Application.DisplayAlerts プロパティ (Excel)Application.DisplayAlerts property (Excel)

True の場合、マクロの実行中に特定の警告やメッセージを表示します。True if Microsoft Excel displays certain alerts and messages while a macro is running. 読み取り/書き込みが可能な Boolean です。Read/write Boolean.

構文Syntax

expression.DisplayAlertsexpression.DisplayAlerts

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

注釈Remarks

既定値は True です。The default value is True. マクロの実行中に、ユーザーに入力を促すメッセージや警告メッセージを表示せず、既定の応答が自動的に選択されるようにするには、このプロパティを False に設定してください。Set this property to False to suppress prompts and alert messages while a macro is running; when a message requires a response, Microsoft Excel chooses the default response.

このプロパティを False に設定する場合、クロスプロセス コードの実行中でない限り、コードの終了時にこのプロパティは True に設定されます。If you set this property to False, Excel sets this property to True when the code is finished, unless you are running cross-process code.

注意

ブックを保存する場合に SaveAs メソッドを使用して既存のファイルを上書きする場合、[名前を付けて保存] ダイアログボックスのデフォルトは [いいえ] になり、DisplayAlertsプロパティがFalseに設定されている場合は [はい] がExcelによって選択されます。When using the SaveAs method for workbooks to overwrite an existing file, the Confirm Save As dialog box has a default of No, while the Yes response is selected by Excel when the DisplayAlerts property is set to False. Yes 応答の場合、既存のファイルが上書きされます。The Yes response overwrites the existing file.

ブックのExcel 5.0 / 95ファイル形式でVisual Basic for Applications(VBA)プロジェクトを含むブックを保存するためにSaveAsを使用する場合、Microsoft Excel ダイアログボックスの既定は はいですが、 DisplayAlertsFalseに設定されている場合 Cancel 応答がExcelによって選択されます。When using the SaveAs method for workbooks to save a workbook that contains a Visual Basic for Applications (VBA) project in the Excel 5.0/95 file format, the Microsoft Excel dialog box has a default of Yes, while the Cancel response is selected by Excel when the DisplayAlerts property is set to False. Excel 5.0/95 ファイル形式を使用して、VBA プロジェクトを含むブックを保存することはできません。You cannot save a workbook that contains a VBA project by using the Excel 5.0/95 file format.

Example

次の使用例は、Book1.xls ブックを閉じますが、変更の保存を確認するメッセージを表示しません。This example closes the Workbook Book1.xls and does not prompt the user to save changes. Book1.xls に対する変更は保存されません。Changes to Book1.xls are not saved.

Application.DisplayAlerts = False 
Workbooks("BOOK1.XLS").Close 
Application.DisplayAlerts = True

次の使用例は、実行中でないアプリケーションへの DDE チャネルを開こうとしたときのメッセージを表示しないようにします。This example suppresses the message that otherwise appears when you initiate a DDE channel to an application that is not running.

Application.DisplayAlerts = False 
channelNumber = Application.DDEInitiate( _ 
 app:="WinWord", _ 
 topic:="C:\WINWORD\FORMLETR.DOC") 
Application.DisplayAlerts = True 
Application.DDEExecute channelNumber, "[FILEPRINT]" 
Application.DDETerminate channelNumber 
Application.DisplayAlerts = True

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.