displayxmlsourcepane メソッド (Excel)Application.DisplayXMLSourcePane method (Excel)

[XML ソース] 作業ウィンドウを開き、XmlMap 引数によって指定された XML マップを表示します。Opens the XML Source task pane and displays the XML map specified by the XmlMap argument.

構文Syntax

displayxmlsourcepane(XmlMap)expression.DisplayXMLSourcePane (XmlMap)

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
XmlMapXmlMap 省略可能Optional VariantVariant 作業ウィンドウ内で表示する XML マップを指定します。The XML map to display in the task pane.

注釈Remarks

次のコードを使用すると、[XML ソース] 作業ウィンドウを非表示にできます。You can use the following code to hide the XML Source task pane.

Application.CommandBars("XML Source").Visible = False

Example

次の使用例は、Customers という xml マップを作業中のブックに追加し、[xmlソース] 作業ウィンドウにその xml マップを表示します。The following example adds an XML map named Customers to the active workbook, and then displays the XML map in the XML Source task pane.

Sub DisplayXMLMap() 
 Dim objCustomer As XmlMap 
 
 Set objCustomer = ActiveWorkbook.XmlMaps.Add( _ 
 "Customers.xsd", "Root") 
 
 objCustomer.Name = "Customers" 
 
 Application.DisplayXMLSourcePane 
 objCustomer 
End Sub

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.