Image.DblClick イベント (Access)

DblClick イベントは、マウス ポインターをオブジェクトの上に置き、システムで設定されているダブルクリックの間隔内に、マウスの左ボタンを押してから離す動作を 2 回続けて行ったときに発生します。

注意

Image オブジェクトの Click イベントと DoubleClick イベントの機能は廃止されました。 クリック/ダブルクリック イベントを含む画像が必要な場合は、代わりに Button コントロールを使用し、そのコントロールにイメージを関連付け、アクセシビリティを向上します。 ボタン コントロールはタブオーダー ループの一部ですが 、Image コントロールは含めではありません。 この変更によって既存のアプリケーションを受けませんでした。

構文

.DblClick (Cancel)

Image オブジェクトを表す 変数

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Cancel 必須 整数型 (Integer) DblClick イベントが発生したかどうかは、設定によって決まります。 引数 Cancel を True (1) 設定すると 、DblClick イベントが取り消 されます。

注釈

フォームでは、ユーザーがフォームの空白領域またはレコード セレクターをダブルクリックすると 、DblClick イベントが発生します。 コントロールの場合、ユーザーがフォーム ビューでコントロールまたはラベルをダブルクリックすると発生します。 DblClick イベントは、ユーザーがフォームまたはコントロールをダブルクリックすると発生しますが、ダブルクリック操作の結果が発生する前に発生します (たとえば、テキスト ボックスで挿入ポイントがオンの単語を Microsoft Access が選択する前など)。

このイベントは、オプション グループに格納されているチェック ボックス、オプション ボタン、およびトグル ボタンには適用されません。 オプション グループに対してのみ適用されます。

このイベントは、他のコントロールに付けられているラベル (たとえばテキスト ボックスのラベル) には適用されません。 このイベントは、"独立した" ラベルにのみ適用されます。 他のコントロールに付けられたラベルをダブルクリックすると、そのラベルに関連付けられたコントロールをダブルクリックした場合と同じ効果が得られます。 コントロールの通常のイベントは発生しますが、添付ラベルのイベントは発生しません。

このイベントが発生した場合にマクロまたはイベント プロシージャを実行するには 、OnDblClick プロパティをマクロの名前または [Event Procedure] に設定します。

コントロールの場合、ダブルクリックの結果は、ダブルクリックしたコントロールによって異なります。 たとえば、テキスト ボックスで単語をダブルクリックすると単語全体が選択されます。 また、OLE オブジェクトを含むコントロールをダブルクリックすると、そのオブジェクトの作成元のアプリケーションが起動し、オブジェクトを編集できるようになります。

システムで設定されているダブルクリックの間隔以内に DblClick イベントが発生しなかった場合、フォーム、フォーム セクション、またはコントロールでは、1 回の DblClick イベントではなく 2 回の Click イベントとして認識されます。 ダブルクリックの制限時間は、コントロール パネルの [マウス] オプションの[ボタン]タブの [ダブルクリック速度] の設定Windows異なります。

DblClick イベントが発生したときに実行されるマクロやイベント プロシージャを使うと、コントロールがダブルクリックされたときにウィンドウやドキュメントを開くことができます。

コントロールをダブルクリックすると、 Click イベントと DblClick イベントの両方が発生します。 ダブルクリックしたときにコントロールにフォーカスがない場合は、 Click イベントと DblClick イベントの前に、コントロールに対する Enter イベントと GotFocus イベントが発生します。

マウス イベントを受け取るオブジェクトに対しては、次の順序でイベントが発生します。

MouseDownMouseUpClickDblClick

コマンド ボタンをダブルクリックすると、次の順序でイベントが発生します。

MouseDownMouseUpClickDblClickMouseUpClick

2 回目のクリックは無効になる場合があります (たとえば、最初の Click イベントに応じて Click のマクロまたはイベント プロシージャが作業ウィンドウ固定 (モーダル) ダイアログ ボックスを開く場合)。 2 番目の Click マクロまたはイベント プロシージャが実行されるのを防ぐには、CancelEvent アクションを DblClick マクロに入れるか 、DblClick イベント プロシージャで Cancel 引数を使用します。 一般的には、コマンド ボタンをダブルクリックしないことをお勧めします。

コマンド ボタン以外のコントロールをダブルクリックした場合は、2 回目の Click イベントは発生しません。

次の使用例では DblClick イベント プロシージャを使用してコンボ ボックスの値集合ソースであるテーブルのレコードを表示するフォームを開く方法を示しています。 ユーザーが [受注] フォームで [Salesperson] コンボ ボックスをダブルクリックすると、[従業員] フォームが表示され、コンボ ボックスで選択された従業員のレコードが表示されます。

この例を試す場合は 、EmployeeID というコンボ ボックスを含む Orders という名前のフォームに次のイベント プロシージャ を追加します。 コンボ ボックスの行ソースは、Employees フォーム (またはそのテーブルに基づくクエリ) のソースと同じテーブルである必要があります。

Private Sub EmployeeID_DblClick(Cancel As Integer) 
 DoCmd.OpenForm "Employees", , , _ 
 "EmployeeID = Forms!Orders!EmployeeID" 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。