BoundObjectFrame.Class プロパティ (Access)

Class プロパティを 使用して 、埋め込み OLE オブジェクトのクラス名を指定または決定できます。 値の取得および設定が可能です。

構文

.クラス

BoundObjectFrame オブジェクトを 表す変数

注釈

" Class /クラス" プロパティの設定値は、OLE オブジェクトを作成するとき、または貼り付けるときに、ユーザーまたは Access によって指定された文字列式です。

クラス名で、OLE オブジェクトのタイプを定義します。 たとえば、Excel は、ワークシートやグラフなど、OLE オブジェクトの複数の種類をサポートします。 ワークシートのクラス名は "Excel.Sheet" で、グラフのクラス名は "Excel.Chart" です。

注意

[!メモ] OLE オブジェクトのクラス名を確認するには、オブジェクトの作成元アプリケーションのマニュアルを参照してください。

" Class /クラス" プロパティの設定値は、クリップボードからオブジェクトをコピーすると更新されます。 たとえば、クリップボードから Microsoft Excel グラフを以前に Excel ワークシートが含まれている OLE オブジェクトに貼り付ける場合 、Class プロパティの設定は "Excel" から変更されます。シート" から "Excel" に設定します。グラフ」 Visual Basic を使ってクリップボードからオブジェクトを貼り付けることで、コントロールの Action プロパティを acOLEPaste または acOLEPasteSpecialDlg に設定できます。

注意

[!メモ] " OLEClass /OLEクラス" プロパティと " Class /クラス" プロパティは類似していますが、同じではありません。 OLEClass プロパティ 設定は OLE オブジェクトの一般的な説明ですが 、Class プロパティの設定は、OLE オブジェクトを参照するために使用される名前Visual Basic。 たとえば、"OLEClass/OLE クラス" プロパティには、"Microsoft Excel Chart"、"Microsoft Word Document"、"Paintbrush Picture" などの文字列が設定されます。

次の例では 、OLE1 という名前の非連結オブジェクト フレームを使用してリンクされた OLE オブジェクトを作成し、ユーザーがコマンド ボタンを選択するとオブジェクトの内容全体を表示するコントロールのサイズを設定します。

Sub Command1_Click 
 OLE1.Class = "Excel.Sheet" ' Set class name. 
 ' Specify type of object. 
 OLE1.OLETypeAllowed = acOLELinked 
 ' Specify source file. 
 OLE1.SourceDoc = "C:\Excel\Oletext.xls" 
 ' Specify data to create link to. 
 OLE1.SourceItem = "R1C1:R5C5" 
 ' Create linked object. 
 OLE1.Action = acOLECreateLink 
 ' Adjust control size. 
 OLE1.SizeMode = acOLESizeZoom 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。