BrowseTo メソッド (Access)DoCmd.BrowseTo method (Access)

BrowseTo メソッドは、Visual Basic で "BrowseTo/参照先" アクションを実行します。The BrowseTo method performs the BrowseTo action in Visual Basic.

構文Syntax

BrowseTo(ObjectTypeObjectNamePathtoSubformControlWhereConditionPageDataMode)expression.BrowseTo (ObjectType, ObjectName, PathtoSubformControl, WhereCondition, Page, DataMode)

expression: DoCmd オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a DoCmd object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
ObjectTypeObjectType 必須Required AcBrowseToObjectTypeAcBrowseToObjectType 参照先のオブジェクトの種類。The object type to which to browse.
ObjectNameObjectName 必須Required バリアント型Variant _PathtoSubformControl_引数によって参照されるサブフォームコントロール内に読み込まれるオブジェクト。The object that loads inside the subform control referenced by the PathtoSubformControl argument.
PathtoSubformControlPathtoSubformControl 省略可能Optional VariantVariant 指定した場合、アプリケーションのメインフォームから、 _ObjectName_引数で指定されたオブジェクトを読み込むターゲットサブフォームコントロールへのパスです。If specified, the path from the main form of the application to the target subform control that loads the object specified by the ObjectName argument.
WhereConditionWhereCondition 省略可能Optional VariantVariant 指定した場合は、オブジェクト レコード ソースの Where 条件を置き換えます。If specified, replaces the Where condition of the object record source.
PagePage 省略可能Optional VariantVariant 指定した場合は、現在のページになる帳票フォームのページを設定します。If specified, sets the page of the continuous form that will be made the current page. この引数は web のみです。This argument is web only.
DataModeDataMode OptionalOptional AcFormOpenDataModeAcFormOpenDataMode 指定した場合は、フォームのデータ入力モードを設定します。If specified, the data entry mode of the form.

注釈Remarks

BrowseTo メソッドを使用して、オブジェクト間を移動します。Use the BrowseTo method to navigate between objects in place. _PathtoSubformControl_引数を指定することにより、サブフォームコントロールのソースオブジェクトを変更することもできます。You can also change the source object of a subform control by specifying the PathtoSubformControl argument. BrowseToを使用して、新しいウィンドウを開かずに、Form1 から Form2 に移動できます。You can use BrowseTo to navigate from Form1 to Form2 without opening up a new window.

_PathtoSubformControl_引数は、次の例の構文を使用して指定する必要があります。The PathtoSubformControl argument must be specified by using the syntax in the following example.

Main Form.SubForm Ctrl 1>Form 2.SubForm Ctrl 2>Form 3.SubFormCtrl3

この例では、Main Form が Access クライアント アプリケーションでの最上位フォームになります。In this example, the Main Form is the top level form in the Access client application. _PathtoSubformControl_引数には、サブフォームコントロールから、 _ObjectName_引数で指定されたオブジェクトのコンテナーであるサブフォームコントロールに、フォームおよびサブフォームのコントロール名を指定する必要があります。The PathtoSubformControl argument must alternately specify form and subform control names leading from the main form to the subform control that is the container of the object specified by the ObjectName argument. 指定する各サブフォーム コントロールは、その前のフォーム上のコントロールである必要があります。Each subform control specified must be a control on the form that precedes it. このパスは、サブフォーム コントロールで終わります。The path must end with a subform control.

Example

次のコード例では、メインフォームのnavigationsubformフォームサブフォームコントロールで、編集モードでeventdsフォームを開きます。The following code example opens the EventDS form in place in edit mode in the NavigationSubform subform control of the Main form.

DoCmd.BrowseTo ObjectType:=acBrowseToForm, _ 
ObjectName:="EventDS", _ 
PathToSubformControl:="Main.NavigationSubform", _ 
WhereCondition:="", _ 
Page:="", _ 
DataMode:=acFormEdit

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.