GetOption メソッド (Access)Application.GetOption method (Access)

GetOptionメソッドは、[ access のオプション] ダイアログボックスのオプションの現在の値を返します。これを使用するには、Microsoft Office ボタンを選択し、[access のオプション] を選択します。The GetOption method returns the current value of an option in the Access Options dialog box, available by choosing the Microsoft Office button, and then choosing Access Options. Variant 型です。Variant.

構文Syntax

GetOption(OptionName)expression.GetOption (OptionName)

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
OptionNameOptionName 必須Required StringString オプションの名前を指定します。The name of the option. オプション名引数の文字列の一覧については、「 Visual Basic でオプションを設定する」を参照してください。For a list of option name argument strings, see Set options from Visual Basic.

戻り値Return value

バリアント型Variant

注釈Remarks

GetOptionメソッドと**SetOption** メソッドは、Visual Basic のコードから環境オプションを変更する手段を提供します。The GetOption and SetOption methods provide a means of changing environment options from Visual Basic code. これらのメソッドにより、[Access のオプション] ダイアログ ボックスで使用できるオプションを設定または取得できます。With these methods, you can set or read any option available in the Access Options dialog box.

使用できるオプションの値は、設定するオプションの種類によって異なります。The available option settings depend on the type of option being set. 一般的なオプションには次の 3 種類があります。There are three general types of options:

  • チェック ボックスのオン/オフを切り替えて設定する、Yes または No の値を取るオプションYes/No options that can be set by selecting or clearing a check box.

  • 文字列や数値を入力して設定するオプションOptions that can be set by entering a string or numeric value.

  • リスト ボックス、コンボ ボックス、またはオプション グループから選択できる定義済みのオプションPredefined options that can be chosen from a list box, combo box, or option group.

チェックボックスをオンまたはオフにしてユーザーが設定したオプションの場合、 GetOptionメソッドはTrue (1) を返します (チェックボックスがオンの場合)、またはFalse (0) の場合はオプション設定が [ いいえ] (チェックボックスはオフ)。For options that the user sets by selecting or clearing a check box, the GetOption method returns True (1) if the option setting is Yes (the check box is selected) or False (0) if the option setting is No (the check box is cleared). SetOptionメソッドを使用してこの種類のオプションを設定するには、次の例のように、setting 引数にTrueまたはFalseを指定します。To set an option of this kind by using the SetOption method, specify True or False for the setting argument, as in the following example.

Application.SetOption "Show Status Bar", True

ユーザーが文字列または数値を入力して設定するオプションの場合、 GetOptionメソッドは、ダイアログボックスに表示されている設定を返します。For options that the user sets by typing a string or numeric value, the GetOption method returns the setting as it is displayed in the dialog box. 次の使用例は、左余白の設定値を含む文字列を返します。The following example returns a string containing the left margin setting.

Dim varSetting As Variant 
varSetting = Application.GetOption("Left Margin")

このようなオプションを SetOption メソッドで設定するには、ダイアログ ボックスに入力するのと同じように文字列や数値を指定します。To set this type of option by using the SetOption method, specify the string or numeric value that would be typed in the dialog box. 次の例では、既定のフォームテンプレートを OrderTemplate に設定します。The following example sets the default form template to OrderTemplate.

Application.SetOption "Form Template", "OrderTemplate"

リスト ボックスまたはコンボ ボックスから設定値を選ぶオプションの場合、GetOption メソッドは、リスト内での位置に対応する番号を返します。For options with settings that are choices in list boxes or combo boxes, the GetOption method returns a number corresponding to the position of the setting in the list. 番号は 0 から始まるので、GetOption メソッドは、最初の項目に対しては 0、2 番目の項目には 1、以下同様に返します。Indexing begins with zero, so the GetOption method returns zero for the first item, 1 for the second item, and so on. たとえば、[オブジェクト デザイナー] タブの [既定のデータ型] オプション (Default Field Type) が [オートナンバー型] に設定されている場合、これはリスト中で 6 番目の項目なので GetOption メソッドは 5 を返します。For example, if the Default Field Type option on the Object Designers tab is set to AutoNumber, the sixth item in the list, the GetOption method returns 5.

このようなオプションを設定するには、リスト内でのオプションの位置を SetOption メソッドの引数 setting として数値で指定します。To set this type of option, specify the option's numeric position within the list as the setting argument for the SetOption method. 次の使用例は、既定のフィールドの種類のオプションをオートナンバー型に設定します。The following example sets the Default Field Type option to AutoNumber.

Application.SetOption "Default Field Type", 5

その他のオプションを設定するには、[ Access のオプション] ダイアログボックスのオプショングループでオプションボタンを選択します。Other options are set by choosing an option button in an option group in the Access Options dialog box. Visual Basic では、オプショングループ内の特定のオプションの位置を指定することにより、これらのオプションも設定されます。In Visual Basic, these options are also set by specifying a particular option's position within the option group. グループの最初のオプションは0、2番目、1のように番号が付けられます。The first option in the group is numbered zero, the second, 1, and so on. たとえば、[オブジェクトデザイナー ] タブの [選択動作] オプションが [一部のみ] に設定されている場合は、次の例のように、 GetOptionメソッドは0を返します。For example, if the Selection Behavior option on the Object Designers tab is set to Partially Enclosed, the GetOption method returns zero, as in the following example.

Debug.Print Application.GetOption("Selection Behavior")

オプション グループを構成するオプションを設定するには、グループ内でのそのオプションのインデックス値を指定します。To set an option that's a member of an option group, specify the index number of the option within the group. 次の例では、選択動作を完全に囲むように設定します。The following example sets Selection Behavior to Fully Enclosed.

Application.SetOption "Selection Behavior", 1

注意

Microsoft Office Access を終了するときにすべての変更されたオプションを元の設定に戻す必要がある場合があります。When you quit Microsoft Access, you can reset all options to their original settings by using the SetOption method on all changed options. この場合、元の設定をパブリック変数に格納しておき、 SetOption メソッドを使用して、元の設定に戻します。You may want to create public variables to store the values of the original settings. フォームに対するCloseイベントプロシージャのオプション、またはユーザーがアプリケーションを終了するために実行する必要のあるカスタムの exit プロシージャのオプションをリセットするコードを含めることができます。You might include code to reset options in the Close event procedure for a form, or in a custom exit procedure that the user must run to quit the application.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.