StatusBar プロパティ (Excel)Application.StatusBar property (Excel)

ステータスバーのテキストを返すか設定します。Returns or sets the text in the status bar. 値の取得および設定が可能です。Read/write String.

構文Syntax

StatusBarexpression.StatusBar

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

注釈Remarks

Microsoft Excel がステータスバーをコントロールしている場合、このプロパティはFalseを返します。This property returns False if Microsoft Excel has control of the status bar. 既定のステータスバーのテキストを復元するには、プロパティをFalseに設定します。この操作は、ステータスバーが非表示の場合でも動作します。To restore the default status bar text, set the property to False; this works even if the status bar is hidden.

Example

次の使用例は、Large.xls ブックを開く前に、ステータス バーの文字列を "しばらくお待ちください..." に設定し、その後既定の設定に戻します。This example sets the status bar text to "Please be patient..." before it opens the workbook Large.xls, and then it restores the default text.

oldStatusBar = Application.DisplayStatusBar 
Application.DisplayStatusBar = True 
Application.StatusBar = "Please be patient..." 
Workbooks.Open filename:="LARGE.XLS" 
Application.StatusBar = False 
Application.DisplayStatusBar = oldStatusBar

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.