Image.BorderColor プロパティ (Access)

BorderColor プロパティ を使用 して、コントロールの罫線の色を指定できます。 読み取り/書き込みが可能な Long です。

構文

.BorderColor

Image オブジェクトを表す 変数

注釈

BorderColor プロパティ設定は、コントロールの罫線に使用する色に対応する数値式です。

コントロールの既定のコントロール スタイルまたは既定のコントロール スタイルを使用して、このプロパティ の既定値を設定Visual Basic。

コントロールの境界線の色は、コントロールの " SpecialEffect /立体表示" プロパティが [Flat/なし] または [Shadowed/影付き] に設定されている場合にのみ表示されます。 " SpecialEffect /立体表示" プロパティが [Flat/なし] または [Shadowed/影付き] 以外の値に設定されている場合は、" BorderColor /境界線色" プロパティを設定すると、" SpecialEffect /立体表示" プロパティの設定値が [Flat/なし] に変更されます。

次の例では RGB 関数を使用し、txtPastDue テキスト ボックスの値に応じて、"BorderColor/境界線色"、"BackColor/背景色"、および "ForeColor/前景色" プロパティを設定します。 QBColor 関数を使ってこれらのプロパティを設定することもできます。

Form_Current( ) イベントに 次のコードを入力すると、ユーザーがフォームを開く、または新しいレコードに移動するとすぐに、コントロールの表示特性が設定されます。

Sub Form_Current() 
 Dim curAmntDue As Currency, lngBlack As Long 
 Dim lngRed As Long, lngYellow As Long, lngWhite As Long 
 
 If Not IsNull(Me!txtPastDue.Value) Then 
 curAmntDue = Me!txtPastDue.Value 
 Else 
 Exit Sub 
 End If 
 lngRed = RGB(255, 0, 0) 
 lngBlack = RGB(0, 0, 0) 
 lngYellow = RGB(255, 255, 0) 
 lngWhite = RGB(255, 255, 255) 
 If curAmntDue > 100 Then 
 Me!txtPastDue.BorderColor = lngRed 
 Me!txtPastDue.ForeColor = lngRed 
 Me!txtPastDue.BackColor = lngYellow 
 Else 
 Me!txtPastDue.BorderColor = lngBlack 
 Me!txtPastDue.ForeColor = lngBlack 
 Me!txtPastDue.BackColor = lngWhite 
 End If 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。