DoCmd メソッド (Access)DoCmd.SetWarnings method (Access)

Setwarningsメソッドは、Visual Basic で "setwarnings/メッセージの判断" アクションを実行します。The SetWarnings method carries out the SetWarnings action in Visual Basic.

構文Syntax

SetWarnings(Warnings on)expression.SetWarnings (WarningsOn)

expression: DoCmd オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a DoCmd object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
報告表示WarningsOn 必須Required VariantVariant システムメッセージの表示をオンにするにはTrue (1) を使用し、無効にするにはFalse (0) を使用します。Use True (1) to turn on the display of system messages and False (0) to turn it off.

注釈Remarks

SetWarnings メソッドを使用すると、システム メッセージのオンとオフを切り替えることができます。You can use the SetWarnings method to turn system messages on or off.

Visual Basic でシステムメッセージの表示を無効にした場合は、ユーザーが Ctrl + Break キーを押すか、または Visual Basic でブレークポイントが検出された場合でも、システムメッセージの表示を再び有効にする必要があります。If you turn the display of system messages off in Visual Basic, you must turn it back on, or it will remain off, even if the user presses Ctrl+Break, or Visual Basic encounters a breakpoint. オフにしたままだと、Ctrl + Break キーを押した場合や、Visual Basic がブレークポイントに到達した場合でも、システム メッセージの表示はオフのままです。You may want to create a macro that turns the display of system messages on and then assign that macro to a key combination or a custom menu command. システム メッセージの表示をオンにするマクロを、アクセス キーやカスタム メニュー コマンドに割り当てておくと、Visual Basic でシステム メッセージの表示がオフにされても、キー操作やメニュー コマンドでオンにすることができます。You could then use the key combination or menu command to turn the display of system messages on if it has been turned off in Visual Basic.

Example

次の例では、システムメッセージの表示をオフにします。The following example turns the display of system messages off.

DoCmd.SetWarnings False

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.