Columns プロパティ (Excel)Application.Columns property (Excel)

作業中のワークシートのすべての列を表す**Range** オブジェクトを返します。Returns a Range object that represents all the columns on the active worksheet. 作業中のドキュメントがワークシートではない場合、Columns プロパティは失敗します。If the active document isn't a worksheet, the Columns property fails.

構文Syntax

expression.Columns

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

注釈Remarks

このプロパティをオブジェクト修飾子を指定せずに使用した場合、ActiveSheet.Columns と同様の結果になります。Using this property without an object qualifier is equivalent to using ActiveSheet.Columns.

複数のセル範囲を含む Range オブジェクトに対してこのプロパティを使用すると、選択範囲の中で最初に選択した領域の列が返されます。When applied to a Range object that's a multiple-area selection, this property returns columns from only the first area of the range. たとえば、 Rangeオブジェクトに A1: B2 および C3: D4 という2つの領域がSelection.Columns.Countある場合、4つではなく2が返されます。For example, if the Range object has two areas—A1:B2 and C3:D4—Selection.Columns.Count returns 2, not 4. 複数のセル範囲を選択している可能性があるときは、このプロパティを使用する前に Areas.Count を実行し、範囲に複数の領域が含まれているかどうかを確認します。To use this property on a range that may contain a multiple-area selection, test Areas.Count to determine whether the range contains more than one area. 複数の領域が含まれている場合は、セル範囲の領域ごとにループします。If it does, loop over each area in the range.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.