Application プロパティ (Excel)Application.Watches property (Excel)

ワークシートを再計算するときに追跡される範囲を表す**ウォッチ** オブジェクトを返します。Returns a Watches object representing a range that is tracked when the worksheet is recalculated.

構文Syntax

ウォッチexpression.Watches

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

Example

次の使用例は、セル A3 に合計の数式を作成し、このセルをウォッチウィンドウに追加します。This example creates a summation formula in cell A3, and then adds this cell to the Watch window.

Sub AddWatch() 
 With Application 
 .Range("A1").Formula = 1 
 .Range("A2").Formula = 2 
 .Range("A3").Formula = "=Sum(A1:A2)" 
 .Range("A3").Select 
 .Watches.Add Source:=ActiveCell 
 End With 
End Sub

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.