DoCmd.TransferSpreadsheet メソッド (Access)

TransferSpreadsheet メソッドは、Visual Basic で "TransferSpreadsheet/ワークシート変換" アクションを実行します。

構文

expression.TransferSpreadsheet (TransferType, SpreadsheetType, TableName, FileName, HasFieldNames, Range, UseOA)

expression: DoCmd オブジェクトを表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
TransferType 省略可能 AcDataTransferType 必要な転送の種類。 既定値は acImport です。
SpreadsheetType 省略可能 AcSpreadSheetType インポート元、エクスポート先、またはリンク先のワークシートの種類を指定します。
TableName 省略可能 バリアント型 ワークシートのデータのインポート、エクスポート、リンクを行う Office Access テーブルの名前、または結果をワークシートにエクスポートする Access 選択クエリの名前を、文字列式で指定します。
Filename 省略可能 バリアント型 インポート、エクスポート、またはリンクするワークシートのファイル名およびパスを文字列式で指定します。
HasFieldNames 省略可能 バリアント型 インポートまたはリンクするときにフィールド名としてワークシートの最初の行を使用するには、True (1) を使用します。 ワークシートの最初の行を通常のデータとして扱うには、False (0) を使用します。 この引数を空白にすると、既定値 (False) と見なされます。 Access テーブルをエクスポートしたり、ワークシートへのクエリ データを選択したりすると、引数に入力する内容に関係なく、ワークシートの最初の行にフィールド名が挿入されます。
範囲 省略可能 Variant ワークシートのセルの範囲または範囲の名前を文字列式で指定します。 この引数はインポートにのみ適用されます。 この引数を指定しないと、ワークシート全体がインポートされます。 スプレッドシートにエクスポートする場合は、この引数を空白のままにする必要があります。 範囲を入力すると、エクスポートは失敗します。
UseOA 省略可能 バリアント型 この引数はサポートされません。

注釈

TransferSpreadsheet メソッドを使用すると、現在の Access データベースとワークシート ファイルとの間で、または Access プロジェクト (.adp) とワークシート ファイルとの間で、データをインポートまたはエクスポートできます。 また、Excel ワークシートのデータを現在の Access データベースにリンクすることもできます。 リンクされたワークシートを使用すると、Excel ワークシート プログラムのデータへの完全なアクセスを維持しながら、Access を使用してワークシート データを表示および編集することができます。 また、Lotus 1-2-3 ワークシート ファイルのデータにリンクすることもできますが、このデータは Access では読み取り専用です。

注意

ActiveX データ オブジェクト (ADO) を使ってリンクを作成するには、Recordset オブジェクトの ActiveConnection プロパティを使います。

次の例では、Lotus のワークシート Newemps.wk3 の指定した範囲から Access の [社員] テーブルにデータをインポートします。 フィールド名としてスプレッドシートの最初の行を使用します。

DoCmd.TransferSpreadsheet acImport, 3, _ 
 "Employees","C:\Lotus\Newemps.wk3", True, "A1:G12"

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。