定義域集計関数でフィールドを計算する

ドメイン集計関数で string 式引数 (expr 引数) を使用して、フィールドの値に対する計算を実行できます。 たとえば、フィールド値に消費税分を加算して表示することができます。

次の表にフィールド計算の例を示します。

Calculation
フィールドに値を加える "運送料 + 5"
フィールドから値を引く "運送料 -5"
フィールドに値を掛ける "運送料 * 2"
フィールドを割る "運送料 / 2"
フィールドどうしを加える "運送料 + 明細金額"
フィールドからフィールドを引く "受注点 - 在庫"

定義域集計関数は、マクロまたはモジュール、フォームやレポートの 演算コントロール や、クエリの [ 抽出条件 ] セルで頻繁に使われます。

次の例では、割引率の平均を計算します。 [単価] フィールドと [割引] フィールドを乗算して、各注文の割引を決定し、平均を計算します。 モジュールのプロシージャで、次のように使います。

Dim dblX As Double 
dblX = DAvg("[UnitPrice] * [Discount]", "[Order Details]")

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。