LoadCustomUI メソッド (Access)Application.LoadCustomUI method (Access)

カスタマイズされたリボンを表現する XML マークアップを読み込みます。Loads XML markup that represents a customized ribbon.

構文Syntax

LoadCustomUI(CustomUINamecustomuixml)expression.LoadCustomUI (CustomUIName, CustomUIXML)

Application オブジェクトを返すオブジェクト式を指定します。expression An expression that returns an Application object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
CustomUINameCustomUIName 必須Required StringString カスタマイズされたリボンを識別するために使用される名前です。The name that will be used to identify the customized ribbon.
CustomUIXMLCustomUIXML 必須Required StringString カスタマイズされたリボンを定義する XML マークアップ コードです。The XML markup code that defines the customized ribbon.

注釈Remarks

リボンを作成して Access で利用できるようにするには、リボンの名前と XML カスタマイズ マークアップを渡して LoadCustomUI メソッドを呼び出すプロシージャを使用して、まずデータベース内にモジュールを作成します。To create and make the ribbon available to Access, you first create a module in the database with a procedure that calls the LoadCustomUI method, passing in the name of the ribbon and the XML customization markup. XML マークアップには、テーブルから作成される Recordset オブジェクト、データベース外部のソース (String に解析する必要がある XML ファイルなど)、またはプロシージャの内部に直接埋め込まれた XML マークアップを指定できます。The XML markup can come from a Recordset object created from a table, from a source external to the database (such as an XML file that you must parse into a String), or from XML markup embedded directly inside of the procedure.

各リボンの名前と、リボンを構成するタブの id 属性が一意である限り、異なる XML マークアップを引数に指定して LoadCustomUI メソッドを複数回呼び出すことによって、複数の異なるリボンを利用可能にすることができます。You can make different ribbons available by using multiple calls to the LoadCustomUI method, passing in different XML markup, as long as the name of each ribbon and the id attribute of the tabs that make up the ribbon are unique.

プロシージャが完了したら、"RunCode/プロシージャの実行" アクションを使用してプロシージャを呼び出す AutoExec マクロを作成します。After the procedure is complete, you then create an AutoExec macro that calls the procedure by using the RunCode action. これにより、アプリケーションが開始されたときに LoadCustomUI メソッドが自動的に実行され、すべてのカスタム リボンをアプリケーションで使用できるようになります。That way, when the application is started, the LoadCustomUI method is automatically executed and all of the custom ribbons are made available to the application.

Example

次のコード例では、単語 "Ribbon" が名前に含まれるすべてのテーブルから Recordset を作成します。The following code example creates a Recordset from any table that contains the word "Ribbons" in its name. 次に、 LoadCustomUIメソッドを呼び出してリボンを読み込み、データベースで使用できるようにします。It then calls the LoadCustomUI method to load the ribbons to make them available to the database. 最後に、レコードセットと、 Database オブジェクトへの参照を閉じます。Finally, it closes the recordset and the reference to the Database object.

Function LoadRibbons() 
Dim i As Integer 
Dim db As DAO.Database 
Set db = Application.CurrentDb 
 
For i = 0 To (db.TableDefs.Count - 1) 
 If (InStr(1, db.TableDefs(i).Name, "Ribbons")) Then 
 Dim rs As DAO.Recordset 
 Set rs = CurrentDb.OpenRecordset(db.TableDefs(i).Name) 
 rs.MoveFirst 
 
 While Not rs.EOF 
 Application.LoadCustomUI rs("RibbonName").Value, rs("RibbonXml").Value 
 
 rs.MoveNext 
 Wend 
 
 rs.Close 
 Set rs = Nothing 
 End If 
Next i 
 
db.Close 
Set db = Nothing 
End Function

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.