自動回復オブジェクト (Excel)AutoRecover object (Excel)

ブックの自動回復機能を表します。Represents the automatic recovery features of a workbook.

注釈Remarks

AutoRecover オブジェクトのプロパティは、すべてのファイルをバックアップするパスと時間間隔を指定します。Properties for the AutoRecover object determine the path and time interval for backing up all files.

自動バックアップオブジェクトを取得するのにには、 Applicationオブジェクトの**自動バックアップ** プロパティを使用します。Use the AutoRecover property of the Application object to return an AutoRecover object.

自動回復ファイルを保存するパスを設定するには、AutoRecover オブジェクトの Path プロパティを使用します。Use the Path property of the AutoRecover object to set the path for where the AutoRecover file will be saved.

Example

次の使用例は、自動回復ファイルのパスをドライブ C に設定します。The following example sets the path of the AutoRecover file to drive C.

Sub SetPath() 
 
 Application.AutoRecover.Path = "C:\" 
 
End Sub

すべてのファイルをバックアップする時間間隔を設定するには、AutoRecover オブジェクトの Time プロパティを使用します。Use the Time property of the AutoRecover object to set the time interval for backing up all files. Time プロパティの単位は分です。Units for the Time property are in minutes.

Sub SetTime() 
 
 Application.AutoRecover.Time = 5 
 
End Sub

プロパティProperties

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.