"前の選択" プロパティ (Excel)Application.PreviousSelections property (Excel)

最後に選択した4つ以上の範囲または名前の配列を返します。Returns an array of the last four ranges or names selected. 配列の各要素は、 Range オブジェクトです。Each element in the array is a Range object. バリアント型 (Variant) の値を使用します。Read-only Variant.

構文Syntax

。前の選択(Index)expression.PreviousSelections (Index)

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
IndexIndex 省略可能Optional VariantVariant セル範囲または名前の配列のインデックス (1 ~ 4) を指定します。The index number (from 1 to 4) of the previous range or name.

注釈Remarks

[名前] ボックスまたは [移動] コマンド ([編集] メニュー) を使用して範囲またはセルに移動するたびに、マクロが**Goto** メソッドを呼び出すたびに、前の範囲が要素番号1として配列に追加され、配列内の他の項目が mov になります。edEach time you go to a range or cell by using the Name box or the Go To command (Edit menu), or each time a macro calls the Goto method, the previous range is added to this array as element number 1, and the other items in the array are moved down.

Example

次の使用例は、セル範囲の選択を記録しておく配列のすべての要素のセル参照を表示します。This example displays the cell addresses of all items in the array of previous selections. 選択した記録がない場合、LBound 関数はエラーになります。If there are no previous selections, the LBound function returns an error. このエラーはトラップされ、メッセージを表示します。This error is trapped, and a message box appears.

On Error GoTo noSelections 
For i = LBound(Application.PreviousSelections) To _ 
 UBound(Application.PreviousSelections) 
 MsgBox Application.PreviousSelections(i).Address 
Next i 
Exit Sub 
On Error GoTo 0 
 
noSelections: 
 MsgBox "There are no previous selections"

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.