Form.OnActivate プロパティ (Access)

フォームまたはレポートの [プロパティ] ウィンドウの [アクティブ 化時] ボックスの値を設定または返します。 値の取得および設定が可能です。

構文

.OnActivate

expression Form オブジェクトを表す変数です。

注釈

このプロパティは、イベントのトリガー時に Microsoft Access が実行するアクションをプログラムによって変更する場合に役立ちます。 たとえば、イベントの発生状況に応じて、次のイベントまでの間に式のパラメーターを変更したり、イベント プロシージャから式またはマクロに切り替えるなどの制御を自動化できます。

Activate イベントは、フォームまたはレポートがフォーカスを受け取り、アクティブ ウィンドウになると発生します。

OnActivate 値は、[ビルダーの選択] ウィンドウで選択した選択内容に応じて、次のいずれかの値になります (オブジェクトの[プロパティ]ウィンドウの [アクティブ化時] ボックスの横にある [ビルド] ボタンを選択してアクセスします)。

  • [式ビルダー] を選択すると、値は = になります。式は [式ビルダー] ウィンドウの式です。

  • [マクロ ビルダー] を選択した場合、値はマクロの名前です。

  • [コード ビルダー] を選択すると、値は [イベント プロシージャ] になります。

[アクティブ時] ボックスが空白の場合、"OnActivate/アクティブ時" プロパティの値は空文字列になります。

次の使用例は 、Activate イベントを [注文入力] フォームActivate_Macroマクロ イベントに 関連付 ける。

Forms("Order Entry").OnActivate = "Activate_Macro"

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。