Application.FileDialog プロパティ (Excel)Application.FileDialog property (Excel)

ファイルダイアログのインスタンスを表す**FileDialog** オブジェクトを返します。Returns a FileDialog object representing an instance of the file dialog.

構文Syntax

expression.FileDialog (fileDialogType)expression.FileDialog (fileDialogType)

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
fileDialogTypefileDialogType 必須Required MsoFileDialogTypeMsoFileDialogType ファイル ダイアログの種類です。The type of file dialog.

注釈Remarks

使用できる定数は、次に示す MsoFileDialogType クラスの定数のいずれかです。MsoFileDialogType can be one of these constants:

  • msoFileDialogFilePickermsoFileDialogFilePicker. ユーザーがファイルを選択するのを許可します。msoFileDialogFilePicker. Allows user to select a file.
  • msoFileDialogFolderPickermsoFileDialogFolderPicker. ユーザーがフォルダーを選択するのを許可します。msoFileDialogFolderPicker. Allows user to select a folder.
  • msoFileDialogOpenmsoFileDialogOpen. ユーザーがファイルを開くのを許可します。msoFileDialogOpen. Allows user to open a file.
  • msoFileDialogSaveAsmsoFileDialogSaveAs. ユーザーがファイルを保存するのを許可します。Allows user to save a file.|

Example

次の使用例は、ユーザーが 1 つ以上のファイルを選択できるファイル ダイアログを開きます。In this example, Microsoft Excel opens the file dialog allowing the user to select one or more files. ファイルが選択されると、Excelは各ファイルのパスを別々のメッセージで表示します。After these files are selected, Excel displays the path for each file in a separate message.

Sub UseFileDialogOpen() 
 
    Dim lngCount As Long 
 
    ' Open the file dialog 
    With Application.FileDialog(msoFileDialogOpen) 
        .AllowMultiSelect = True 
        .Show 
 
        ' Display paths of each file selected 
        For lngCount = 1 To .SelectedItems.Count 
            MsgBox .SelectedItems(lngCount) 
        Next lngCount 
 
    End With 
 
End Sub

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.