 2010 %programfiles%\Microsoft Office\Office14\Startup\
    Word 2007 %programfiles%\Microsoft Office\Office12\Startup\
    Word 2003 %programfiles%\Microsoft\Office\Office11\Startup\
  4. フォルダー内のファイルの 1 つを右クリックし、[名前の変更] を選択します。
  5. ファイル名の後ろに「.old」と入力して Enter キーを押します。

    重要

    必要に応じてファイルを復元できるように、元のファイル名を書き留めておいてください。

  6. Word を起動します。
  7. 問題が再現されなければ、原因であるアドインを特定できたことになります。 アドインで提供される機能が必要な場合は、アドインの開発元に更新プログラムについて問い合わせてください。

    問題が解決されない場合、そのアドインを元の名前に戻し、Startup フォルダー内の各ファイルに対して、手順 3. ~ 6. を実行します。

  8. まだ問題が再現される場合は、エクスプローラーのアドレス バーに次のパスを入力して [OK] を選択します。
    Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 または Windows Vista
    %userprofile%\AppData\Roaming\Microsoft\Word\Startup
    Windows XP
    %userprofile%\Application Data\Microsoft\Word\Startup
  9. この Startup フォルダー内の各ファイルで、手順 3. ~ 6. を実行します。

COM アドインのレジストリ キーを削除する
  1. すべての Office プログラムを終了します。
  2. [Windows を検索] ボックス (Windows 10、Windows 8.1、Windows 8 の場合)、または [スタート] メニューの [検索の開始] ボックス (Windows 8 より古いバージョンの場合) に「regedit」と入力して Enter キーを押します。
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\Word\Addins
  4. [アドイン] を選択し、[ファイル] メニューの [エクスポート] を選択します。
  5. ファイルに「WdaddinHKCU.reg」という名前を付け、デスクトップに保存します。
  6. [編集] メニューで [削除] を選択し、[はい] を選択します。
  7. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\Word\Addins
  8. [アドイン] を選択し、[ファイル] メニューの [エクスポート] を選択します。
  9. ファイルに「WdaddinHKLM.reg」という名前を付け、デスクトップに保存します。
  10. [編集] メニューで [削除] を選択し、[はい] を選択します。
  11. レジストリ エディターを終了します。
  12. Word を起動します。
問題が解決した場合、COM アドイン プログラムが問題の原因であると判断できます。 次に、原因の COM アドイン プログラムを特定する必要があります。

通常使うプリンターを変更する
  1. すべての Office プログラムを終了します。
  2. [スタート] ボタンを選択し、[設定] を選択します。
  3. [デバイス] に移動し、[プリンターとスキャナー] を選択します。
  4. [Microsoft XPS Document Writer] を右クリックして [通常使うプリンターに設定] をクリックします。
  5. Word を起動します。

最新の更新プログラムを確認またはインストールする

Office の最新の更新プログラムの一覧については、「Office 更新プログラム」を参照してください。 Windows と Office の最新の更新プログラムをインストールしても問題が解決されなかった場合は、方法 1 に進んでください。

補足資料

Word の使用時に特定の問題が発生する場合は、次の Web サイトで、使用しているプログラムのバージョン特有の情報を検索してください。

Microsoft Office サポートの検索: Word

方法の詳細ビュー

次のセクションでは、これらの方法の詳細について説明します。

方法 1: 文書を別のファイルに挿入する

Word 文書の最後の段落記号には、その文書に関する情報が含まれています。 文書が破損した場合に、この最後の段落記号を除くと、文書のテキストを回復できる場合があります。

最後の段落記号を除いた残りの部分を取得するには、次の手順に従います。

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックし、[白紙の文書] をクリックします。
  2. [タブの挿入] で、[テキスト] グループの [オブジェクト] を選択し、[テキストをファイルから挿入] を選択します。
  3. 開いて挿入したいファイルを選択して、[挿入] をクリックします。

方法 2: /a スイッチを使用して Word を起動する

/a (「管理者用インストール」) スイッチは、Word に問題が存在するかどうかを判別するためのトラブルシューティング ツールです。 /a スイッチは、アドインと全文書対象のテンプレートが自動的に読み込まれないようにします。 また、/a スイッチは、設定ファイルが読み取られたり変更されたりしないようにロックします。 /a スイッチを使用して Word を起動するには、次の手順に従います。

  1. [検索] ボックス (Windows 10、Windows 8.1、Windows 8 の場合)、または [スタート] メニューの [検索の開始] ボックス (以前のバージョンの Windows の場合) に「ファイル名を指定して実行」と入力して Enter キーを押します。
  2. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスに「winword /a」と入力して [Enter] キーを押します。

/a スイッチの詳細については、以下のマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。

826857「Word の "/a" 起動スイッチについて」

/a スイッチを使用して Word を起動したときに問題が発生しなかった場合は、次の方法を試してください。

方法 3: Word の Data レジストリ サブキーを削除する

Word でよく使用されるオプションの多くは、Word の Data レジストリ サブキーに保存されています。 一般的なトラブルシューティングの手順としては、この Word の Data レジストリ サブキーを削除します。 Word を再起動すると、既定の設定を使用して Word の Data レジストリ サブキーが再構築されます。

注意

Word の Data レジストリ サブキーを削除すると、Word のオプションのいくつかが既定の設定にリセットされます。 たとえば、Word の [ファイル] メニューの [最近使用したファイル] の一覧がリセットされます。 また、Word の [オプション] ダイアログ ボックスでカスタマイズした設定の多くもリセットされます。

重要

このセクションの手順の実行には注意が必要です。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 変更する前に、問題の発生に備えて復元用にレジストリのバックアップを作成してください。

Word の Data レジストリ サブキーを削除するには、次の手順に従います。

  1. すべての Office プログラムを終了します。

  2. [検索] ボックス (Windows 10、Windows 8.1、Windows 8 の場合)、または [スタート] メニューの [検索の開始] ボックス (Windows 8 より古いバージョンの場合) に「regedit」と入力して Enter キーを押します。

  3. 使用している Word のバージョンに応じて、以下のレジストリ サブキーを見つけます。

    Word のバージョン レジストリ
    Word 2016 以降 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Word\Data
    Word 2013 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Word\Data
    Word 2010 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Word\Data
    Word 2007 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Word\Data
    Word 2003 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Word\Data
  4. [データ] を選択し、[ファイル] メニューの [エクスポート] を選択します。

  5. ファイルに Wdoptn.reg という名前を付け、デスクトップに保存します。

  6. [編集] メニューで [削除] を選択し、[はい] を選択します。

  7. レジストリ エディターを終了します。

  8. Word を起動します。

Word が起動して正常に動作した場合は、問題 (Word の Data レジストリ キーが破損していたこと) は解決しています。 Word で前に設定していたオプションを復元するために、設定をいくつか変更しなければならない場合があります。

問題が解決しなかった場合は、Word の元の Data レジストリ サブキーを復元してから、次の方法に進みます。

Word の元の Data レジストリキーを復元する

Word の元の Data レジストリ サブキーを復元するには、次の手順に従います。

  1. すべての Office プログラムを終了します。
  2. デスクトップの [Wddata.reg] アイコンをダブルクリックします。
  3. [はい] を選択し、[OK] を選択します。

Word の Data レジストリ サブキーを回復しても問題が解決されない場合は、次の方法に進みます。

方法 4: Word の Options レジストリ キーを削除する

Word の Options レジストリ キーには、Word で設定できるオプションが保存されています。 これらの設定は、既定のグループとオプションのグループに分かれています。 既定の設定は、プログラムのセットアップ中に作成されます。 オプションの設定は、セットアップ中に作成されません。 既定の設定とオプションの設定の両方を Word で変更できます。

Word の Options レジストリ キーを削除するには、次のの手順に従います。

  1. すべての Office プログラムを終了します。

  2. [検索] ボックス (Windows 10、Windows 8.1、Windows 8 の場合)、または [スタート] メニューの [検索の開始] ボックス (Windows 8 より古いバージョンの場合) に「regedit」と入力して Enter キーを押します。

  3. 実行している Word のバージョンに応じて、以下のレジストリ サブキーを見つけます。

    Word のバージョン レジストリ
    Word 2016 以降 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Word\Options
    Word 2013 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Word\Options
    Word 2010 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Word\Options
    Word 2007 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Word\Options
    Word 2003 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Word\Options
  4. [オプション] を選択し、[ファイル] メニューの [エクスポート] を選択します。

  5. ファイルに Wdoptn.reg という名前を付け、デスクトップに保存します。

  6. [編集] メニューで [削除] を選択し、[はい] を選択します。

  7. レジストリ エディターを終了します。

  8. Word を起動します。

Word が起動して正常に動作した場合は、問題 (Word の Options レジストリ キーが破損していたこと) は解決しています。 Word で前に設定していたオプションを復元するために、設定をいくつか変更しなければならない場合があります。

問題が解決しなかった場合は、Word の元の Options レジストリ サブキーを復元してから、次の方法に進みます。

Word の元の Options レジストリ サブキーを復元する

Word の元の Options レジストリ キーを復元するには、次の手順に従います。

  1. すべての Office プログラムを終了します。
  2. デスクトップの [Wdoptn.reg] アイコンをダブルクリックします。
  3. [はい] を選択し、[OK] を選択します。

方法 5: 全文書対象のテンプレート ファイルの Normal.dot または Normal.dotm を置き換える

全文書対象のテンプレート ファイルに保存されている書式設定、定型句、マクロが、Word の動作や開いた文書の動作に影響しないようにすることができます。 このためには、全文書対象のテンプレート ファイルを置き換えます。

重要

この方法では、全文書対象のテンプレート ファイルの名前を変更して、Word を再起動するときに、テンプレート ファイルが見つからないようにします。 その結果、全文書対象のテンプレート ファイルが再作成されることになります。 名前を変更するときは、元のファイル復元しなければならなくなった場合に備えて、元のファイルを保存しておいてください。 全文書対象のテンプレート ファイルの名前を変更すると、ユーザー設定のスタイルとユーザー設定のツールバー、マクロ、定型句のエントリなど、設定のいくつかが既定にリセットされることに注意してください。 そのため、全文書対象のテンプレート ファイルを削除せずに、保存しておくことを強くお勧めします。

状況によっては、全文書対象のテンプレート ファイルが 2 つ以上ある場合があります。 たとえば、同じコンピューターで複数の Word を実行している場合や、同じコンピューターに複数のワークステーションのインストールが存在する場合が当てはまります。 このような場合は、Word のインストールの区別が付くように、対応する全文書対象のテンプレート ファイルを適切な名前に変更してください。

全文書対象のテンプレートの名前を変更するには、次の手順に従います。

  1. すべての Office プログラムを終了します。

  2. [Windows を検索] ボックス (Windows 10、Windows 8.1、Windows 8 の場合)、または [スタート] メニューの [検索の開始] ボックス (Windows 8 より古いバージョンの場合) に「cmd」と入力して Enter キーを押します。

  3. 実行している Word のバージョンに応じて、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    Word 2007 以降

    ren %userprofile%\AppData\Roaming\Microsoft\Templates\Normal.dotm OldNormal.dotm  
    

    Word 2003

    ren %userprofile%\AppData\Roaming\Microsoft\Templates\Normal.dot OldNormal.dot    
    
  4. コマンド プロンプトで「Exit」と入力して Enter キーを押します。

  5. Word を起動します。

Word が正常に起動する場合、問題 (破損した全文書対象のテンプレート ファイル) は解決されています。 お気に入りのオプションを復元するには、いくつかの設定の変更が必要な場合があります。

注意

古い全文書対象のテンプレートに、簡単には作成し直せないユーザー設定が含まれている場合があります。 これには、スタイル、マクロ、定型句などが挙げられます。 この場合、[構成内容変更] を使用して、古い全文書対象のテンプレート ファイルから新しい全文書対象のテンプレート ファイルにユーザー設定をコピーできる場合があります。

[構成内容変更] を使用してマクロとスタイルをコピーする方法の詳細については、Word で F1 キーを押して Microsoft Word ヘルプを開き、[検索] ボックスに「マクロとスタイルのコピー」と入力し、[検索] をクリックして表示されるトピックを参照してください。

問題が解決しない場合は、元の全文書対象のテンプレート ファイルを復元してから (以下を参照)、次の方法に進んでください。

元の全文書対象のテンプレート ファイルを復元する

元の全文書対象のテンプレート ファイルを復元するには、次の手順に従います。

  1. すべての Office プログラムを終了します。

  2. [検索] ボックス (Windows 10、Windows 8.1、Windows 8 の場合)、または [スタート] メニューの [検索の開始] ボックス (以前のバージョンの Windows の場合) に「cmd」と入力して Enter キーを押します。

  3. 実行している Word のバージョンに応じて、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    Word 2007 以降

    ren %userprofile%\AppData\Roaming\Microsoft\Templates\OldNormal.dotm Normal.dotm  
    

    Word 2003

    ren %userprofile%\AppData\Roaming\Microsoft\Templates\OldNormal.dot Normal.dot   
    
  4. exit」と入力して Enter キーを押します。

  5. Word を起動します。

方法 6: Startup フォルダー内のアドインを無効にする

Word を起動すると、Startup フォルダー内のテンプレートとアドインが自動的に読み込みまれます。 アドインに影響する競合や問題によって、Word で問題が発生する場合があります。 Startup フォルダー内の項目が問題の原因となっているかどうかを判断するには、これらのアドインを指定するレジストリ設定を一時的に無効にします。

これを行うには、次の手順を実行します。

  1. すべての Office プログラムを終了します。

  2. エクスプローラーを起動します。 [検索] ボックス (Windows 10、Windows 8.1、Windows 8 の場合)、または [スタート] メニューの [検索の開始] ボックス (以前のバージョンの Windows の場合) に「windows ex」と入力して Enter キーを押します。

  3. 実行している Word のバージョンとインストールの種類に応じて、アドレス バーに次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    Word のバージョン インストールの種類 パス
    Word 2016 以降 64 ビット版、C2R によるインストール: %programfiles%\Microsoft Office\root\office16\Startup\
    32 ビット版、C2R によるインストール: %programfiles% (x86)\Microsoft Office\root\office16\Startup\
    64 ビット版、MSI によるインストール: %programfiles%\Microsoft Office\office16\Startup|
    32 ビット版、MSI によるインストール: %programfiles% (x86)\Microsoft Office\office16\Startup\
    Word 2013 64 ビット版、C2R によるインストール: %programfiles%\Microsoft Office\root\office15\Startup\
    32 ビット版、C2R によるインストール: %programfiles% (x86)\Microsoft Office\root\office15\Startup\
    64 ビット版、MSI によるインストール: %programfiles%\Microsoft Office\office15\Startup\
    32 ビット版、MSI によるインストール: %programfiles% (x86)\Microsoft Office\office15\Startup\
    Word 2010 %programfiles%\Microsoft Office\Office14\Startup\
    Word 2007 %programfiles%\Microsoft Office\Office12\Startup\
    Word 2003 %programfiles%\Microsoft\Office\Office11\Startup\
  4. フォルダー内のファイルの 1 つを右クリックし、[名前の変更] を選択します。

  5. ファイル名の後ろに「.old」と入力して Enter キーを押します。

    重要

    必要に応じてファイルを復元できるように、元のファイル名を書き留めておいてください。

  6. Word を起動します。

  7. 問題が再現されなければ、原因であるアドインを特定できたことになります。 アドインで提供される機能が必要な場合は、アドインの開発元に更新プログラムについて問い合わせてください。

    問題が解決されない場合、そのアドインを元の名前に戻し、Startup フォルダー内の各ファイルに対して、手順 3. ~ 6. を実行します。

  8. まだ問題が再現される場合は、エクスプローラーのアドレス バーに次のパスを入力して [OK] を選択します。

    Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 または Windows Vista の場合

    %userprofile%\AppData\Roaming\Microsoft\Word\Startup

    Windows XP の場合

    %userprofile%\Application Data\Microsoft\Word\Startup

  9. この Startup フォルダー内の各ファイルで、手順 3. ~ 6. を実行します。

Startup フォルダー内のアドインを無効にしても問題が解決されない場合は、次の方法に進んでください。

方法 7: COM アドインのレジストリ キーを削除する

COM アドインは任意の場所にインストールできます。 Word とデータをやり取りするプログラムによってインストールされます。COM アドインが問題の原因になっているかどうかを判断するには、COM アドインのレジストリ キーを削除して COM アドインを一時的に無効にします。

COM アドイン レジストリ キーを削除するには、以下の手順を実行します。

  1. すべての Office プログラムを終了します。
  2. [検索] ボックス (Windows 10、Windows 8.1、Windows 8 の場合)、または [スタート] メニューの [検索の開始] ボックス (Windows 8 より古いバージョンの場合) に「regedit」と入力して Enter キーを押します。
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけます。HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\Word\Addins
  4. [アドイン] を選択し、[ファイル] > [エクスポート] を選択します。
  5. ファイルに「WdaddinHKCU.reg」という名前を付け、デスクトップに保存します。
  6. [編集] メニューで [削除] を選択し、[はい] を選択します。
  7. 次のレジストリ サブキーを見つけます。HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\Word\Addins
  8. [アドイン] を選択し、[ファイル] > [エクスポート] を選択します。
  9. ファイルに「WdaddinHKLM.reg」という名前を付け、デスクトップに保存します。
  10. [編集] メニューで [削除] を選択し、[はい] を選択します。
  11. レジストリ エディターを終了します。
  12. Word を起動します。

問題が解決した場合、COM アドイン プログラムが問題の原因であると判断できます。 次に、原因の COM アドイン プログラムを特定する必要があります。

問題の原因となる COM アドイン プログラムを特定する

問題の原因となる COM アドイン プログラムを特定するには、次の手順を実行します。

  1. すべての Office プログラムを終了します。

  2. デスクトップの [Wdaddin.reg] アイコンをダブルクリックします。

  3. [はい] を選択し、[OK] を選択します。

  4. 実行している Word のバージョンに応じて、以下のいずれかの方法を使用します。

    Word 2010 以降

    1. [ファイル] メニューの [オプション] を選択します。
    2. [アドイン] を選択します。
    3. [管理] の一覧で [COM アドイン] をクリックし、[実行] をクリックします。

    注意

    [COM アドイン] ダイアログ ボックスにアドインが表示された場合は、そのアドイン チェック ボックスをオフにします。 2 つ以上のアドインが表示された場合は、一度にチェック ボックス 1 つだけオフにします。 この手順により、どのアドインが問題の原因であるかを判別できます。

    1. [OK] を選択して [COM アドイン] ダイアログ ボックスを閉じます。
    2. [ファイル] メニューの [終了] を選択します。

    Word 2007

    1. Microsoft Office ボタンを選択し、[Word のオプション] を選択します。

    2. [アドイン] を選択します。

    3. [管理] ボックスの一覧で [COM アドイン] をクリックし、[実行] をクリックします。

      [COM アドイン] ダイアログ ボックスにアドインが表示された場合は、そのアドイン チェック ボックスをオフにします。 2 つ以上のアドインが表示された場合は、一度にチェック ボックス 1 つだけオフにします。 この手順により、どのアドインが問題の原因であるかを判別できます。

    4. [OK] をクリックして [COM アドイン] ダイアログ ボックスを閉じます。

    5. Microsoft Office ボタンを選択し、[Word の終了] を選択します。

    6. [ファイル] メニューの [終了] を選択します。

  5. Word を起動します。

  • Word の起動時に問題が再現されなければ、原因である COM アドインを特定できたことになります。 アドインで提供される機能が必要な場合は、どのアドインにその機能が含まれているかを確認する必要があります。そのうえで、アドインの開発元に更新プログラムについて問い合わせてください。

  • Word の起動時に問題が再現される場合は、一覧にある COM アドインごとに手順 4 と手順 5 を繰り返し、どのアドインが問題の原因かを突き止めます。

COM アドインを復元するには、手順 4 を繰り返しますが、復元したい各 COM アドインのチェック ボックスを選択してください。

方法 8: 通常使うプリンターを変更する

通常使うプリンターを変更するには、次の手順に従います。
  1. すべての Office プログラムを終了します。
  2. [スタート] ボタンを選択し、[設定] を選択します。
  3. [デバイス] に移動し、[プリンターとスキャナー] を選択します。
  4. [Microsoft XPS Document Writer] を右クリックして [通常使うプリンターに設定] をクリックします。
  5. Word を起動します。

Word の起動時に問題が発生しない場合は、プリンターが問題の原因であると考えられます。 この場合は、プリンター ドライバーの更新があるかどうかベンダーに問い合わせてください。