Application.AutomationSecurity プロパティ (Excel)Application.AutomationSecurity property (Excel)

プログラムでファイルを開くときに Microsoft Excel で使用するセキュリティモードを表す**MsoAutomationSecurity** 定数を設定または返します。Returns or sets an MsoAutomationSecurity constant that represents the security mode that Microsoft Excel uses when programmatically opening files. 値の取得と設定が可能です。Read/write.

構文Syntax

AutomationSecurityexpression.AutomationSecurity

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

注釈Remarks

このプロパティは、アプリケーションが起動したときに自動的に msoAutomationSecurityLow に設定されます。This property is automatically set to msoAutomationSecurityLow when the application is started. したがって、既定の設定に依存するソリューションの分割を避けるため、注意が必要プログラムを使用してファイルを開いた後、このプロパティを msoAutomationSecurityLow にリセットします。Therefore, to avoid breaking solutions that rely on the default setting, you should be careful to reset this property to msoAutomationSecurityLow after programmatically opening a file. また、悪意のある破壊行為を回避するために、このプロパティの設定はプログラムからファイルを開く直前と直後に行う必要があります。Also, this property should be set immediately before and after opening a file programmatically to avoid malicious subversion.

MsoAutomationSecurity の値に使用できるのは、 MsoAutomationSecurity クラスの定数のいずれかです。MsoAutomationSecurity can be one of these MsoAutomationSecurity constants:

  • msoAutomationSecurityByUImsoAutomationSecurityByUI. [ セキュリティ] ダイアログ ボックスで指定されたセキュリティ設定を使用します。Uses the security setting specified in the Security dialog box.

  • msoAutomationSecurityForceDisablemsoAutomationSecurityForceDisable. プログラムから開くすべてのファイルのすべてのマクロを、セキュリティの警告を表示せずに無効にします。Disables all macros in all files opened programmatically without showing any security alerts.

    注意

    Microsoft Excel 4.0 のマクロについては、この設定では無効化されません。This setting does not disable Microsoft Excel 4.0 macros. Microsoft Excel 4.0 マクロを含むファイルをプログラムで開くと、ファイルを開くかどうかを決定するように求めるメッセージが表示されます。If a file that contains Microsoft Excel 4.0 macros is opened programmatically, the user will be prompted to decide whether to open the file.

  • msoAutomationSecurityLowmsoAutomationSecurityLow. すべてのマクロを有効にします。Enables all macros. アプリケーションが起動されたときの既定値です。This is the default value when the application is started.

画面の**更新** がFalseに設定されても、通知には影響しません。セキュリティの警告には影響しません。Setting ScreenUpdating to False does not affect alerts and will not affect security warnings.

DisplayAlerts の設定は、セキュリティ警告には適用されません。The DisplayAlerts setting will not apply to security warnings. たとえば、ユーザーが [中] のセキュリティレベルに設定されている間、 DisplayAlerts equal をFalseに設定し、 AutomationSecuritymsoAutomationSecurityByUIに設定すると、マクロの実行中にセキュリティ警告が表示されます。For example, if the user sets DisplayAlerts equal to False and AutomationSecurity to msoAutomationSecurityByUI while the user is on Medium security level, there will be security warnings while the macro is running. これによって、ファイルが正しく開けた場合にはセキュリティ警告は表示されますが、マクロでファイル オープン エラーをトラップすることも可能になります。This allows the macro to trap file open errors, while still showing the security warning if the file open succeeds.

Example

次の使用例は、現在の自動セキュリティ設定を調べ、マクロが無効になるように設定を変更し、[ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示し、選択された文書を開いた後、自動セキュリティを元の設定に戻します。This example captures the current automation security setting, changes the setting to disable macros, displays the Open dialog box, and after opening the selected document, sets the automation security back to its original setting.

Sub Security() 
    Dim secAutomation As MsoAutomationSecurity 
 
    secAutomation = Application.AutomationSecurity 
 
    Application.AutomationSecurity = msoAutomationSecurityForceDisable 
    Application.FileDialog(msoFileDialogOpen).Show 
 
    Application.AutomationSecurity = secAutomation 
 
End Sub

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.