Application.GetCustomListNum メソッド (Excel)

任意の文字列の配列に対応する、ユーザー設定リストの番号を返します。 このメソッドは、組み込みリストとユーザー設定リストの両方で使えます。

構文

.GetCustomListNum (ListArray)

expression Application オブジェクトを 表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
ListArray 必須 Variant 文字列の配列を指定します。

戻り値

Long

解説

対応するリストに存在しない配列を指定した場合はエラーになります。

次の使用例は、ユーザー設定リストを削除します。

n = Application.GetCustomListNum(Array("cogs", "sprockets", _ 
 "widgets", "gizmos")) 
Application.DeleteCustomList n

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。