Report.MouseDown イベント (Access)

MouseDown イベントは、マウス ボタンを押したときに発生します。

構文

.MouseDown (Button, Shift, X, Y)

Report オブジェクトを表 す変数

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Button 必須 整数型 (Integer) イベントを起動するために押されたボタン。 Button 引数をテストする必要がある場合は、ビット マスクとして次のいずれかの組み込み定数を使用できます。
  • acLeftButton マウスの左ボタンのビット マスク。

  • acRightButton マウスの右ボタンのビット マスク。

  • acMiddleButton マウスの中央ボタンのビット マスク。

Shift 必須 整数型 (Integer) Button 引数で指定されたボタンが押または解放された場合の Shift キー 、Ctrl キー、Alt キーの状態。 引数 Shift をテストする必要がある場合は、ビット マスクとして次のいずれかの組み込み定数を使用できます。
  • acShiftMask Shift キーのビット マスク。

  • acCtrlMask Ctrl キーのビット マスク。

  • acAltMask Alt キーのビット マスク。

X 必須 Single マウス ポインター の現在の位置の x 座標を twips で指定します
Y 必須 Single マウス ポインターの現在の位置の y 座標を twips で指定します。

注釈

MouseDown イベントは、フォーム、フォーム セクション、およびフォーム上のコントロールにのみ適用され、レポートのコントロールには適用されない。

このイベントは、他のコントロールに付けられたラベル (テキスト ボックスのラベルなど) には適用されません。 このイベントは、"独立した" ラベルにのみ適用されます。 他のコントロールに付けられたラベル内でマウス ボタンを押して離すと、そのラベルに関連付けられたコントロール内でボタンを押して離した場合と同じ効果が得られます。 つまり、そのコントロールの通常のイベントが発生し、付けられたラベルに対して個別にイベントが発生することはありません。

このイベントが発生したときに、マクロまたはイベント プロシージャを実行するには、" OnMouseDown /マウスボタンクリック時" プロパティをマクロ名または "[Event Procedure]"/"[イベント プロシージャ]" に設定します。

MouseDown イベントを使うと、特定のマウス ボタンを押したり、離したときの動作を指定できます。 Click イベントや DblClick イベントとは異なり、 MouseDown イベントでは、マウスの左ボタン、中央ボタン、および右ボタンを区別することができます。 Shift キー、Ctrl キー、Alt キーを使用するマウス キーボードの組み合わせのコードを記述することもできます。

レポートに対する MouseDown イベントが発生するのは、レポートの空白領域でマウス ボタンをクリックしたときです。 レポート セクションに対する MouseDown イベントが発生するのは、セクションの空白領域でマウス ボタンをクリックしたときです。

MouseDown イベントについては、次の点に注意してください。

  • マウス ポインターがレポートやコントロールにあるときにマウス ボタンがクリックされると、最後の MouseUp イベントが発生するまで、マウスに関連するすべてのイベントがそのオブジェクトによって認識されます。

  • マウス ボタンが連続してクリックされた場合、すべてのマウス ボタンが離された状態になるまで、すべてのマウス イベントは、最初のマウス イベントを認識したオブジェクトによって認識されます。

マウスの移動に対応して処理を行うには、 MouseMove イベントを使います。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。