Image.ImageHeight プロパティ (Access)

ImageHeight プロパティを使用すると、イメージ コントロール内の画像の高さを twipsで決定できます。 読み取り/書き込みが可能な Long です。

構文

.ImageHeight

Image オブジェクトを表す 変数

注釈

このプロパティは、どのビューでも値の取得が可能です。

ImageHeight プロパティを ImageWidth プロパティと共に使用し、イメージ コントロールのピクチャのサイズを調べることができます。 この情報を使用して、表示されるピクチャのサイズに合わせてイメージ コントロールの " Height /高さ" および " Width /幅" プロパティを変更することができます。

次の使用例では、入力されたビットマップ名を [イメージ 1] コントロールの " Picture /ピクチャ" プロパティに割り当てます。 次に、 ImageHeight および ImageWidth プロパティを使用して、ビットマップの大きさに合わせてイメージ コントロールの大きさを変更します。

Sub GetNewPicture(frm As Form) 
    Dim ctlImage As Control 
    Set ctlImage = frm!Image1 
    ctlImage.Picture = InputBox("Enter path and " _ 
        & "file name for new bitmap") 
    ctlImage.Height = ctlImage.ImageHeight 
    ctlImage.Width = ctlImage.ImageWidth 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。