Application.Cursor プロパティ (Excel)Application.Cursor property (Excel)

Microsoft Excel のマウス ポインターの形状を取得または設定します。Returns or sets the appearance of the mouse pointer in Microsoft Excel. 読み取り/書き込み可能な**xlmousepointer** です。Read/write XlMousePointer.

構文Syntax

カーソルexpression.Cursor

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

注釈Remarks

xlmousepointerは、次のいずれかの定数になります。XlMousePointer can be one of these constants:

  • xldefaultxlDefault. 標準のポインターThe default pointer.
  • xlibeamxlIBeam. I 字型ポインターThe I-beam pointer.
  • xlNorthwestArrowxlNorthwestArrow. 矢印型ポインターThe northwest-arrow pointer.
  • xlwaitxlWait. 砂時計型ポインターThe hourglass pointer.

マクロの実行が終了しても、Cursor プロパティは自動的にリセットされません。The Cursor property isn't reset automatically when the macro stops running. マクロの実行終了前に、ポインターの設定を xlDefault に戻すようにしてください。You should reset the pointer to xlDefault before your macro stops running.

Example

次の使用例は、マウス ポインターの形状を I 字型に変更し、しばらく間をおいて、再び標準のポインターに戻します。This example changes the mouse pointer to an I-beam, pauses, and then changes it to the default pointer.

Sub ChangeCursor() 
 
 Application.Cursor = xlIBeam 
 For x = 1 To 1000 
 For y = 1 to 1000 
 Next y 
 Next x 
 Application.Cursor = xlDefault 
 
End Sub

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.