NavigationButton.PictureType プロパティ (Access)

PictureType プロパティ を使用 して、オブジェクトの画像をリンク オブジェクトまたは埋め込みオブジェクトとして格納するかどうかを指定できます。 読み取り/書き込みの バイト です。

構文

.PictureType

NavigationButton オブジェクトを 表す変数

注釈

"PictureType/ピクチャタイプ" プロパティの設定値は次のとおりです。

Setting 説明
0 ピクチャは、オブジェクトに埋め込まれ、データベース ファイルの一部になります。(既定値)
1 図はオブジェクトにリンクされています。 Microsoft Access は、ディスク上の画像の場所へのポインターを格納します。

このプロパティは、フォームのデザイン ビューまたはレポートのデザイン ビューでのみ、設定することができます。

コントロールの場合は、既定のコントロール スタイルまたは既定のコントロール スタイルを使用して 、このプロパティの既定値を設定Visual Basic。

このプロパティを 0 に設定すると、画像ファイルのサイズによってデータベースのサイズが増加し、一部の .wmf ファイルでは、画像ファイルのサイズの 2 倍のサイズが増加する可能性があります。 このプロパティが 1 に設定されている場合、Microsoft Access は画像の場所へのポインターのみをディスク上に保存しますので、データベースのサイズは増加されません。

注意

[!メモ] リンク ファイルをディスクの別の位置に移動する場合は、オブジェクトの " Picture /ピクチャ" プロパティを使って、リンクを再設定する必要があります。

埋め込みピクチャでは、オブジェクトの PictureData プロパティで、ピクチャのイメージを構成する個々のビットを格納します。 リンクされたピクチャでは、このプロパティにピクチャへのパスが格納されます。

別のアプリケーションを使用してリンクされた画像を変更すると、その画像を含むオブジェクトが次回データベースに表示される場合に、画像に対する変更が表示されます。

次の使用例は、[注文入力] フォームの [顧客写真] イメージ コントロールの図 をディスク上 の画像にリンクします。 ピクチャは、データベース ファイルの一部にはなりません。

Forms("Order Entry").Controls("Customer Photo").PictureType = 1 

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。