WebBrowserControl.KeyUp イベント (Access)

KeyUp イベントは、フォームまたはコントロールにフォーカスがある状態で、キーを離したときに発生します。 このイベントは、マクロで "SendKeys/キー送信" アクションを使うか、Visual Basic コードで SendKeys ステートメントを使って、フォームまたはコントロールにキーストロークを送信した場合にも発生します。

構文

.KeyUp (KeyCode, Shift)

WebBrowserControl オブジェクトを表す変数

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
KeyCode 必須 整数型 (Integer) vbKeyF1 (F1 キー) や vbKeyHome (ホーム キー) などのキー コード。 キー コードを指定するには、オブジェクト ブラウザーで示された組み込み定数を使用します。 KeyCode を 0 に設定すると、オブジェクトがキーストロークを受 け取る のを防ぐことが可能です。
Shift 必須 整数型 (Integer) イベント時の Shift キー、Ctrl キー、Alt キーの状態。 引数 Shift をテストする必要がある場合は、ビット マスクとして次のいずれかの組み込み定数を使用できます。
  • acShiftMask Shift キーのビット マスク。

  • acCtrlMask Ctrl キーのビット マスク。

  • acAltMask Alt キーのビット マスク。

戻り値

なし

解説

このイベントが発生したときに、マクロまたはイベント プロシージャを実行するには、" OnKeyUp /キー解放時" プロパティをマクロ名または "[Event Procedure]"/"[イベント プロシージャ]" に設定します。

フォーカスのあるオブジェクトが、キーストロークを受け取ります。 フォームがフォーカスを受け取ることができるのは、そのフォームにコントロールが配置されていないか、または、すべての可視コントロールが使用不可に設定されている場合だけです。

フォームの " KeyPreview /キーボード イベント取得" プロパティを [Yes/はい] に設定しておくと、コントロールに発生するイベントも含めて、フォームはすべてのキーストロークを受け取ります。 この設定では、すべてのキーボード イベントはまずフォームに対して発生し、次にフォーカスのあるコントロールに対して発生します。 どのコントロールにフォーカスがあっても、フォームで押された特定のキーに応答することができます。 たとえば、キーの組み合わせ Ctrl + X でフォームに対して常に同じアクションを実行できます。

キーを長押しすると、キーを離すまで KeyDown イベントと KeyPress イベントが繰り返し (KeyDown、KeyPress、KeyDown、KeyPress など) 交互に発生します。

KeyUp イベントはほとんどのキーが押されたときに発生しますが、このイベントは主に、次のキーを検出する目的で使います。

  • ファンクション キーなどの拡張キー。

  • ホーム、End、PgUp、PgDn、上矢印、下矢印、右矢印、左矢印、タブなどのナビゲーション キー。

  • キーと標準キーボード修飾子 (Shift、Ctrl、または Alt キー) の組み合わせ。

  • テンキーとキーボードの数字キー。

KeyUp イベントは、次のキーが押されたときには発生しません。

  • フォームにコマンド ボタンがある場合は、Enter キーを押し、Default プロパティを [は い] に設定します。

  • フォームに Cancel プロパティが [はい] に設定されているコマンド ボタンがある場合は 、Esc キーを押します。

キーを押すか送信した結果としてコントロールに対するイベントが発生した後で、 KeyUp イベントが発生します。 キーストロークによってフォーカスが移動した場合は、移動前のコントロールに対して KeyDown イベントが発生し、移動後のコントロールに対して KeyPress イベントと KeyUp イベントが発生します。

押したキーに対応する ANSI 文字セットの文字を確認するには、 KeyPress イベントを使います。

キーを押すか送信するかした結果として作業ウィンドウ固定 (モーダル) ダイアログ ボックスが表示された場合は、 KeyDown イベントと KeyPress イベントが発生し、 KeyUp イベントは発生しません。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。