Border オブジェクト (Excel)Border object (Excel)

オブジェクトの輪郭を表します。Represents the border of an object.

注釈Remarks

範囲 および**スタイル** オブジェクトを除くすべての輪郭のオブジェクトは、辺の数に関係なく、1つのエンティティとして扱われます。Most bordered objects (all except for the Range and Style objects) have a border that's treated as a single entity, regardless of how many sides it has. 境界全体を単位として返す必要があります。The entire border must be returned as a unit.

この種類のオブジェクトのborderオブジェクトを取得するのにには、近似曲線オブジェクトのような**border** プロパティを使用します。Use the Border property, such as from a TrendLine object, to return the Border object for this kind of object.

Borderオブジェクトのビジュアルプロパティはインタロックされている点に注意してください。つまり、1つのプロパティを変更すると、別のプロパティの変更が誘発されることがあります。Note that the visual properties of a Border object are interlocked; that is, changing one property can induce changes in another. ほとんどの場合、発生した変更によって、境界線が表示されるようになります (これが望ましくない場合もあります)。In most cases, the induced changes serve to make the border visible (which may or may not be desirable). ただし、その他の (予期しない) 結果が発生する可能性があります。However, other (more unexpected) results are possible.

以下に、予期しない結果が発生する連動の例を示します。Following is an example of interlocking with unexpected results. この例では、罫線のWeightプロパティを xlthick に設定すると、以前に xlDashDotDot に設定していたとしても、 LineStyleプロパティが xlthick になることがあります。In this example, setting a border's Weight property to xlThick induces the LineStyle property to become xlSolid despite having previously set it to xlDashDotDot.

   Sub InterlockingExample()
       Dim SomeRange As Range
       Dim SomeBorder As Border
       
       Set MyRange = Selection
       Set SomeBorder = MyRange.Borders(xlDiagonalDown)
       SomeBorder.Color = RGB(255, 0, 0)
       Debug.Print "SomeBorder.LineStyle = " & SomeBorder.LineStyle   'SomeBorder.LineStyle = 1
       Debug.Print "Set SomeBorder.LineStyle = xlDashDotDot"          'Set SomeBorder.LineStyle = xlDashDotDot
       SomeBorder.LineStyle = xlDashDotDot
       Debug.Print "SomeBorder.LineStyle = " & SomeBorder.LineStyle   'SomeBorder.LineStyle = 5
       Debug.Print "Set SomeBorder.Weight = xlThick"                  'Set SomeBorder.Weight = xlThick
       SomeBorder.Weight = xlThick
       Debug.Print "SomeBorder.LineStyle = " & SomeBorder.LineStyle   'SomeBorder.LineStyle = 1
   End Sub

Example

次の使用例は、アクティブなグラフにある近似曲線の種類と線のスタイルを変更します。The following example changes the type and line style of a trend line on the active chart.

With ActiveChart.SeriesCollection(1).Trendlines(1) 
 .Type = xlLinear 
 .Border.LineStyle = xlDash 
End With

RangeおよびStyleオブジェクトには、左、右、上、および下の4つの独立したボーダーがあります。これは、個別にまたはグループとして返すことができます。Range and Style objects have four discrete borders—left, right, top, and bottom—which can be returned individually or as a group. 4つの罫線をすべて含み、枠線を単位として扱うbordersコレクションを取得するのにには、 bordersプロパティを使用します。Use the Borders property to return the Borders collection, which contains all four borders and treats the borders as a unit. 次の使用例は、ワークシート 1 のセル A1 の下側の罫線を二重線に設定します。The following example adds a double border to cell A1 on worksheet one.

Worksheets(1).Range("A1").Borders.LineStyle = xlDouble

罫線**** (インデックス) を使用して、1つのborderオブジェクトを取得するには、_引数 index_に罫線を指定します。Use Borders (index), where index identifies the border, to return a single Border object. 次の使用例は、セル範囲 A1: G1 の下罫線の色を設定します。The following example sets the color of the bottom border of cells A1:G1.

Worksheets("Sheet1").Range("A1:G1"). _ 
 Borders(xlEdgeBottom).Color = RGB(255, 0, 0)

_Index_には、次の**xlbordersindex** 定数のいずれかを指定できます: xlDiagonalDown使用できるxxlEdgeLeft gebottom、 ****、 x ger視覚xledgebottomxledgebottom、またはxlinsideverticalIndex can be one of the following XlBordersIndex constants: xlDiagonalDown, xlDiagonalUp, xlEdgeBottom, xlEdgeLeft, xlEdgeRight, xlEdgeTop, xlInsideHorizontal, or xlInsideVertical.

プロパティProperties

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.