RefreshDatabaseWindow メソッド (Access)Application.RefreshDatabaseWindow method (Access)

RefreshDatabaseWindow メソッドは、データベース オブジェクトの作成、削除、または名前の変更が行われた後で、データベース ウィンドウを更新します。The RefreshDatabaseWindow method updates the Database window after a database object has been created, deleted, or renamed.

構文Syntax

RefreshDatabaseWindowexpression.RefreshDatabaseWindow

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

戻り値Return value

なしNothing

解説Remarks

RefreshDatabaseWindow メソッドを使うと、Microsoft Office Access のオブジェクトの変更をデータベース ウィンドウにすぐに反映できます。You can use the RefreshDatabaseWindow method to immediately reflect changes to objects in Microsoft Access in the Database window. たとえば、Visual Basic でフォームを新規作成して保存した場合、RefreshDatabaseWindow メソッドを使うと、データベース ウィンドウの [フォーム] タブに新しいフォームの名前をすぐに表示できます。For example, if you add a new form from Visual Basic and save it, you can use the RefreshDatabaseWindow method to display the name of the new form on the Forms tab of the Database window immediately after it has been saved.

Example

次の使用例は、新しいフォームを作成して保存し、データベースウィンドウを更新します。The following example creates a new form, saves it, and refreshes the Database window.

Sub CreateFormAndRefresh() 
 Dim frm As Form 
 
 Set frm = CreateForm 
 DoCmd.Save , "NewForm" 
 RefreshDatabaseWindow 
End Sub

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.