演算メンバーオブジェクト (Excel)CalculatedMembers object (Excel)

指定されたピボットテーブルのすべての**演算メンバー** オブジェクトのコレクションです。A collection of all the CalculatedMember objects on the specified PivotTable.

注釈Remarks

CalculatedMember オブジェクトは、集計メンバーまたは集計基準を表します。Each CalculatedMember object represents a calculated member or calculated measure.

演算メンバーコレクションを取得するのにには、 PivotTableオブジェクトの**演算メンバー** プロパティを使用します。Use the CalculatedMembers property of the PivotTable object to return a CalculatedMembers collection.

集計メンバーには、名前付きセット、計算されたメンバー、および計算メジャーの3つの種類があります。There are three supported types of calculated members: Named Sets, Calculated Members, and Calculated Measures. オブジェクトモデルのサポートは、Excel 2010 以降の3種類すべてで使用できます。Object model support has been available for all three types since Excel 2010. ユーザーインターフェイスのサポートは、Excel 2010 の名前付きセットに対して使用可能になりました。User interface support was made available for Named Sets in Excel 2010. Excel 2013 では、集計メンバーとメジャーオブジェクトモデルのユーザーインターフェイスを作成するために、OLAP集計メンバーと集計メジャー機能が作成されました。In Excel 2013, the OLAP Calculated Members and Calculated Measures feature was created to build a user interface for the calculated members and measures object model.

名前付きセットは Excel 2010 の場合とまったく同じように使用されます。Named Sets is used exactly the same as in Excel 2010. 名前付きセットは、 Addメソッド、および**XlCalculatedMemberType** 列挙型を引き続き使用する必要があります。Named Sets should continue to use the Add method, and the type XlCalculatedMemberType enumeration.

計算されるメンバーの Excel 2013 の変更点は次のとおりです。Calculated Members has the following changes for Excel 2013:

  • add演算メンバメソッドを使用するようになりました。It now uses the AddCalculatedMember method.

  • このメソッドは、次のように、演算 memberオブジェクトのプロパティをサポートします。It supports the following properties of the CalculatedMember object:

計算されるメジャーは、Excel 2013 に対して次のように変更されました。Calculated Measures has the following changes for Excel 2013:

  • add演算メンバメソッドを使用するようになりました。It now uses the AddCalculatedMember method.

  • これで、 XlCalculatedMemberType 列挙型が使用されるようになりました。It now uses the type XlCalculatedMemberType enumeration.

  • このメソッドは、次のように、演算 memberオブジェクトのプロパティをサポートします。It supports the following properties of the CalculatedMember object:

Example

次の使用例は、ピボットテーブルにセットを追加します。これは、作業中のワークシートに FoodMart SQL データベースのピボットテーブルが存在すると仮定します。The following example adds a set to a PivotTable, assuming that a PivotTable from the FoodMart SQL database exists on the active worksheet.

Sub UseCalculatedMember() 
 Dim pvtTable As PivotTable 
 Set pvtTable = ActiveSheet.PivotTables(1)
 pvtTable.CalculatedMembers.Add Name:="[Beef]", _ 
 Formula:="'{[Product].[All Products].Children}'", _ 
 Type:=xlCalculatedSet 
 
End Sub

注意

前の使用例の Add メソッドでは、引数 Formula には有効な MDX 構文のステートメントを指定する必要があります。For the Add method in the previous example, the Formula argument must have a valid MDX syntax statement. 引数 Name にはオンライン分析処理 (OLAP) プロバイダーが受け入れ可能な値を指定し、引数 Type を定義しておく必要があります。The Name argument has to be acceptable to the Online Analytical Processing (OLAP) provider and the Type argument has to be defined.

メソッドMethods

プロパティProperties

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.