Image.DisplayWhen プロパティ (Access)

DisplayWhen プロパティを使用して、画面と印刷で表示するフォームのコントロールを指定できます。 読み取り/書き込みの バイト です。

構文

.DisplayWhen

Image オブジェクトを表す 変数

注釈

DisplayWhen プロパティは、フォームのセクションである詳細、フォーム ヘッダー、およびフォーム フッターにのみ適用されます。 また、フォームの改ページ以外のすべてのコントロールに適用されます。

DisplayWhen プロパティの設定値は次のとおりです。

Setting Visual Basic 説明
[Always/印刷/画面] 0 オブジェクトはフォーム ビューに表示され、印刷もされます (既定値)。
[Print Only/印刷のみ] 1 オブジェクトは印刷されますが、フォーム ビューには表示されません。
[Screen Only/画面のみ] 2 オブジェクトはフォーム ビューには表示されますが、印刷されません。

コントロールの場合は、既定のコントロール スタイルまたは既定のコントロール スタイルを使用して 、このプロパティの既定値を設定Visual Basic。

特定のコントロールをフォーム ビューだけで使用する場合があります。 これらのコントロールが印刷されないようにするには、" DisplayWhen /表示対象" プロパティを [Screen Only/画面のみ] に設定します。 たとえば、印刷しないフォームにコマンド ボタンや指示がある場合や、画面には表示しないが印刷するフォーム ヘッダーとフォーム フッター セクションがある場合があります。 このような場合には、" DisplayWhen /表示対象" プロパティを [Print Only/印刷のみ] に設定します。

レポートの場合は 、Format イベントと Retreat イベントを使用して、印刷しないコントロールの Visible プロパティを設定するイベント プロシージャまたはマクロを指定します。 また、レポート セクションの Format イベントまたは Print イベントを取り消した場合も、そのセクションは印刷されません。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。