TextBox.ForeColor プロパティ (Access)

ForeColor プロパティを使用して、コントロール内のテキストの色を指定できます。 読み取り/書き込みが可能な Long です。

構文

.ForeColor

TextBox オブジェクトを表 す変数

解説

フォームまたはレポートのコントロールに対してこのプロパティを使うと、コントロールを見やすく表示したり、特殊な意味を表すことができます。 たとえば 、UnitsInStock コントロールの値が並べ替えレベルを下回った場合に、テキストの色を変更できます。

レポートでこのプロパティを使うと、カラー プリンターで印刷するときに特殊な効果を出すことができます。 また、 PrintLine 、および Circle メソッドに、印刷と描画に使う色を指定できます。

" ForeColor /前景色" プロパティの設定値は、コントロールのテキストの色を示す数式です。

カラー ビルダーを使用して、プロパティ シートのプロパティ ボックスの右側にある [ビルド ] ボタンを選択して、このプロパティを設定できます。 Using the Color Builder enables you to define custom colors for text in controls.

コントロールの既定のコントロール スタイルまたは既定のコントロール スタイルを使用して、このプロパティ の既定値を設定Visual Basic。

レポートの場合は、セクションの OnPrint イベント プロパティの設定値で指定した Visual Basic のイベント プロシージャまたはマクロを使用してのみ、 Circle プロパティを設定できます

次の例では RGB 関数を使用し、txtPastDue テキスト ボックスの値に応じて、"BorderColor/境界線色"、"BackColor/背景色"、および "ForeColor/前景色" プロパティを設定します。 QBColor 関数を使ってこれらのプロパティを設定することもできます。 Form_Current( ) イベントに 次のコードを入力すると、ユーザーがフォームを開く、または新しいレコードに移動するとすぐに、コントロールの表示特性が設定されます。

Sub Form_Current() 
 Dim curAmntDue As Currency, lngBlack As Long 
 Dim lngRed As Long, lngYellow As Long, lngWhite As Long 
 
 If Not IsNull(Me!txtPastDue.Value) Then 
 curAmntDue = Me!txtPastDue.Value 
 Else 
 Exit Sub 
 End If 
 lngRed = RGB(255, 0, 0) 
 lngBlack = RGB(0, 0, 0) 
 lngYellow = RGB(255, 255, 0) 
 lngWhite = RGB(255, 255, 255) 
 If curAmntDue > 100 Then 
 Me!txtPastDue.BorderColor = lngRed 
 Me!txtPastDue.ForeColor = lngRed 
 Me!txtPastDue.BackColor = lngYellow 
 Else 
 Me!txtPastDue.BorderColor = lngBlack 
 Me!txtPastDue.ForeColor = lngBlack 
 Me!txtPastDue.BackColor = lngWhite 
 End If 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。